女の一生:映画作品情報・あらすじ・評価|MOVIE WALKER PRESS
MENU
女の一生
女の一生

女の一生

2017年12月9日公開,119分
  • 上映館を探す

動画配信

評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

フランスの文豪モーパッサンが人生の四季を繊細に綴った名作を「ティエリー・トグルドーの憂鬱」のステファヌ・ブリゼの監督により映画化。男爵家の一人娘ジャンヌは親の勧める子爵ジュリアンと結婚。やがて夫は不貞を重ね、さらなる苦難が次々に彼女を襲う。「カミーユ、恋はふたたび」のジュディット・シュムラが、17歳から40代後半までのジャンヌを特殊メイクを用いずに演じる。ほか、「間奏曲はパリで」のジャン=ピエール・ダルッサン、「セラフィーヌの庭」のヨランド・モローらが出演。第73回ヴェネツィア国際映画祭国際批評家連盟賞受賞。

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

1819年、ノルマンディー。男爵家の一人娘ジャンヌ(ジュディット・シュムラ)は17歳まで修道院の寄宿学校で教育を受け、家に戻ってきたばかりだった。清純な乙女のジャンヌは父(ジャン=ピエール・ダルッサン)を訪ねてきた子爵ジュリアン・ド・ラマール(スワン・アルロー)と打ち解け、ほどなくして彼と結婚。幸せの絶頂にいる彼女は、希望に胸躍らせていた。しかしジュリアンはジャンヌの乳姉妹である女中のロザリ(ニナ・ミュリス)を孕ませ、さらにはジャンヌの親友の伯爵夫人とも関係を持つ。絶望に突き落とされたジャンヌに追い打ちをかけるように、支えてくれた母(ヨランド・モロー)の死や溺愛した息子ポールの裏切りなど苦難に見舞われ、ジャンヌの人生に対する夢は打ち砕かれていく……。

作品データ

原題
UNE VIE
映倫区分
G
製作年
2016年
製作国
フランス=ベルギー
配給
ドマ=ミモザフィルムズ
上映時間
119分
製作会社
TSプロダクションズ

[c]TS PRODUCTIONS (PHOTO MICHAEL CROTTO)-AFFICHE NUITDECHINE [c]キネマ旬報社

まだレビューはありません。
レビューを投稿してみませんか?