リュミエール!|MOVIE WALKER PRESS
MENU

リュミエール!

2017年10月28日公開,90分
  • 上映館を探す

動画配信

評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

シネマトグラフを発明した“映画の父”ルイ&オーギュスト・リュミエール兄弟が製作した1422本の短編作品から108本を厳選し1本にまとめて上映。1895年12月28日に世界で初めて有料上映された『工場の出口』や、120年前に京都で行われた剣道の試合などを収録。監督・脚本・プロデューサー・編集・ナレーションは、カンヌ国際映画祭総代表であり、リヨンのリュミエール研究所のディレクターを務めるティエリー・フレモー。共同プロデューサーを「田舎の日曜日」「ひとりぼっちの狩人たち」のヴェルトラン・タヴェルニエが担当。音楽は「さよなら子供たち」のカミーユ・サン=サーンス。日本語ナレーションを落語家の立川志らくが務める。第30回東京国際映画祭特別上映作品。

予告編・関連動画

リュミエール!

予告編

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

1895年12月28日パリ。ルイ&オーギュスト・リュミエール兄弟が発明した“シネマトグラフ”で撮影された映画『工場の出口』等が世界で初めて有料上映された。全長17m、幅35mmのフィルム、1本約50秒。現在の映画の原点ともなる演出、移動撮影、トリック撮影、リメイクなど多くの撮影技術を駆使した作品は、当時の人々の心を動かした。1895年から1905年の10年間にリュミエール兄弟が製作した1422本の短編作品から、カンヌ国際映画祭総代表であり、リヨンのリュミエール研究所のディレクターを務めるティエリー・フレモーが108本を厳選し、4Kデジタルで修復。ひとつの時代、そこに生きる様々な人や場所、伝統の証人である映像とともに、20世紀を目前とした世界が映し出されている。

作品データ

原題
LUMIÈRE!
映倫区分
G
製作年
2016年
製作国
フランス
配給
ギャガ
上映時間
90分

[c]2017 - Sorties d’usine productions - Institut Lumiere, Lyon [c]キネマ旬報社

映画レビュー

3.0
  • rikoriko2255

    seapoint

    3.0
    2017/11/3

    リヨンにあるリュミエール美術館へ行ったことがあるだろうか。 あの有名な工場の出口シーンの跡。彼らの世界様々な国での写真や映画機材があり、製作側から見る側まで映画好きは必見。 フランス、パリは観光No.1だが第二の都市リヨンも学生街で食べ物も安く、フルヴィエールの丘からの街並みはなんてこった、美しい… さて映像からもお分かりになるだろうが、彼らは相当なお金持ち。ただ、道楽で撮影しているってわけでもない。光や奥行きを計算して観る者に興味を沸かせる。 現在の映画界での予算や技術の大変さで難航というより、彼らは撮るのが楽しいっていう雰囲気が全面に出ている。 映画によって考える、悲しくなる、知るなどもあるが、基本娯楽である。見て楽しかった、見て良かった、これはまず失ってはいけない。 ラストにおっと、大御所Director!やはりここから映画は始まっている…

    続きを読む + 閉じる -
    違反報告