ベロニカとの記憶:映画作品情報・あらすじ・評価|MOVIE WALKER PRESS 映画
ベロニカとの記憶
ベロニカとの記憶

ベロニカとの記憶

2018年1月20日公開、108分、サスペンス・ミステリー
  • 上映館を探す

動画配信

評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

英国ブッカー賞受賞小説『終わりの感覚』を「めぐり逢わせのお弁当」のリテーシュ・バトラが監督したミステリードラマ。引退生活を送るトニーの元に、弁護士から一通の手紙が届く。それによると、40年前の初恋の人の母親がトニーに日記を遺しているという。出演は、「ミス・シェパードをお手本に」のジム・ブロードベント、「さざなみ」のシャーロット・ランプリング、「つぐない」のハリエット・ウォルター、ドラマ『セルフレス 覚醒した記憶』のミシェル・ドッカリー。

フォトギャラリー

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

引退生活を送るトニー(ジム・ブロードベント)の元に、見知らぬ弁護士から一通の手紙が届く。それによると、ある女性がトニーに日記を遺したという。その女性とは40年前の初恋の人ベロニカ(シャーロット・ランプリング)の母親で、遺品の日記はトニーの学生時代の親友のものだった。ベロニカと再会したトニーは、若くして自殺した親友、初恋の秘密など、長い間忘れていた青春時代の記憶が揺らぎ始める。過去の謎が明らかになったとき、トニーは人生の真実を知るのだった……。

作品データ

原題
THE SENSE OF AN ENDING
製作年
2015年
製作国
イギリス
配給
ロングライド
上映時間
108分
ジャンル
サスペンス・ミステリー

[c]キネマ旬報社

映画レビュー

3.8 /4件

まだレビューはありません。
レビューを投稿してみませんか?