グザヴィエ・ドラン バウンド・トゥ・インポッシブル|MOVIE WALKER PRESS
MENU
グザヴィエ・ドラン バウンド・トゥ・インポッシブル
グザヴィエ・ドラン バウンド・トゥ・インポッシブル

グザヴィエ・ドラン バウンド・トゥ・インポッシブル

2017年11月11日公開,52分
  • 上映館を探す

動画配信

  • amazon-prime

評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

「たかが世界の終わり」でカンヌ国際映画祭グランプリに輝いた新鋭グザヴィエ・ドランの魅力に迫るドキュメンタリー。ドラン本人が映画製作に対する思いを語るほか、出演者や彼を支える世界の映画人たちの証言を交えて、ドラン作品の魅力を解き明かす。「たかが世界の終わり」に出演したヴァンサン・カッセルやマリオン・コティヤールが証言者として登場。

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

2009年、19歳で鮮烈な監督デビューを飾った「マイ・マザー」から最新公開作「たかが世界の終わり」まで、世界の映画界で存在感を発揮してきた28歳のグザヴィエ・ドラン。その全監督作について語られる本邦初公開のドキュメンタリー。ドラン本人の映画作りに対する思いやこだわり、観るものの記憶に鮮烈な印象を残してきた過去作における名シーンの誕生秘話……。ヴァンサン・カッセル、マリオン・コティヤール、ナタリー・バイなど、ドラン作品に出演してきた名優たちや、彼の才能にいち早く目をつけ、バックアップしてきたカンヌ国際映画祭総代表ティエリー・フレモー、ガス・ヴァン・サント監督といった映画人が、新世代の象徴と謳われるドランの魅力を語り尽くす。

作品データ

原題
XAVIER DOLAN: À I'MPOSSIBLE JE SUIS TENU
製作年
2017年
製作国
フランス
配給
ギャガ
上映時間
52分

[c]キネマ旬報社

まだレビューはありません。
レビューを投稿してみませんか?