ローズの秘密の頁(ぺージ)|MOVIE WALKER PRESS
MENU

ローズの秘密の頁(ぺージ)

2018年2月3日公開,108分
  • 上映館を探す

動画配信

評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

アイルランドの作家セバスチャン・バリーによる小説を「ドリームハウス」のジム・シェリダン監督が映画化。赤ん坊殺しの罪で40年間を精神病院で過ごしてきたローズ。罪を否認し続けるローズの封印されてきた過去が、1人の医師と1冊の聖書によって暴かれていく。出演は「キャロル」のルーニー・マーラ、「フォックスキャッチャー」のヴァネッサ・レッドグレイヴ、「キング・アーサー」のエリック・バナ、「シング・ストリート 未来へのうた」のジャック・レイナー、「ダイバージェント」シリーズのテオ・ジェームズ。

予告編・関連動画

ローズの秘密の頁(ぺージ)

予告編

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

取り壊しが決まったアイルランド西部にある聖マラキ精神病院。転院する患者たちの再診のため、病院を訪れた精神科医グリーン(エリック・バナ)は。赤ん坊殺しの罪で“精神障害犯罪者”として40年間収容されている老女ローズ・F・クリア(ヴァネッサ・レッドグレイヴ)を看ることになる。罪を否認し、自分の名を「ローズ・マクナリティ」と訴え続ける彼女の様子が一般的な患者と異なることに気付いたグリーンは、ローズが大切にしている1冊の聖書の存在を知り、彼女の過去に興味を持ち始める。実はローズは何十年にもわたり、聖書のなかに秘かに日記を書き綴っていたのだ。やがて、ローズは日記を辿りながら半世紀前の記憶を遡り、自分の人生を語り始める……。

作品データ

原題
THE SECRET SCRIPTURE
製作年
2016年
製作国
アイルランド
配給
彩プロ
上映時間
108分

[c]キネマ旬報社

  • rikoriko2255

    seapoint

    3.0
    2018/2/11

    当時はアイルランドは保守的でカトリックなのでインレギュラーな行動は目に余るし、疎外されてたのだな。
    ローズが美しいゆえ、男どもは神父までも何とか彼女をモノにしたいと、どいつも卑劣に見える。唯一、マイケルは自ら軍隊に志願し…ってまでは違和感ない。

    しかしあまりにも脚色しすぎてないか。彼らが再会するところとか彼女が追手から逃亡して冷たい海水を泳ぎ、浜に着いたら出産って、ないでしょう。おかしいでしょう。
    さらに若干認知気味になっても夫や息子を思い続けるローズと行方知れずの息子の結末もできすぎでしょう。
    あぁっと思うのはキャストたちの演技力ゆえ。よく考えなくともなんと安直な、こんな偶然連発したらダメでしょう。

    ローズとマイケルの一瞬の幸せは見てて微笑ましい。R.マーラーの仕草が可愛い。
    彼女もV.レッドグレイヴ、背丈に差がありそうだが、2人に共通するのは上品であること。女優という前に彼女たちの家柄から感じられるのかな。

    違反報告
  • rikoriko2255

    4.0
    2018/2/8

    恋愛ドラマと分類されているけれど、コレは贖罪の物語ね。
    戦下の田舎町で、居るだけで人目を惹いてしまう美しいローズ。
    男たちが勝手に恋して騒いで争って。彼女は気の毒なのだけれど、群がる男のあしらい方は心得ている。

    それでも愛する人ができ、束の間の幸せを味わって、その束の間と引き換えのような辛い50年間。
    神父の行動は嫉妬だったのかな。それとも引き離される前の措置のつもりだったのか。

    でも、そう言う結末なのだろうと予想はするけど、それはファンタジーじゃあるまいし出来過ぎでしょ。と思う。
    思うのだけれど、そうであって欲しいとも思う。

    そして最後、納得するのだ。あぁ、コレは贖罪なのだと。
    切ない美しい物語。

    そのBGMに、ローズが弾くベートーヴェンのピアノソナタ第14番嬰ハ短調 作品27-2 『幻想曲風ソナタ』通称「月光」が流れるのだけれど、私が世界で一番好きな曲なの。
    この曲流れただけで、切ないし、胸を打つし、身震いする。凄く効果的だった。
    久し振りに頼もしいEric Bana見たな。

    続きを読む + 閉じる -
    ネタバレあり
    違反報告