名前|MOVIE WALKER PRESS
MENU

名前

2018年6月30日公開,114分
  • 上映館を探す

評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

直木賞作家・道尾秀介が映画のために書き下ろしたオリジナル原案を基に「ねこにみかん」の戸田彬弘監督が映画化。名前を偽り、体裁を保ちながら自堕落に生きてきた中村正男。ある日、彼を“お父さん”と呼ぶ女子高生・葉山笑子が現れ、親子のような生活が始まる。出演は「アウトレイジ 最終章」の津田寛治、「心に吹く風」の駒井蓮、「淵に立つ」の筒井真理子、「MATSUMOTO TRIBE」の松本穂香、「トモシビ 銚子電鉄6.4kmの軌跡」の勧修寺保都。脚本を「つむぐもの」の守口悠介、撮影を「淵に立つ」の根岸憲一、音楽を「トイレのピエタ」の茂野雅道が務める。2018年3月18日、『第13回大阪アジアン映画祭』にて特別招待作品部門のクロージング作品としてワールドプレミア上映。2018年6月16日よりイオンシネマ守谷にて先行公開。

予告編・関連動画

名前

予告編

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

経営していた会社が倒産し、茨城にやってきた中村正男(津田寛治)は、様々な他人の名前を偽って使い、体裁を保ちながら自堕落な毎日を送っていた。そんなある日、素性がバレそうになり窮地に陥っていた正男のもとへ、彼を“お父さん”と呼ぶ女子高生・葉山笑子(駒井蓮)が現れる。笑子のペースに振り回されながらも、親子のような生活に束の間の平穏を見出す正男。だが、笑子がある事情から正男のことを生き別れた父親だと思っていることに気づき、正男は自分の消してきた過去のことを考え始める。実は、正男には死産した娘がいたのだった。やがて、心を閉ざして高校生活を送ってきた笑子も演劇部で主演のひとりに抜擢され、少しずつ変化を見せ始める……。

作品データ

映倫区分
G
製作年
2018年
製作国
日本
配給
アルゴ・ピクチャーズ
上映時間
114分

[c]2018 映画「名前」製作委員会 [c]キネマ旬報社

まだレビューはありません。
レビューを投稿してみませんか?