やっさだるマン|MOVIE WALKER PRESS
MENU

やっさだるマン

2018年4月21日公開,90分
  • 上映館を探す

「ライトノベルの楽しい書き方」の監督、キャストが再結集し、広島県三原市を舞台にした青春ドラマ。市役所に勤める肇は市の公式キャラクター“やっさだるマン”の管理運営を担当しているが、キャラクターの不人気を気にも留めず、淡々と仕事をこなしていた。出演は、ドラマ『男水!』の佐藤永典、Berryz工房の須藤茉麻、「映画 けいおん!」の竹達彩奈。監督は、「海すずめ」の大森研一。

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

広島県三原市役所やっさだるマン課で、同市の公式マスコットキャラクター“やっさだるマン”の管理運営を担当する如月肇(佐藤永典)と赤畑里美(須藤茉麻)。『ゆるキャラグランプリ』本選の参加を終え、今年も全国236位という結果を引っ提げて帰ってきた。順位低迷は例年のこととさして気にも留めない肇に、彼を叱咤する課長(清水美沙)や先輩の向井(宮川一朗太)も呆れるばかり。市の行事の度にやっさだるマンとして出勤しては、夜は行きつけのバーで飲んだくれる肇に、バーのマスター(目黒祐樹)や家族からも溜息が漏れる。そんなある日、やっさだるマンの大ファンである礒合優那(竹達彩奈)が課に配属される。優那に一目惚れした肇は俄然やる気満々となり、前向きな優那のおかげで課の雰囲気も一変する。ついにはやっさだるマンの一大プロジェクトを立ち上げるが、実現に向けて歩もうとした矢先、肇の前に試練が立ちはだかる。やがて自分の住む街や仲間、家族……当たり前だったものが肇に勇気と力を与え、大事なものに気づいた肇はついに立ち上がる。

作品データ

映倫区分
G
製作年
2018年
製作国
日本
配給
スターキャット
上映時間
90分

[c] 2018「やっさだるマン」製作委員会 [c]キネマ旬報社

動画配信

映画レビュー

5.0
  • rikoriko2255

    さっちょ

    5.0
    2018/3/13

    やっさだるマンってこの作品の為に作られたゆるキャラかと思いきや、広島県三原市の公式ゆるキャラだったんですね。ゆるキャラグランプリ10位以内ってかなり無謀な挑戦だけれど、自分の過去の不遇から悩みながらも乗り越えた主人公や担当職員が市のみんなを意識改革させて、三原市の素敵な風景や人々の温かさも感じられてすっごく魅力的な作品でした。出演者の一人一人の演技も見事!わかりやすい構成でストーリー展開良し・カメラアングル良し・音楽良し、元気・活力を得られる一押しの名作です。歴史的にも貴重な三原市に行ってみたいって思いましたし、こんな風に市民一体となって町おこしをしていく市町村が増えることを願っています。

    続きを読む + 閉じる -
    違反報告