ハッピーエンド|MOVIE WALKER PRESS
MENU
ハッピーエンド
ハッピーエンド

ハッピーエンド

2018年3月3日公開,107分
  • 上映館を探す

動画配信

  • unext
評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

ミヒャエル・ハネケの下、欧州の実力派俳優競演で綴る愛と死のドラマ。瀟洒な邸宅で三世代同居しながらも、心はバラバラなブルジョワジーのロラン家。そんな中、家業を娘のアンヌに譲って引退した85歳のジョルジュは、13歳の孫娘エヴと再会するが……。出演は「愛、アムール」のジャン=ルイ・トランティニャン、「エル ELLE」のイザベル・ユペール、「アメリ」のマチュー・カソヴィッツ。

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

難民が多く暮らすフランス北部の街カレー。瀟洒な邸宅で三世代同居するブルジョワジーのロラン家では、建築業を営んでいた家長のジョルジュ(ジャン=ルイ・トランティニャン)が高齢のため、すでに引退。家業を継いだ娘のアンヌ(イザベル・ユペール)は、取引先銀行の顧問弁護士を恋人に、ビジネスで辣腕を振るっていた。だが、専務を任されていたアンヌの息子ピエール(フランツ・ロゴフスキ)は、ビジネスに徹しきれない。使用人や移民労働者の扱いに関して、祖父や母の世代に反撥しながらも、子どもじみた反抗しかできないナイーヴな青年だった。また、アンヌの弟トマ(マチュー・カソヴィッツ)は家業を継がず、医師として働き、再婚した若い妻アナイス(ローラ・ファーリンデン)との間に幼い息子ポールがいた。さらに、幼い娘を持つモロッコ人のラシッドと妻ジャミラが、住み込みで一家に仕えている。一家は同じテーブルを囲み、食事をしても、それぞれの思いには無関心。SNSやメールに個々の秘密や鬱憤を打ち込むばかり。ましてや使用人や移民のことなど眼中にない。そんな中、トマは、離婚のために離れて暮らしていた13歳の娘エヴ(ファンティーヌ・アルドゥアン)を、一緒に暮らそうと呼び寄せる。こうしてジョルジュは、疎遠になっていたエヴと再会。意に添わぬ場面ではボケたふりをして周囲を煙に巻くジョルジュだったが、死の影を纏うエヴのことはお見通しだった。一方、幼い頃に父に捨てられたことから愛に飢え、死とSNSの闇に憑りつかれたエヴもまた、醒めた目で世界を見つめていた。秘密を抱えた2人の緊張感漲る対峙。ジョルジュの衝撃の告白は、エヴの閉ざされた扉をこじ開けることに……。

作品データ

原題
HAPPY END
映倫区分
G
製作年
2017年
製作国
フランス=ドイツ=オーストリア
配給
ロングライド
上映時間
107分

[c]2017 LES FILMS DU LOSANGE - X FILME CREATIVE POOL Entertainment GmbH - WEGA FILM - ARTE FRANCE CINEMA - FRANCE 3 CINEMA - WESTDEUTSCHER RUNDFUNK - BAYERISCHER RUNDFUNK - ARTE - ORF Tous droits reserves [c]キネマ旬報社

  • seapoint
    seapoint
    2.0
    2018/3/24

    それぞれが別の方向を見ている。時折、家族で食事をするけれど体裁という名の仮面をかぶった人たち。絆、思いやりはなく大人に限ればそれが第一。
    祖父と孫だけは彼らと違う。つながり、共有するものがあるかと思えば、ハネケはそうはさせない。あくまで個々であり、10代のエヴにはつらい。父親が新しい家族を作り、自分を受け入れない、娘を気に掛けるが、完全に拒否。
    豪邸内にいるメイドにも気遣いはするけれど上っ面な姉弟。これもそれもジョルジュの遺伝なのか。

    誕生日会も結婚披露宴(ここの場所が素敵)でも心からのお祝いっていうより、やはり世間体だよな。とりあえず、やっておかなきゃっていう具合。

    ハネケにしては鋭い観点というか、イマイチ煮え切れない残念な感じ。

    違反報告
  • 泉
    3.0
    2018/3/12

    誰も彼も、感情を読みにくい。
    エヴはSNSへの投稿で、本音が覗くけど。覗いて尚理解に苦しむ。
    静かに何の罪悪感も感じず残酷な事をするのだろうか。
    それとも母親が特別だったのか‥?

    父親との関係も、信頼が有るようには思えない。でも普通の娘として接している。演技でも無く。
    生きる場所が確保できればいいのか?確かにお城のような優雅な生活がある。
    でもリッチだけど、皆幸せそうではないのよね。

    祖父ジョルジュとの関係は、他者とはちょっと違うかもしれない。
    何も求めていない同士。死に近い二人。血縁関係とは言え出会ったばかりで情も無い故の親近感?協力体制?
    ジョルジュが直感で嗅ぎ取ったのかな。
    無感情故に成長が怖いです。
    自信満々で、ずかずかと人に踏み込んで傷付けるアンヌと正反対ね。

    少なくとも、決してハッピーエンドではない。

    続きを読む + 閉じる -
    ネタバレあり
    違反報告