インクレディブル・ファミリー|MOVIE WALKER PRESS
MENU

インクレディブル・ファミリー

2018年8月1日公開,118分
  • 上映館を探す

動画配信

  • amazon-prime

評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

スーパーパワーで世界の平和を守るヒーロー家族の活躍を描く、ディズニー/ピクサーによる人気アニメーションの続編。スーパーヒーローの復権のため、家事を夫のボブに任せて謎の敵と戦う妻ヘレンがトラブルに巻き込まれ、家族総出で困難に立ち向かっていく。末っ子の赤ちゃん、ジャック・ジャックの能力が覚醒し、大騒動に!

フォトギャラリー

インクレディブル・ファミリー 画像1
インクレディブル・ファミリー 画像2

予告編・関連動画

インクレディブル・ファミリー

予告編

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

人々を守るために戦うも、その驚異的なパワーに非難の声が集まり、ヒーローたちは活動を禁止されていた。ところがある日、そんな彼らを助けようとする人物が現れる。しかし、白羽の矢が立ったのはボブではなく、建物などを破壊する恐れのないヘレンだった。ヒーローとしてヘレンが活躍するなか、ボブは家事や育児に悪戦苦闘するはめになる。

作品データ

原題
INCREDIBLES 2
映倫区分
G
製作年
2018年
製作国
アメリカ
配給
ディズニー
上映時間
118分

[c]2018 Disney/Pixar. All Rights Reserved. [c]キネマ旬報社

  • rikoriko2255

    コージィ

    4.0
    2018/8/15

    前作『Mr.インクレディブル』(2004)から14年。
    当然、観客の大半は前作を観てない前提なので、キャラや世界を分からせるアクション・エピソードを冒頭から突っ込んでまして。
    各人の超能力を魅せたり、法律でヒーロー活動が禁止されている世の中だったりを、台詞によらず見せていたのは上手い。

    んで、あれこれ今回の事件の背景を説明する中間パートになると、もっさりもったりまだるっこしくもあり。

    しかし、子育てパート~事件の本質に踏み込み、それまで個別に起きた事案が収斂してラストへ向かい始めた後半60分は、前のめりになって楽しめました。
    文字通り「途方もない(インクレディブル)」。

    前作よりも、大人風味。
    アライグマ最高。
    名アニメ監督ブラッド・バードは健在でした。

    違反報告
  • rikoriko2255

    3.0
    2018/8/13

    ヒーローも人間なので、普通に食事し、宿題をし、学校に行き、恋もするし、喧嘩もするし、子供は手に負えない。

    特殊能力を持っていたら、埋もれないで、それを活かしたいと思うわよね。
    個性だもの。

    ヒーローとして活躍出来る事に喜びと使命感を感じながら、家族が心配なママ。
    男性より女性の方がリアリストだ。
    それは、あの兄妹にも表れていて、夢を見て純粋にかなえようとする兄と、自分の能力の活かし方と兄の単純さに不満を募らせる妹。
    父親をあんな形で失った結果がこんなに違う。

    ヒーローアニメ映画だけど、子どもだけが対象じゃないのはこういう人間性のリアルさよね。

    それにしても前作から14年も経ったんだ。びっくり。

    続きを読む + 閉じる -
    ネタバレあり
    違反報告
  • rikoriko2255

    杉ちゃん

    4.0
    2018/8/12

     ピクサー作品の中でも大好きな「Mr.インクレディブル」。

     他の人気ピクサー作品は、次々と続編が作られる中、「この作品は難しいのかな・・・」と半分あきらめていましたが、続編ができるというので、もう公開が待ち遠しくてしょうがありませんでした。

     そしてついに鑑賞!

     ズバリ!期待を裏切らない面白さでした。

     今回は、母ヘレンこと「イラスティガール」を中心に、スーパーヒーローとして目覚めた家族のより強くなった絆が描かれていました。
     特に長女のヴァイオレットの成長は頼もしく、とてもかっこよかったです。また、ジャック・ジャックの活躍も期待どおりで、「大笑い」させていただきました。

     欲を言えば、「働く母親」の部分をもっと感動的に描いてほしかったです。

     とはいっても、14年ぶりの続編は誰が見ても面白い作品であることは事実です!

    違反報告
  • rikoriko2255

    門倉カド(映画コーディネーター)

    4.0
    2018/8/4

    【賛否両論チェック】
    賛:可愛くてスゴすぎるジャック・ジャックのキャラクターが非常に魅力的。慣れない家事・育児や、親子のぶつかり合いを通して絆を深めていく一家の活躍に、観ていてハラハラドキドキさせられる。
    否:前作の知識は、やはりあった方がイイ。物語自体はかなりのご都合主義で、ツッコみ出すとキリがない。

     前作のあらすじや登場人物なんかは一切説明してくれないので、やはり予備知識はあった方がよさそうです。
     まず何といっても、赤ん坊のジャック・ジャックのキャラクターがステキすぎます(笑)。キュートで可愛らしい見た目とは裏腹に、無限の可能性を秘めたスゴすぎる能力の数々に、観ていてワクワクさせられてしまいます。
     ストーリーのテーマは、まさに「家族の絆」です。ヘレンがヒーロー活動をしている間に家事に勤しむボブが、ジャック・ジャックの育児は勿論、反抗期真っ只中のヴァイオレットやヤンチャなダッシェルの世話に悪戦苦闘しながらも、少しずつ絆を深めていく姿に、頑張るお父さんの姿が投影されていて、思わず心が温かくなります。また、そんなボブと関わっていくうちに、少しずつ人間としても成長していくヴァイオレットやダッシェルも印象的です。
     勿論展開はかなりのご都合主義で、ツッコミどころも多々ありますが、情操教育にはピッタリな作品ですので、是非ご家族皆さんでご覧になってみて下さい。

    違反報告