ROKUROKU|MOVIE WALKER PRESS
MENU

ROKUROKU

2018年1月27日公開,91分
  • 上映館を探す

評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

『牙狼<GARO>』シリーズの生みの親・雨宮慶太が原作・総監督を務め、日本古来の妖怪と人間の戦いを描く。OLのイズミは中学時代の同級生・ミカとホテルのレストランで再会。2人の前に、赤い着物を着た首の長い女“ロクロク”が姿を現す……。出演は「東京ウインドオーケストラ」の中西美帆、『仮面ライダーフォーゼ』の志保、「絶狼<ZERO> ~BLACK BLOOD~」の野本かりあ。監督は「HiGH&LOW THE RED RAIN」の山口雄大。

フォトギャラリー

ROKUROKU 画像1
ROKUROKU 画像2

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

地味で真面目なOLのイズミ(中西美帆)はある日、中学時代の同級生・ミカ(志保)とホテルのレストランで再会。近々結婚することを聞かされる。そんな時、母からイズミに“祖父がいなくなった”と電話が入る。ひとまず家に帰ろうとしたものの、一向にホテルの出口が見つからない。“… ヤ……ク…ソ……ク…”。突然2人の目の前に666号室が現れ、赤い着物を着た首の長い女、恐ろしい顔をした“ロクロク”(野本かりあ)が待ち受けていた。その顔を見たミカは、子どもの頃、 ロクロクに告げた“子どもが出来たらあなたにあげる”という約束を思い出す。そしてイズミもまた、ロクロクと約束を交わしていた……。

作品データ

製作年
2014年
製作国
日本
配給
キュー・テック
上映時間
91分

[c]キネマ旬報社

  • rikoriko2255

    門倉カド(映画コーディネーター)

    3.0
    2018/2/8

    【賛否両論チェック】
    賛:本ストーリーにオムニバスで小話が入ってくる構成が印象的。急に驚かせるシーンも少なめではあるので、ホラーが苦手でも観られないことはなさそう。
    否:お話そのものはかなり荒唐無稽なので、好き嫌いは分かれそう。終わり方もやや消化不良か。

     一応ホラー映画ではありますが、急に驚かせるような描写もそれほど多くはないので、苦手でも観られないことはなさそうです。
     幼い頃、妖怪「ロクロク」ととんでもない約束をしてしまったイズミとミカ。そして時が訪れた現在、導かれるように迫り来るロクロクの恐怖に対し、意を決したイズミがどう立ち向かっていくのか、その顛末にハラハラさせられます。
     そして何といってもこの作品の最大の魅力は、本筋のストーリーに巧みに絡んでくる形で描かれる、9つのサイドストーリー。こちらも豪華なキャストの下、不気味な妖怪達の魅力が存分に発揮されています。
     終わり方はちょっと消化不良感が残るかも知れませんが、どこか滑稽でもある怪しげな世界観を、是非堪能してみて下さい。

    違反報告