修道士は沈黙する|MOVIE WALKER PRESS
MENU

修道士は沈黙する

2018年3月17日公開,108分
  • 上映館を探す

動画配信

評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

「ローマに消えた男」のロベルト・アンドー監督による社会派ミステリー。G8の財務相会合が開催されているドイツの高級リゾートホテルで、国際通貨基金理事の遺体が発見される。その前夜、修道士と密会していたことが明らかになるが、修道士は沈黙を守り続ける。出演は「グレート・ビューティー追憶のローマ」「ローマに消えた男」のトニ・セルヴィッロ、「世界にひとつの金メダル」のダニエル・オートゥイユ、「ワンダーウーマン」のコニー・ニールセン、「消えた声が、その名を呼ぶ」のモーリッツ・ブライプトロイ、「潜水服は蝶の夢を見る」のマリ=ジョゼ・クローズ。『イタリア映画祭2017』にて『告解』のタイトルで上映。

予告編・関連動画

修道士は沈黙する

予告編

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

ドイツ・ハイリゲンダムの空港に、イタリア人修道士ロベルト・サルス(トニ・セルヴィッロ)が降り立つ。迎えの車に乗った彼は、バルト海に面したリゾート地の高級ホテルへと向かう。ここではG8の財務相会議が予定され、世界市場に多大な影響を与える再編成の決定がくだされようとしていた。それは貧富の差を残酷なまでに拡大し、特に発展途上国の経済に大きな打撃を与えかねないものであった。その会議の前夜、天才的なエコノミストとして知られる国際通貨基金(IMF)のダニエル・ロシェ専務理事(ダニエル・オートゥイユ)は、8カ国の財務大臣とロックスター、絵本作家、修道士という異色な3人のゲストを招待して自身の誕生日を祝う夕食会を催す。会食後、サルスはロシェから告解がしたいと告げられる。告解とは、司祭に自らの罪を明かす行為である。翌朝、ビニール袋をかぶったロシェの死体が発見される。自殺か、他殺か。警察の極秘捜査が続けられるなか、告解を受けたサルスは、戒律に従って沈黙を続ける。間近に迫るマスコミ向けの記者会見。ロシェの告解の内容をめぐり、各国財務相の政治的駆け引きに巻き込まれたサルスは、ロシェの葬儀で自らの思いを語り始める……。

作品データ

原題
LE CONFESSIONI
映倫区分
G
製作年
2016年
製作国
イタリア=フランス
配給
ミモザフィルムズ
上映時間
108分

[c]2015 BiBi Film-Barbary Films [c]キネマ旬報社

映画レビュー

3.3
  • rikoriko2255

    3.0
    2018/4/4

    修道士物と言えば、沈痛に堅苦しく重苦しい物を想像しますが、コレはそうでは無かった。 私欲に走る各国の大臣たちの思惑とドタバタ劇と裏腹に、終始無表情で、静かに戒律を守り我が道を行く修道士は寡黙で頼もしい。 しかし、元の職業が意外でした。対立する思想に思える。 凄く面白い!と言う訳ではないのですが、クスリ・・と笑ってしまう。 上手い作りだと思いました。

    続きを読む + 閉じる -
    ネタバレあり
    違反報告
  • rikoriko2255

    Fujiko

    3.0
    2018/3/28

    全体的にスタイリッシュな映像が美しく、イタリア語やフランス語・英語が飛び交うシュールな展開の中で、飄々として落ち着き払ったシンプルな修道士が際立っていた。 ミステリーというからには最後に謎解きがあるはず、という期待は裏切られるものの、スピーチ(葬儀での説教)の素晴らしさとその効果によって後味は悪くなく、エンディングの犬との触れ合いにほっこり安堵するような不思議な作品だった。

    続きを読む + 閉じる -
    違反報告
  • rikoriko2255

    gutenberg

    4.0
    2018/3/19

    好き嫌いがわかれるだろう。 私はウンベルトエーコの『薔薇の名前』を思い出した。哲学的で示唆に富み、観客が色々考えることができる。 実際の秘密とやらが、仮にそれが行われたとして世界が崩壊するほどのインパクトがあるかどうかは疑問符が付く。また登場人物が多すぎて、観客が自分の頭の中で咀嚼するのに時間がかかる。 それでも沈黙を守る修道士がやたら恰好よかった。

    続きを読む + 閉じる -
    ネタバレあり
    違反報告