ダリダ~あまい囁き~|MOVIE WALKER PRESS
MENU

ダリダ~あまい囁き~

2018年5月19日公開,127分
  • 上映館を探す

評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

ミス・エジプトに輝いた美貌とそのエキゾチックな歌声で、60年代フランス全土に社会現象を起こし、一躍スターとなった歌手ダリダの生涯を追う伝記ドラマ。私生活では数々の恋愛に悩み、愛する人との幸せな家庭に憧れ続けていた哀しくも美しい54年の人生に迫る。出演は『チャットレディ 偽りの代償』のスヴェヴァ・アルヴィティ、「ジョン・ウィック チャプター2」のリッカルド・スカマルチョ、「愛しき人生のつくりかた」のジャン=ポール・ルーヴ、『パリ警視庁:未成年保護特別部隊』のニコラ・デュヴォシェル、「汚れたダイヤモンド」のニールス・シュナイダー。監督・脚本は『LOL 愛のファンタジー』のリサ・アズエロス。

フォトギャラリー

予告編・関連動画

ダリダ~あまい囁き~

予告編

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

イタリア移民の家系でエジプト・カイロに生まれ育った少女ヨランダ(スヴェヴァ・アルヴィティ)。幼い頃は、いつも周囲の視線を気にしてひとりぼっち。眼鏡姿をいじめられ自分に自信を持てなかった彼女は、16歳で自らを苦しめていた眼鏡と決別する。その数年後、ヨランダは“ダリダ”として、ミス・エジプトの栄冠に輝いた美貌とそのエキゾチックな歌声で、フランス全土に社会現象を巻き起こし、一躍スターの座に上りつめていた。ビジネスパートナーのルシアン(ジャン=ポール・ルーヴ)は妻帯者であったが、ふたりは愛し合いやがて結婚。だが、そのわずか1か月後、ダリダは画家のジャン(ニールス・シュナイダー)と新たな恋におちる。そんな彼女への世間の風当たりは強かったが、弟のブルーノ(リッカルド・スカマルチョ)のサポートもあり、歌手として成功を収め、元夫のルシアンとも友人としての絆を取り戻していくのだった。新恋人のイタリア人歌手ルイジ・テンコ(アレッサンドロ・ボルギ)と過ごす音楽祭の夜。スターとしてステージに立つダリダの影で、一次審査で落選したルイジは絶望し、「人間は死に向かって生きる存在だ」という尊敬するハイデガーの言葉を実行してしまう……。数年後、絶望から立ち上がったダリダは、アラン・ドロンとのデュエット曲『あまい囁き』を発表。それが大ヒットし、ドロンとの熱愛発覚と騒がれた時も、新恋人のリシャール(ニコラ・デュヴォシェル)に夢中だった。出会いと別れに傷つきながらも、その全てを歌にのせてステージで輝き続けるダリダ。しかし、再び悲しい別れが彼女を襲う……。

作品データ

原題
DALIDA
映倫区分
G
製作年
2017年
製作国
フランス
配給
KADOKAWA
上映時間
127分

[c]2017 BETHSABEE MUCHO-PATHE PRODUCTION-TF1 FILMS PRODUCTION-JOUROR CINEMA [c]キネマ旬報社

  • rikoriko2255

    元電気メーカー社員

    4.0
    2018/6/5

    それにしても、よくまあ、本人とよく似た雰囲気の人を探し当てたものです。そこがまず凄い。

    主演のスヴェヴァ・アルヴィティは、役者としてのキャリアはまだ少ないものの、モデル出身のせいか、ステージシーンでの艶っぽさが半端じゃない。ダリダのステージを再現したシーンだけでも、見る価値があります。

    主演女優の演技力のせい、というより、出来事を追った形の脚本のせいもあり、生前のダリダの抱えた苦悩を、直接演技で見せる場面は、あまりなかったものの、華やかなステージシーンと、一時も心が休まらなかった私生活のシーンとのギャップが、結果として、ダリダの、苦しみに満ちた半生を、雄弁に物語る形になっている。

    家族と離れ離れになった訳ではなく、特に弟は、常にそばに居て仕事をサポートしていたにも関わらず、自らの心の中に空いた穴を塞ぐ術を見いだせないまま、30年以上に渡り音楽業界のトップスターであり続けた末の自死。

    その自殺を誰も、責めることはできないでしょう。

    違反報告
  • rikoriko2255

    3.0
    2018/5/25

    凄く綺麗でパワフルで魅力的な女性よね。

    でも彼女の歌は、メロドラマチックで、あまり私は得意じゃないんだな。

    恋をして、歌うことが楽しくて・・・って彼女が裏で見せる絶望した顔が悲しい。
    それでも頑張って歌に生きたんだな。
    才能が有って、美しくても、手に入れたい物と吊り合わない。彼女はどうしたら幸せになれたんだろうね・・

    せめて、ずっと変わらない存在としてルシアンが居てくれたらなぁ。
    男たちは勝手に魅了され、焦がれ、嫉妬し、自滅して行くんだもの。

    Julia RobertsのEat Pray Loveみたいな生き方をした時期も有ったのね。
    歌は凄いよ。本当に、力をくれる。
    だけど、彼女ら、彼らにも癒しは必要でしょ。ファンには何も出来ないからね‥哀しいけどね。

    続きを読む + 閉じる -
    ネタバレあり
    違反報告