センセイ君主|MOVIE WALKER PRESS
MENU

センセイ君主

2018年8月1日公開,105分
  • 上映館を探す

評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

別冊マーガレットに連載された幸田もも子の人気コミックを、竹内涼真&浜辺美波主演で映画化したラブ・コメディ。恋に恋するパワフルな女子高生あゆはと、冷徹でヒネクレ者の数学教師・弘光との禁断の恋の行方が、ハイテンションかつコミカルなムードで描かれる。『君の膵臓をたべたい』をヒットさせた月川翔が監督を務める。

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

告白7連敗中の女子高生あゆはは、クラス担任の代理でやってきた数学教師の弘光に恋をする。イケメンだけど、冷徹でヒネクレ者の弘光にバカにされても「絶対に先生をおとしてみせます」と大胆発言。2人の恋愛バトルは、あゆはの幼なじみの虎竹、親友のアオちん、音楽教師で弘光の幼なじみの秋香も巻き込んだものに発展していく。

作品データ

映倫区分
G
製作年
2018年
製作国
日本
配給
東宝
上映時間
105分

[c]2018「センセイ君主」製作委員会 [c]幸田もも子/集英社 [c]キネマ旬報社

動画配信

映画レビュー

3.9
  • rikoriko2255

    門倉カド(映画コーディネーター)

    5.0
    2018/8/7

    【賛否両論チェック】 賛:浜辺美波さんの天真爛漫すぎるキャラクターや、登場する小ネタの数々に、思わず笑ってほっこりする。相容れない2人の恋路の行方にも、恋愛映画ならではの切ない空気感が漂うのが印象的。 否:ストーリー自体はかなり強引に進み、現実感はゼロ。演出の部分も恋愛モノの映画の好き嫌いで、好みは大きく分かれそう。  これぞまさに現代のラブコメディの王道といった物語です。竹内涼真さんのクールな年上男子ぶりは言うに及ばず、何といっても特筆すべきは浜辺美波さんの見事なコメディエンヌぶり。他の作品で見られるような清楚なイメージはそのままに、恋愛に猪突猛進する振り切った天真爛漫女子を、見事に体現していらっしゃいます。  また、恋愛コメディ映画ならではの視覚効果を多用したキュートな演出や、ドラ○ンボールや金○先生、進○の巨人といった小ネタの数々に、思わず笑わされてしまいます。思いもよらないところで、思いもよらない豪華なゲストが登場するのもイイですね(笑)。  「先生」という決して恋愛関係になりえない相手に対し、それでもド直球で想いを伝え続けていくあゆはの姿が、次第に愛らしく思えてくると同時に、そんな彼女の気持ちに弘光がどう向き合っていくのか、2人の恋の行方から最後まで目が離せません。  展開は勿論ご都合主義というか、かなり強引な部分がありますが、そこをツッコむのは野暮というもの。気になるようなラブシーンなんかもありませんので、デートムービーには最適な作品といえそうです。

    続きを読む + 閉じる -
    違反報告