ファントム・スレッド|MOVIE WALKER PRESS
MENU

ファントム・スレッド

2018年5月26日公開,130分
  • 上映館を探す

評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

名優ダニエル・デイ=ルイスの引退作となる、ポール・トーマス・アンダーソン監督によるラブストーリー。1950年代のロンドンを舞台に、有名デザイナーと若きウェイトレスとの愛を描く。ヒロインを演じるのはヨーロッパ映画を中心に活躍するルクセンブルク出身のヴィッキー・クリープス。第90回アカデミー賞で衣装デザイン賞を受賞。

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

1950年代のロンドン。オートクチュールの仕立屋レイノルズ・ウッドコック(ダニエル・デイ=ルイス)は、英国ファッションの中心的存在として社交界から脚光を浴びていた。ある日、レイノルズは若いウェイトレス、アルマ(ヴィッキー・クリープス)と出会い、互いに惹かれ合う。レイノルズはアルマをミューズとして迎え入れ、魅惑的な美の世界に誘い込むが、完璧で規律的だったレイノルズの日常に変化が訪れる。やがて二人は、究極の愛の形へたどり着く。

作品データ

原題
PHANTOM THREAD
映倫区分
G
製作年
2017年
製作国
アメリカ
配給
ビターズ・エンド=パルコ
上映時間
130分

[c]2017 Phantom Thread, LLC All Rights Reserved [c]キネマ旬報社

動画配信

映画レビュー

3.7
  • rikoriko2255

    お水汲み当番

    4.0
    2020/7/19

    淀川長治さんが存命だったらこの映画をどう解説するか。 その身振り手振り口調までが頭の中で蘇ります。 まあ怖い怖い愛情って怖い物語です。 主人公は、服飾デザイナーの天才。 王室までも顧客に抱える有名人です。 しかし実は他人に対する支配性向が極限まで強い「人格障害者」で、次々に女を取り替えるが、単に支配の対象にするだけであり、興味があるのは女の外見だけで、愛情など感じたこともないという独身主義者の老人です。 唯一、彼を理解しているのが実の姉。 人格障害者の共犯者として、奇妙な同居生活を許しています。 ……とまあ、こういう設定を見ただけで、観たくない、って人が出てきそうな映画でした。 支配性向が極限まで強い人格障害者に、生まれて初めて「愛情」を感じさせた女性が行ったこととは何か。 なかば見せつけるように、何をしたのか。 好きという感情と、恐怖という感情が、実はごく近いところ共通の根を持っているのかも知れぬと示唆する作品です。 それにしても、怖い怖い愛情を描いた映画でした。 私にはドレスを見る審美眼がないので、「凄いのだ」、と言われれば、きっと凄いのだろうとしか理解できないものの、彩る音楽の美しさには心動かされ、この音楽を聴くだけでも映画料金の価値は充分にあると思います。 ※告知※ 今後、私のレビューは「映画コム」のほうに順次移行し、ムービーウォーカーに書いていたものは、移行終了後に削除することにしております。ご了承ください。

    続きを読む + 閉じる -
    違反報告
  • rikoriko2255

    seapoint

    3.0
    2018/6/23

    レイノルズの一言一言がキザな表現である。しかしD.デイ=ルイスが発するからこそ品が漂い、たちまちエレガントになる。彼自身が育ちが反映している気がする。 レイノルズの規律整った生活。昔のデザイナーはオートクチュールが主で1人1人の顧客しか仕立てられない。ショーもほとんど顧客だけ。デザイナーを支えるクチュリエたちは有能だが、彼の世界と同じ感性でないと無理である。 そこに第三世界的なアルマ登場。真っ白い布地に落ちたインクのように彼の世界に浸食する。 キノコ事件と結婚から立場逆転か! しかもレイノルズ自身がそれを良しとしている。いや、時折新しい風を入れるように求めている。S的な人間かと思いきや、実はMか。そしてアルマはうち秘める魔性である。こわいよぅ。 で、D.デイ=ルイス、本当に引退してしまうの?それが一番嫌だ。

    続きを読む + 閉じる -
    違反報告
  • rikoriko2255

    3.0
    2018/5/30

    途中までは有名デザイナーの伝記物かと思うような作り。 もろ繊細な芸術家。と、何度目かのミューズと言う感じ。 結構年も離れているし、彼女はどうして着いて行ったんだ?確かにオシャレで紳士に見えるけど. 彼が有名デザイナーって知っていたの? 有名で、天才でも、ちょっと一緒に住むのも仕事するのも御遠慮したい面倒臭い男です。 興味を持った女性には、ぴったりの洋服を作って与えたくてワクワクする。 だけど自分のペースでね。やっぱり面倒臭い。 それがどこで主導権変わっちゃったんだろ? 途中で、どうして今?何がしたい?って行動に出る。 でも楽しそう。二人が良いなら良いんだと思うけど。ちょっと理解出来ない関係だわ。

    続きを読む + 閉じる -
    ネタバレあり
    違反報告
  • rikoriko2255

    momo841

    5.0
    2018/5/29

    2018上半期TOP3に入る…大人が観るべき映画だと思います。 古き良き時代の美しきものたち… 身体にピッタリとフィットした美しいドレス。 それ、どんな味なの?と疑問が湧くメニュー! 美しいピアノの旋律に乗って次第に襲ってくるドス黒い思惑… 知識が有れば有るほど楽しめるタイプの映画でしょう。 例えば、始めの方にに出てくる「ラプサン」は多分、紅茶の種類…私は飲んだこと無いけれど、名前だけはしっている、ラプサンスーチョン。物凄く個性的な味がするらしい。それと車。アルファロメオでぶっ飛ばしますょ。クルマ好きには堪らないです。 1950年代の仕立て屋さん、主のレイノルズを軸にしたお話し。そこには大勢のお針子さんがいて、裕福な顧客が訪れます。美しきも単なるお金持ちも。仕事に疲れたレイノルズは別荘に出かけ、給仕してくれたアルマを見初める。何故ならば彼にとって彼女は完璧な体型だったから。 そして物語は粛々と、小さなエピソードをちりばめながら進んでいきますが、男性主導権だったのが、徐々に女性に変わっていきます。 この知らない間に侵食されてる感じが、堪らなく恐ろしい。ある意味ホラーに近い。 ほぼ静寂なのですが、時々バタン!とドアを閉める音やドタドタと足音が強調されていたり、音で感情を表現していました。残念ながらフォーリーアーティストは見落としてしまいました。 個人的には、姉のシリル役の女優さんが、誰かに似ていて気になって仕方なかったです。 ダニエル・ディ=ルイスさん、この映画で引退なさるとか…まだまだ続けられそうと思えますが、それが彼の美学なのでしょう。

    続きを読む + 閉じる -
    ネタバレあり
    違反報告
  • rikoriko2255

    さっちょ

    4.0
    2018/5/22

    1950年代の英国の景色・衣装・映像美・カメラアングル・音楽、言葉のひとつひとつも洗練されていて、全てが当時の雰囲気をかもしだして完璧で見事だった。アンケートでこの恋愛あるかないかっていう問いに私はないと記載したが、実はあるような気がした。しかも現代でもあちこちで。男って単純で真面目で素直で自分がつらい状況の時に優しく支えてもらったら大喜びで自分の貫いてきた信念まで変更してしまう。女ってしたたかで計算高くてそういう男を上手く操る。過去の自分になかった華やかな世界を手に入れたら手放さないたくましさ。彼女は本当に愛していたのか?愛だけの感情であそこまでしたのか?そこには彼に対する愛情だけでなく思いがけなく手に入れた素晴らしい世界を失いたくないという執着心もあったのではないだろうか?生まれ育った境遇・地位も身分も知識も経済も価値観もあまり違いすぎるとどんな恋愛も破滅的になるような怖さも感じた。そして全てを理解したとしても男は女を受け入れてしまう悲しいサガ(性・相)。優しすぎる純粋すぎるのは男で、女は自分の欲を手に入れ手放さない為にあらゆる手段をこうじる策略家。女って怖い生き物。でも女のしたたかな強さが子供を産み育てる強さにもなり家族を支える強さにもなっている気もする。女って計算高くて恐ろしい存在だってわかっていても女に騙されてもきっとその時々で楽しさを味わえば、男の誰もが幸せを感じて受け入れてしまうものなのかもしれない。世の男性の皆さん、女って怖い生き物ですよ!

    続きを読む + 閉じる -
    違反報告
  • rikoriko2255

    コージィ

    3.0
    2018/5/8

    試写で拝見しました。 この作品は豪華絢爛な衣装と、1950年代のロンドンにお似合いの音楽が素晴らしい! 作品内の恋愛表現については、非常に男性目線的。 隷従させるのか、するのか… 心理戦より、精神的なマウンティング合戦とでもいったほうがいいのかも。 ここは観る人でかなり好みが分かれると思います。 男女の愛の形は人それぞれだから、どんなにアブノーマルかつ変態プレイでも「あり」だけど。 本作では精神的なアブノーマルさであって、エロくはないのでご安心を。

    続きを読む + 閉じる -
    違反報告