独身アパート|MOVIE WALKER PRESS
MENU
独身アパート
独身アパート

独身アパート

1962年6月1日公開,91分
  • 上映館を探す
評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

海辺を舞台にした青春コメディー。バット・クロスマンの舞台劇から、監督のフランク・タシュリンとバット・クロスマン自身が脚色。撮影はダニエル・L・ファップ、音楽はジョニー・ウィリアムス(2)が担当。出演は「青春の旅情」のチューズデイ・ウェルド、「ウエスト・サイド物語」のリチャード・ベイマー、テリー・トーマス、セレステ・ホルムなど。ジャック・カミングス製作。

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

ブルース教授(テリー・トーマス)は目下旅行中の婚約者ヘレン(セレステ・ホルム)の家に住んでいる。生っ粋の英国紳士である彼は女子学生たちの人気の的だ。その夜も2人の女子学生が忍び込んでくるという始末。そうした彼の家にリビー(チューズデイ・ウェルド)がやって来た時、教授はてっきり鑑別所を脱走して来た不良少女だと感違いしてしまった。実はリビーはヘレンの娘だったのだ。様子を察したリビーは、名を隠して母の婚約者を観察することにした。教授の教え子で、庭のトレーラーバスに住んでいるマイクは、リビーの姿を見てすっかりまいってしまった。そのうち若い2人は意気投合。リビーはマイクに、どうやら教授が自分を嫌っているらしいと打ち明けた。実は教授は若い女性の恐怖症にかかっているのだ。マイクは教授に酒を飲ませ、もっと積極的に女性攻撃をさせようとするが、度が過ぎて教授は海辺の美女を次々と追い始めた。おまけに旅行から帰って来たヘレンにこの様子を見られてしまったのだ。教授の醜態を見たヘレンは彼に愛想をつかした。酔いがさめた教授は事実を知って絶望するが、持ち前のイギリス精神を発揮。そのねばりでヘレンの心を再び獲得した。やがてヘレンと教授、マイクとリビーの2組の結婚式が盛大に行われた。

作品データ

原題
Bachelor Flat
製作年
1961年
製作国
アメリカ
配給
20世紀フォックス映画
上映時間
91分

[c]キネマ旬報社

まだレビューはありません。
レビューを投稿してみませんか?