グッバイ・ゴダール!|MOVIE WALKER PRESS
MENU

グッバイ・ゴダール!

2018年7月13日公開,108分
R15+
  • 上映館を探す

J=L・ゴダール「中国女」の主演女優でゴダールの2番目の妻でもあったA・ヴィアゼムスキーの自伝的小説を映画化。19歳の哲学科の学生アンヌは映画監督のゴダールと恋に落ち、女優として刺激的な毎日を送る。だが、ゴダールは次第に革命に傾倒していく。出演は、「SAINT LAURENT サンローラン」のルイ・ガレル、「ニンフォマニアック」のステイシー・マーティン、「ある過去の行方」のベレニス・ベジョ。監督は、「アーティスト」のミシェル・アザナヴィシウス。2017年カンヌ国際映画祭コンペティション部門正式出品作品。

予告編・関連動画

グッバイ・ゴダール!

予告編

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

パリで暮らす哲学科の学生アンヌ(ステイシー・マーティン)は、もうすぐ19歳になろうとしていた。そんな彼女が、映画を変えたと世界中から注目される天才監督ジャン=リュック・ゴダール(ルイ・ガレル)と恋に落ち、彼の新作「中国女」で主演を飾ることになる。新しい仲間たちと映画を作る刺激的な日々やゴダールからのプロポーズなど、生まれて初めての体験ばかりの毎日に、アンヌはあらゆることを夢中で吸収していく。しかし、パリの街は日に日にデモ活動が激しくなり、ゴダールは次第に革命に傾倒していく。

作品データ

原題
LE REDOUBTABLE
映倫区分
R15+
製作年
2017年
製作国
フランス
配給
ギャガ
上映時間
108分

[c] LES COMPAGNONS DU CINEMA - LA CLASSE AMERICAINE - STUDIOCANAL- FRANCE 3. [c]キネマ旬報社

動画配信

映画レビュー

2.7
  • rikoriko2255

    seapoint

    2.0
    2018/7/29

    まだまだゴダール現役中。彼に断ってか否かは不明だが存命中にこういった作品を作るのは割とチャレンジャー。主にA.ヴィアゼムスキー視点からだけど。「勝手にしやがれ」「気狂いピエロ」「軽蔑」なんかは彼にとって商業的映画なんだ。しかも左翼的、政治的にシフトする作品は彼のミューズA.カリーナからA.ヴィアゼムスキーへ。商業的映画はトリュフォーに任せるとっ! 気狂いピエロのランボーの詩に南仏の色使いの鮮明さは大好きだと言って中国女なんかも嫌いではない。 いやしかしだね、五月危機に乗じてデモやらに参加するけれど、彼らの生活態度はブルジョワジー他ならない。社会派やプロレタリアートな作品というより哲学的、ブルジョワ階級からの第三者意見にしか見えなくなった。退廃的で上から目線なんだな。明らかに享楽的な事項は拒絶しているけれど。 劇中の中で人は映画に娯楽を求めるってあったけれど、梱包的にはそうかも。もちろんゴダールを含め社会派、ドラマ、ドキュメンタリーなどあるが、娯楽要素がなかったら映画は世界的に広まらない。劇場で非日常を体験できるからこそ映画は人を惹きつけるのだ。 主役2人は理由なく体当たり演技をしているけれど、ぶっちゃけ必要だったかしら。そしてゴダールについての作品はゴダールの作品で見たいのである。

    続きを読む + 閉じる -
    違反報告
  • rikoriko2255

    3.0
    2018/7/19

    ゴダールの2番目の妻、A・ヴィアゼムスキーの自伝的小説の映画化なので、あくまでも彼女の目から見たゴダールよね。 時間が経ったとは言え、極力不満を暴露しないように気を付けて来たとしても、元夫の事を語る時、あんな事こんな事、思い出したら湧き出してくる不平不満は有って当然じゃない? 芸術家とか天才とか、面倒くさくて当然だと思うけど、彼女が語るゴダールは、全然才溢れる人に見えない。 むしろ、人心を掴む言葉を持たない不器用な人に見える。 彼の演説は、本当の言葉なのだろうか‥あまりにお粗末だ。 わざと人間関係を壊しているように思えて、回避依存症を思わせる。他人事と思えない。 それは兎も角、20歳そこそこの女に結婚させるのは、心を殺せと言っているようなもの。と私は思う。実体験から。 誰か止めてあげたら良かったのに・・

    続きを読む + 閉じる -
    ネタバレあり
    違反報告
  • rikoriko2255

    momo841

    3.0
    2018/7/17

    映画の全体的評価は☆3つですが、60年代のファッションやヘアメイクが素晴らしい。 勘違いしている日本の女性達にバイブルとしていただきたいです。まつげエクステしなくても、爪をグロテスクにデコレーションしなくても美しいのです。まぁ、アンヌ役のステイシー・マーティンは素が綺麗とゆう事もありますが、目の下に軽くアイラインを入れるだけでお化粧が終わるのです!女性としての美しさや仕草が素敵で思わず『かわいい』と呟いてしまいます。自由奔放に裸のシーン多目で、決して大きなバストではありませんがバランス良くて、プリっとした小ぶりのお尻もキュートで、自然なお色気があります。豊胸改造した身体よりエロいと思う。ファッション はミニスカートがとにかくかわいい。インテリアも、クルマも見所です。 友人役のペレニス・ベジョがお姉さん的大人の女性を演じていて、素敵でした。 お話しとしては、主人公のアンヌが成長してゴダールのことがつまらなくなってしまいます。

    続きを読む + 閉じる -
    ネタバレあり
    違反報告