アウト&アウト|MOVIE WALKER PRESS
MENU

アウト&アウト

2018年11月16日公開,106分
  • 上映館を探す

動画配信

  • amazon-prime

評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

「藁の楯 わらのたて」の原作者・木内一裕が自身の小説を遠藤憲一主演で映画化。小学2年生の少女・栞と二人で探偵事務所を営む矢能のもとに、ある依頼の電話が入る。指定場所に到着すると、依頼人はすでに死亡。そこにいた謎の男から矢能は銃口を向けられる。共演は「サクラダリセット」の岩井拳士朗、「永い言い訳」の白鳥玉季、「レオン」の竹中直人、「終わった人」の高畑淳子、「DISTINY 鎌倉ものがたり」の要潤。

フォトギャラリー

アウト&アウト 画像1
アウト&アウト 画像2
アウト&アウト 画像3
アウト&アウト 画像4
アウト&アウト 画像5
アウト&アウト 画像6

予告編・関連動画

アウト&アウト

予告編

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

日本最大の暴力団・菱口組最高幹部の側近だった矢能政男(遠藤憲一)。現在は、訳アリで預かることになった小学2年生の少女・栞(白鳥玉季)と二人で探偵事務所を営んでいる。ある日、矢能のもとに取引の現場に立ち会って欲しいという依頼が入る。だが、指定された場所に到着すると、依頼人は拳銃で撃たれ死亡していた。虚をつかれた矢能は、マスクを被った男(岩井拳士朗)から銃口を突きつけられる。男はその拳銃を矢能に握らせ指紋を付けると、矢能と死体を置き去りにして去って行った。矢能が依頼人の死体を調べるとパスポートがあり、名前は安田義行と判明。しかし、矢能が安田の姉に電話をかけると、安田は3年前にカンボジアで死んだという。矢能は馴染みの情報屋(竹中直人)に、安田の情報収集を頼むが、矢能がヤバい案件に首を突っ込むと栞に危険が及ぶかもしれないと情報屋は心配する。そんななか、浮上したのは、与党議員の鶴丸清彦(要潤)と堂島哲士(成瀬正孝)だった。堂島は、二世議員の鶴丸の父親の代から裏のトラブルを一手に引き受けていた人物で、空手道場を営む武道家だ。早速、堂島の道場に足を運んだ矢能は、そこで自分に銃を突きつけた男・池上数馬を見つける。彼は矢能の姿に動揺し逆上するが、矢能はすでに数馬を相手にしていなかった。安田殺しの構図はすでに見えている。安田は鶴丸をゆすり、鶴丸に泣きつかれた堂島が数馬に手を汚させたのだ。恥をかかされた数馬は矢能をつけ狙い、そして栞を誘拐する。矢能は栞を救うため、数馬のもとに車を飛ばすのだった……。

作品データ

映倫区分
G
製作年
2018年
製作国
日本
配給
ショウゲート
上映時間
106分

[c]木内一裕/講談社 [c]2017「アウト&アウト」製作委員会 [c]キネマ旬報社

  • rikoriko2255

    じぇふりぃちゅうぶ

    5.0
    2018/11/23

    きうち監督の作品は、Vシネマで観たのが最後かなと思う。
    久し振りに観たが、テンポが速くて大変面白かった。勿論ツッコミ所は有るが、展開が早いので気にならない。
    むさ苦しい男ばかりが出演し、銃を使用した暴力シーンも有り、デートで観る映画ではない。セクシーな美女も一切登場しない。
    でも逆に観ていて気持ちが良い。男ばかりが出演した映画に名作が多いことで分かる様に、美女の出演は映画の必要条件ではないことを証明している。
    なお主人公に絡む少女役の子役がとても芸達者で、将来が楽しみ。
    今年観た邦画でベストワンだと思う。

    違反報告