ドン・ファンの冒険:映画作品情報・あらすじ・評価|MOVIE WALKER PRESS 映画
MENU
ドン・ファンの冒険
ドン・ファンの冒険

ドン・ファンの冒険

1950年10月10日公開、110分
  • 上映館を探す
評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

「ジョニー・ベリンダ」のジェリー・ウォルドが製作、「旧友」のヴィンセント・シャーマンが監督した1948年度作品のテクニカラー映画。ハーバート・ダルマスの原作を「踊るニューヨーク」のジョージ・オッペンハイマーと「影なき男の影」のハリー・カーニッツが脚色し、撮影はエルウッド・ブレデル、音楽はマックス・スタイナーが担当した。出演者は「賭博の街」のエロール・フリン、「シンゴアラ」のヴィヴェカ・リンドフォース、ロバート・ダグラス、「高原児」のアラン・ヘール、ロムニー・ブレント、アン・ルザーフォードその他である。

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

天下の女性にとって憧れの的であり、男性には恐るべき敵ドン・ファンはイギリスで例によって例のごとき恋の冒険の末、折角の英西協商の端緒に水をさすという一事を仕出かして、スペイン大使ポラン伯に説得され帰国することになった。時のスペイン国王フィリップ三世は何等の識見も持たず、宰相ローカ公の世界制覇の野望を手を拱いて傍観するばかりで、良民の福祉をねがうマーガレット女王とローカ公が対立しているという情勢であった。従者レポレロを従えて帰国したドン・ファンは女王の気高さにはじめて、今までの自分の知らなかった理想の女性の姿を見出し、忠誠を誓った。皇室の剣道教師に任命された彼は、打ってかわった精勤ぶりを示すとともに、軍備拡張のため重税・徴兵を意に介せぬローカ公の施政から民衆を開放しなければならないと考える。ローカはこれを察知して、ドン・ファンを投獄したうえ、邪魔なマーガレット女王の先手をうってクーデターを行なおうとした。投獄されたドン・ファンは女王の腹心ともいうべきポラン伯が帰国の途中、ローカの輩下に捕えられ拷問されている事実もつきとめる。レポレロは奇計を用いてドン・ファンとポラン伯を救出した。かくしてドン・ファンは同士を率いて王宮に潜入し、ローカと一騎討ちの末これを斃し、スペインを再び平和の国とした。

作品データ

原題
Adventures of Don Juan
製作年
1948年
製作国
アメリカ
配給
セントラル
上映時間
110分
製作会社
ウォナア映画

[c]キネマ旬報社

映画レビュー

- /0件

まだレビューはありません。
レビューを投稿してみませんか?