Diner ダイナー|MOVIE WALKER PRESS
MENU

Diner ダイナー

2019年7月5日公開,117分
  • 上映館を探す

評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

日本冒険小説協会大賞と大藪春彦賞に輝いた平山夢明の小説を、藤原竜也主演で映画化したバイオレンステイスト満載のサスペンス。殺し屋専門のダイナーを舞台に、店を仕切る天才シェフと殺し屋らが繰り広げる出来事がつづられる。写真家でもある蜷川実花が監督を務め、初めてのアクションシーンに挑戦。独特の映像美で魅せる。

予告編・関連動画

Diner ダイナー

予告編

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

元殺し屋で天才シェフのボンベロが料理をふるまう殺し屋専用のダイナー、食堂。そこではボンベロが王のように君臨し、どんな殺し屋でも平等に扱われるが、ボンベロに従うか死ぬかというのがルールだ。そんな食堂に、日給30万の怪しいアルバイトに手を出したカナコがウェイトレスとして売られる。そして、店内では新たな殺し合いが始まる。

作品データ

映倫区分
G
製作年
2019年
製作国
日本
配給
ワーナー・ブラザース映画
上映時間
117分

[c]2019「Diner ダイナー」製作委員会 [c]キネマ旬報社

動画配信

関連記事

映画レビュー

3.7
  • rikoriko2255

    やみぃ

    5.0
    2ヶ月前

    ザ!蜷川実花!ザ!藤原竜也! この布陣でストーリー期待して観る人いるの? これこれ!この毒々しい色彩と藤原竜也の藤原竜也でしかない演技!最高!

    続きを読む + 閉じる -
    違反報告
  • rikoriko2255

    お水汲み当番

    5.0
    2020/7/19

    現代芸術の旗手・蜷川実花監督による、超カラフルな映画でした。 ほとんど極彩色の写真集が動画になっているみたいなもので、ストーリーよりも何よりも、その芸術的な画面構成を楽しもうという趣向の作品です。 ストーリーは、まあまあ、だいたいこんなものでしょ……ってなレベルなんですが、とにかくここまで現代芸術でトンガった商業映画ってのは珍しいので、観る価値は充分にあるのじゃなかろうかと思うのです。 映画鑑賞というよりも、もはや芸術鑑賞という側面も否めませんけれど。 ※告知※ 今後、私のレビューは「映画コム」のほうに順次移行し、ムービーウォーカーに書いていたものは、移行終了後に削除することにしております。ご了承ください。

    続きを読む + 閉じる -
    違反報告
  • rikoriko2255

    さぶ

    2.0
    2020/2/11

    なにがなんだか

    続きを読む + 閉じる -
    違反報告
  • rikoriko2255

    5.0
    2019/10/3

    面白すぎて2回見た。 特に藤原竜也、玉城ティナ、窪田正孝の3人の個性が出ていて見入った。

    続きを読む + 閉じる -
    違反報告
  • rikoriko2255

    hiryukin

    0.5
    2019/9/27

    蜷川映像の色調が好きな人なら、何とか観られる程度。 私には完全にハズレ。 映像美に拘ったせいかは解りませんが、シナリオ、演出、キャスト全てが期待を外れてしまっていた。 、

    続きを読む + 閉じる -
    違反報告
  • rikoriko2255

    ツヨシ

    1.0
    2019/7/17

    蜷川実花、自己満足作品。終わったな。 本人は納得して鼻高々だろうね。 金払ってみる作品じゃないよ。 キャストは頑張っていたがね。

    続きを読む + 閉じる -
    違反報告
  • rikoriko2255

    門倉カド(映画コーディネーター)

    5.0
    2019/7/17

    【賛否両論チェック】 賛:ボンベロとカナコの不思議な絆を通して描かれていく、「自分が存在している意義」というテーマが、意外にも胸を打つ。色彩豊かな独特の世界観や、豪華キャストも魅力。 否:ストーリーは割と有って無いようなもので、ツッコみどころだらけ。ケレン味たっぷりの演出も好みが分かれるほか、殺害シーンもメッチャあり。  凄腕の元殺し屋が営む食堂で働かされることになった、孤独な少女。最初は殺し屋の店主と命が風前の灯火のウェイトレスという、殺伐とした関係性にすぎなかったボンベロとカナコが、客である殺し屋達のトラブルに巻き込まれていくうちに、次第に奇妙な絆を育んでいくのが印象的です。  そうした2人の絆を通して訴えかけられていく、「自分の存在意義」というテーマにも、思わずグッときます。カナコがボンベロに告げる、 「ここにいる。要らなくても、ここにいる。」 というセリフや、ボンベロの 「お前が、お前を必要としているんだ。」 という言葉がステキです。  ただやはり何といっても好き嫌いが分かれそうなのが、そのケレン味たっぷりな演出の数々。ストーリーなんかは有って無いようなもので、超豪華なキャストが演じる一癖も二癖もある殺し屋達も、良くも悪くもブッ飛んでいるキャラクターばかりなので、その辺りが苦手な人には向きません。  レーティングこそありませんが、殺害シーンもかなり多めです。いろんな意味で、観る人を選ぶ作品といえそうです。

    続きを読む + 閉じる -
    違反報告
  • rikoriko2255

    2.0
    2019/7/10

    蜷川実花作品の色彩が満載で、「映像」としては素晴らしいが、これまでの作品の域を出ていない。 贅沢なキャストにも関わらず、ストーリーは浅く非常にもったいない。 このあとすぐに、白石和彌監督の「凪待ち」を観てしまったせいもあるかもしれない。上映館数の差、宣伝の差、予算の差...正直「お金があるって良いよね」などと感じてしまった。 (結果、観るべき順番は正解だったと言えるのだが...) ただもちろん、キャスト陣の憑依は素晴らしい。久しぶりに観た真矢ミキの男装とアクションに、心躍った。 映像芸術に興味があり、お金と時間に余裕のある方は、ぜひ。

    続きを読む + 閉じる -
    違反報告
  • rikoriko2255

    とりころーる

    5.0
    2019/7/10

    いやはや、想像以上に蜷川ワールドが炸裂していました。これほど豪華絢爛な映画は、他にはなかなか見られないでしょう。それから、ヒロインの玉城ティナさんが、文字通りフランス人形のようで、驚きました。 これは劇場で観るべきでしょうね。絶賛です。

    続きを読む + 閉じる -
    違反報告
  • rikoriko2255

    コージィ

    3.0
    2019/7/6

    人によって、評価や好き嫌いがはっきり分かれる作り。蜷川実花監督の美意識が、そこかしこに滲み出ている。 予告編だと主人公が藤原竜也っぽいのですが、真の主人公は玉城ティナ演じる「オオバ カナコ」(大馬鹿な子)。 監督の使うデザインや演出技法とともに、難しい点がひとつあるかと。 実際の世界では、殺し屋が殺し屋に見えてはダメだと思うのだが、この映画に登場する殺し屋たちは100%職質対象の、わかりやすい異常者。 その誇張した描き方をエンタメと割り切れるか、感性として受け入れられるか…という点が、好みの大きなターニングポイント。 舞台演劇でよく見かける、大げさな演出技法です。 私は割り切れないけど、また、映画というより、舞台の映画館上映だと思うようにして、割り切る努力した感じです。 食堂の装飾美術が、横尾忠則だというだけで観に行った身としては、納得するしかない世代なのだ、私は。 個性的キャラのオンパレードを見る、という楽しみ方に落ち着きました。 普通に映画を観るモードだと、厳しそうかな。

    続きを読む + 閉じる -
    違反報告