500ページの夢の束|MOVIE WALKER PRESS
MENU

500ページの夢の束

2018年9月7日公開,93分
  • 上映館を探す

動画配信

  • amazon-prime

評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

ダコタ・ファニングが『スター・トレック』が大好きな自閉症の少女を演じる青春ドラマ。『スター・トレック』の脚本コンテストに応募するため、愛犬を連れて初めての一人旅に出た少女が、旅先で出会う人々との交流を通して、成長していく姿を描く。『マイレージ、マイライフ』のダニエル・ダビッキが製作を務める。

フォトギャラリー

500ページの夢の束 画像1
500ページの夢の束 画像2
500ページの夢の束 画像3
500ページの夢の束 画像4
500ページの夢の束 画像5
500ページの夢の束 画像6

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

自閉症を抱えるウェンディは『スター・トレック』が大好きで、自分なりの脚本を書くのが趣味。ソーシャルワーカーのスコッティの協力を得て、アルバイトを始めた彼女はある日、『スター・トレック』の脚本コンテストが開催されることを知り、渾身の作を書き上げる。だが、郵送では締め切りに間に合わないと気付き、愛犬と一緒にハリウッドへ向かう。

作品データ

原題
PLEASE STAND BY
映倫区分
G
製作年
2017年
製作国
アメリカ
配給
キノフィルムズ/木下グループ
上映時間
93分

[c]2016 PSB Film LLC [c]キネマ旬報社

  • rikoriko2255

    たばすこ

    3.0
    2020/5/23
  • rikoriko2255

    ミミビビ

    3.0
    2020/5/6

    面白かったー

    違反報告
  • rikoriko2255

    4.0
    2018/9/12

    「感情」と言う概念で、他のクルーとの交流に苦労するスポックを自閉症の少女の中に見たんだね。
    確かに、彼女が変わって行くスポックに興味を持つの、解る気がする。
    分かり合いたい相手が居るから。

    彼女が描いて居た物語を、読んで欲しかった相手が、泣けるね。周りが思っている以上に、望んでいたんだね。

    Star Trekは、私にとっても特別な映画だ。Pavel Andreievich Chekov役でAnton・Yelchinが出ているのだから。
    それに、Dr.ボーンズこと、Leonard McCoyは、Karl Urbanだし。
    でも、Leonard McCoyの娘の名前、即答出来なかった。

    クリンゴン語は理解できないけど、リンガーズにとってのエルフ語だと思えば、理解できる。
    あれほど話せる人は、凄いマニアの中のマニア。そりゃあ仲間意識も芽生えるわ。
    いや~好きな設定よ。自分たちにだけ理解出来る言語で話す一体感。音楽用語でも、プロスポーツ用語でも、何でも良いの。
    好きな思いが共通して居る事が伝われば。

    Dakota Fanningがこういう役演じて、間違いが有る筈が無い。本当に、天才だと思うわ。

    続きを読む + 閉じる -
    ネタバレあり
    違反報告
  • rikoriko2255

    コージィ

    4.0
    2018/8/31

    試写で拝見しました。
    ASD(自閉症)が、実に丁寧に研究され、ダゴダ・ファニングの迫真の演技で描かれていました。
    他者とコミュニケーションが取れない、音に過敏ですべてを痛みに感じてしまう、善悪正誤の判断がつかない…etc

    さらに加えて、犬のピートが素晴らしい演技で。
    かつ、お巡りさんが良かった。

    話の軸となる「スター・トレック」に関してですが、最初のシリーズの登場人物が、カークとスポックの2名で、宇宙を旅するSF映画、くらいの知識があれば十分です。
    ただ、制作サイドには、スタトレ愛が溢れていました。
    宣伝等では、スタトレ本編ではセリフでしか出てこないドクターマッコイの娘の名前を、主人公がすぐ答えるシーンなど、マニアックなその辺が妙にクローズアップされがちでしたが、そこはさほど重要ではありません…
    ただ、なぜ「スター・トレック」なのか?については、最後のシーンにつながるので、多くは言えないけれど、すごくリンクしていました。

    言いたいこと、伝えたいことを、口や態度で表現できない主人公が、自分自身の内面を出せるのが&できなかったことができるようになるきっかけが、大好きな「スター・トレック」に関することだけ…
    というところがね。涙を誘うんですよ。
    これ、人見知りして鬱屈してたのが、大好きな趣味や自信を持てた仕事を入り口に、世間との接点を作れた若いころの自分にも重ね合わせてみてしまう部分もありました。

    素晴らしい。

    違反報告
  • rikoriko2255

    regency

    3.0
    2018/8/25

    スター・トレックマニア=トレッキーの自閉症の女性のロードムービー。
    感情を露わにできない彼女と、人間の感情が分からないバルカン星人をかけ合わせた構成が利いている。
    とにかく「スタトレ」ネタ(主にOST)があちこちに詰まっているので、マニアならウケるのは確実。
    ただ、逆に言うとスタトレの知識が全くない人はどこまで楽しめるのかという危惧も…また、トレッキーは『スターウォーズ』マニアとかよりも特異な存在として見られがちという、ある種の悲哀も感じられるのは痛し痒し。
    主演のダコタ・ファニングはすっかり大人になったけど、中盤で見せる絶叫演技は、『宇宙戦争』の子役時代まんまだった。

    違反報告