怪獣娘(黒) ~ウルトラ怪獣擬人化計画~|MOVIE WALKER PRESS
MENU

怪獣娘(黒) ~ウルトラ怪獣擬人化計画~

2018年11月23日公開,57分
  • 上映館を探す

評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

特撮番組『ウルトラマン』シリーズに登場する怪獣たちを、美少女キャラに擬人化するプロジェクト“ウルトラ怪獣擬人化計画”のアニメーション。平穏な毎日を過ごす女子高生・平賀サツキは、ある日、不思議な力に目覚め、地球侵略を企むブラック指令に助けられる。声の出演はTV『ハイスクール・フリート』の新田ひより、TV『僕の彼女がマジメ過ぎるしょびっちな件』の八木侑紀、「あさがおと加瀬さん。」の高橋未奈美、「ポッピンQ」の石原夏織。脚本を「キカイダー REBOOT」の下山健人、音楽を「ポッピンQ」の片山修志が担当。監督はTV『侵略!? イカ娘』の山本靖貴。

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

都会というほど騒がしくもなく、郊外というほど長閑でもない街・祖師ヶ谷大蔵。大人しく真面目な委員長タイプの女子高生・平賀サツキ(声:八木侑紀)は、怪獣娘たちの組織『GIRLS』に憧れながらも、ごく平穏な毎日を過ごしていた。そんなある日、不思議な力に目覚め、戸惑うサツキを助けてくれたのは、憧れの『GIRLS』ではなく、ブラック指令(声:新田ひより)と名乗る怪獣娘が率いる悪の軍団『BLACK STARS』だった。ブラック指令は、様々な超能力を自在に操り、ノーバ(声:石原夏織)、シルバーブルーメ(声:高橋未奈美)と共に地球侵略を企んでいた……。

作品データ

映倫区分
G
製作年
2018年
製作国
日本
配給
ポニーキャニオン
上映時間
57分

[c]キネマ旬報社

映画レビュー

2.0
  • rikoriko2255

    コージィ

    1.0
    2018/12/11

    『艦これ』のように、美少女擬人化をするのが流行ってた中で作られた企画なんだろうけど、手段が目的化した典型例になっちゃってまぁ。 「何で面白がらせるのか?」感情をゆさぶる仕掛けが特になく。 退治され浄化された怪獣の魂と能力が同化し、普通のJKが「怪獣娘(ガールズ)」に変身できる、って設定はセリフだけ。 「私は●●の怪獣で、〇〇って技が出せます~~」「実はこうなんですよ~」と、設定の説明語りセリフしかないのはご勘弁を。 SDキャラで毎回5分程度の同タイトルのテレビアニメなら、こんな会話劇でもいいんだろうけど、それだけを70分の尺にしたらつらい。 いっそ、日常系ほのぼのコメディとかに振ればいいのに。 怪力とか触手って技能を使って、「ありゃ失敗」程度の緩い感じでね。 下手に(黒)の連中が、アイドル活動してる「怪獣娘(ガールズ)」たちを敵視・対決し、「侵略活動で街を破壊する」っていうのは、コメディになっていない。 尺が短いのが問題じゃなくて、尺の中の感情の落としどころ、物語の起伏構成がないまま、だらだら続けてるのが問題。 長くなっても、もっとつらさが増すだけだと思う。

    続きを読む + 閉じる -
    違反報告
  • rikoriko2255

    じぇふりぃちゅうぶ

    1.0
    2018/11/23

    怪獣を美少女キャラにして何がやりたいのか?サッパリ分からん。元ネタの怪獣のバックグラウンドもキャラも反映していない。ただグチャグチャと喋っているだけ。 退屈で死にそうだった。こんなものを二度と作るな!

    続きを読む + 閉じる -
    違反報告