ナイアガラ|MOVIE WALKER PRESS
MENU

ナイアガラ

1953年4月18日公開,0分
  • 上映館を探す

「サンセット大通り」のチャールズ・ブラケットが製作し、「砂漠の鬼将軍」のヘンリー・ハサウェイが監督したテクニカラーのメロドラマ、1953年作品。脚本は製作者のブラケット、「美女ありき」のウォルター・ライシュ、「歌う捕物帖」のリチャード・ブリーンの3人、撮影は「革命児サパタ」のジョー・マクドナルド、作曲は「狙われた駅馬車」のソル・カプランの担当。主演は「第3の男」のジョセフ・コットン、いま売り出しのマリリン・モンロウ「イヴの総て」、「革命児サパタ」のジーン・ピータースで、ケイシー・アダムス「栄光何するものぞ」、デニス・オディア「邪魔者は殺せ」、リチャード・アラン「キリマンジャロの雪」らが助演する。

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

ナイヤガラ瀑布の近くにあるホテルに、朝鮮戦線から疲労して帰って来たジョージ・ルーミス(ジョセフ・コットン)が、妻ロース(マリリン・モンロー)と一緒に泊まっていた。ローズは最近、ほかの男ができて夫によそよそしく、世間の人に夫が発狂していると思わせようとしていた。そのホテルに泊まりに来た新婚夫婦レイ・カットラーと妻のポリイ(ジーン・ピータース)は、観光トンネルを見物に出かけた時、ローズがテッド・パトリックという若い男と密会しているのを目撃した。その時以来、ポリイはジョージに同情をよせ何かと世話をやいた。ローズはテッドと共謀してジョージを殺す計画を立て、彼を観光トンネルにおびき出した。だが翌朝死体となって現れたのはテッドであった。ローズは驚きのあまり卒倒して入院した。ジョージは傷ついてポリイに会い、テッドに襲われたことを打ち明けた。ローズは何か恐怖にいたたまれなくなって病院をとび出したが、途中でジョージに会い、彼に絞殺された。翌日、瀑布の上手にある釣場へ釣に出かけたポリイとレイは、船着場に船をおいて買物に出かけた。ポリイが一足先に船にかえるとジョージが乗っていた。彼女はジョージにローズを殺したことを自首するように勧めたが、彼は肯じなかった。2人を乗せた船は激流の中を瀑布の方へ近づいて行った。ポリイは船が崖に近づいたとき危く崖にはい上がった。船はジョージを乗せたまま、滝壷に落ち込んでいった。

作品データ

原題
Niagara
製作年
1953年
製作国
アメリカ
配給
20世紀フォックス極東
上映時間
0分

[c]キネマ旬報社

映画レビュー

3.1
  • オグオグ

    4
    2020/3/19

    雄大なナイアガラの滝を舞台に、甘い歌声と魅惑のモンロー*ウォークが誕生したマリリン・モンローの代表作。

    続きを読む + 閉じる -
    違反報告
  • たっかん

    4
    2014/5/17

    この映画、マリリン・モンローの魅力を前面に出した「悪女ものサスペンス」。
    「ナイアガラの滝」の曝流が迫力あり、それを背景に段々とハラハラしてくる物語。なかなか面白い。

    この作品が初主演となるマリリン・モンローは、真っ赤な服・ピンクの服など派手な服が体型にフィットして非常に色っぽい。また、ブロンドも映えるテクニカラーもナイス。
    “モンロー・ウォーク”でフォックスがキャッチコピーにしたのもうなずける。

    ジョゼフ・コットンが共演しているのに序盤は普通のドラマなので、「あれ?」と思っていたら、やっぱりサスペンス的な展開になっていく…。

    マリリン・モンローは、病院での昏睡状態になったところで横たわりながら右手を動かすシーンで「なんか演技へたかなぁ~」の感はあるものの、やっぱりその存在感は圧倒的であり、「早死にしてしまって惜しい気持ち」がつのるばかり。。。

    昔の良きアメリカ映画、という作品である。こうした映画は大好き。

    続きを読む + 閉じる -
    違反報告
  • ettam

    3
    2013/9/23

    数多くのラブコメに出演したマリリン・モンロー。『ナイアガラ』はスリラー作品であり、モンローの魅力が最大限に引き出せていないのが非常に残念に感じる。まさにミスキャストだ。

    タイトル通り、ナイアガラの滝が舞台になっており、その迫力はスゴイ。この作品で「モンロー・ウォーク」と名付けられたお尻を振りながら歩くその様はモンローの魅力が現れているのか個人的には疑問だが作品よりも「モンロー・ウォーク」だけが一人歩きしているように思う。スーツ姿の彼女の丈がひざ下まであるのは残念。

    モンローが殺されたシーン。俯瞰で撮影されたモンローの横たわり方と、その後のモンローのアップの撮影で顔の向きが違っていたりと撮影ミスもあったり。

    ストーリー自体はまあ楽しめるかな?くらいのものであるが、モンロー以外の出演陣も作品全体を通して良い作品に仕上げていた。

    続きを読む + 閉じる -
    違反報告