僕の帰る場所|MOVIE WALKER PRESS
MENU

僕の帰る場所

2018年10月6日公開,98分
  • 上映館を探す

評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

ミャンマーでの民主化や在日外国人家族を取り巻く社会環境を背景に“移民”を描いたドラマ。ミャンマーからやって来たケインと幼い2人の息子は、東京の小さなアパート暮らし。入国管理局に捕まった夫アイセに代わり、ケインは1人で家庭を支えていたが……。出演者には演技経験のないミャンマーの人々を多数起用し、ドキュメンタリーのような映像を作り上げた。東京国際映画祭アジアの未来部門で、日本人監督初となるグランプリと監督賞をダブル受賞。

予告編・関連動画

僕の帰る場所

予告編

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

東京の小さなアパートに住むミャンマーからやって来た母ケイン(ケイン・ミャッ・トゥ)と幼い2人の兄弟カウン(カウン・ミャッ・トゥ)とテッ(テッ・ミャッ・ナイン)。入国管理局に捕まった夫アイセ(アイセ)に代わり、ケインは1人で家庭を支えていた。日本で育ち、母国語を話せない子どもたちに、慣れない日本語で一生懸命愛情を注ぐケイン。だが、父に会えないストレスから、兄弟は日々喧嘩を繰り返す。これからの生活に不安を抱いたケインは、次第にミャンマーに帰りたいという想いを募らせてゆくが……。

作品データ

映倫区分
G
製作年
2017年
製作国
日本=ミャンマー
配給
E.x.N
上映時間
98分

[c]E.x.N K.K. [c]キネマ旬報社

映画レビュー

4.0
  • rikoriko2255

    杉ちゃん

    4.0
    2019/2/24

     昨年の公開時に観に行くことができず、再上映を待っていた作品。

     東京国際映画祭でも高評価だったようですが、ミャンマー国籍の家族が日本とミャンマーとの間で、移民、在日外国人、生まれた国か育った国か等に悩まされる様子をまさにドキュメンタリーのように映像と描写で描いていました。

     特に家族の2人の子供は、演技とは全く思えないほど自然体で、あの是枝監督をも「超えた」演出に感動すら覚えました。

     ミャンマーに母親と帰ってからの長男(小学生)の心の揺れ動きが、刺さるように伝わってきて、家出のシーンの孤独感は映画館を後にしてからもしばらく残りました。

     きっとこの映画のような環境の家族はたくさんいるのではと思うと、もっと色々と知りたくなり・・・そんな影響力もある映画でした。

    違反報告