ヒトラーと戦った22日間:映画作品情報・あらすじ・評価|MOVIE WALKER PRESS 映画
MENU
ヒトラーと戦った22日間
ヒトラーと戦った22日間

ヒトラーと戦った22日間

2018年9月8日公開,118分
PG12
  • 上映館を探す

動画配信

評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

アウシュヴィッツと並ぶ絶滅収容所ソビボルで実際に起きた脱出劇を映画化。1943年10月14日。死の運命にあった数百人という収容者たちが、ソ連の軍人アレクサンドル・ペチェルスキーのもと、収容所を脱出。これまで歴史に隠されてきたその反乱の顛末を映し出す。監督・脚本・主演は「WANTED ウォンテッド」のコンスタンチン・ハベンスキー。共演は「ゴーストライダー2」のクリストファー・ランバート、「ゆれる人魚」のミハリーナ・オリシャンスカ、「バタリオン ロシア婦人決死隊 VS ドイツ軍」のマリヤ・コジェフニコワ。

フォトギャラリー

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

第二次世界大戦下。アウシュヴィッツと並ぶ絶滅収容所ソビボルでは、多くのユダヤ人が国籍や貧富の差関係なく列車で送り込まれ、ガス室で大量殺戮されていた。残った者には虐待と屈辱の日々が続く。だがそこに秘かに脱出を企てるグループがあった。彼らには強力なリーダーがいなかったが、1943年9月、ソ連の軍人でサーシャことアレクサンドル・ペチェルスキー(コンスタンチン・ハベンスキー)が収容者として移送されてくる。そんななか、彼と仲間たちは前代未聞の反乱を計画。それは収容者全員の脱出であった……。

作品データ

原題
СОБИБОР
映倫区分
PG12
製作年
2018年
製作国
ロシア=ドイツ=リトアニア=ポーランド
配給
ファインフィルムズ
上映時間
118分

[c] Cinema Production [c]キネマ旬報社

映画レビュー

4.0 /3件

まだレビューはありません。
レビューを投稿してみませんか?