METライブビューイング2018-19 ニコ・ミューリー「マーニー」|MOVIE WALKER PRESS
MENU
  • 映画TOP
  • 作品情報
  • METライブビューイング2018-19 ニコ・ミューリー「マーニー」

METライブビューイング2018-19 ニコ・ミューリー「マーニー」

2019年1月18日公開,175分
  • 上映館を探す

評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

ニューヨーク・メトロポリタン歌劇場のオペラ公演を上映するシリーズの一作。ヒッチコックも映画化したウィンストン・グレアム原作による心理サスペンスを鬼才ニコ・ミューリーがオペラ化。盗みを繰り返す謎の美女マーニーが抱える精神的なトラウマとは……。出演は「METライブビューイング 2014-2015 ロッシーニ《セヴィリャの理髪師》」のイザベル・レナード、クリストファー・モルトマン、「METライブビューイング2017-18 トーマス・アデス《皆殺しの天使》」のイェスティン・デイヴィーズ、「METライブビューイング2010-2011 アダムズ《ニクソン・イン・チャイナ》」のジャニス・ケリー。演出は「METライブビューイング2012-2013 ヴェルディ《リゴレット》」のマイケル・メイヤー。2018年11月10日の舞台を収録。

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

1959年イングランド。謎の美女マーニー・エドガー(イザベル・レナード)に惹かれたハルシオン印刷の社長マーク・ラトランド(クリストファー・モルトマン)は、彼女の盗癖を承知で雇い入れる。だがある日、マーニーは会社の金庫から金を盗み、姿を消してしまう。マークは彼女を探し出して強引に結婚するが、マーニーは心を開かず、新婚旅行でもマークに指一本触れさせない。そんななか、彼女が精神的なトラウマを抱えていることに気づいたマークは、マーニーの身辺を探らせる。マーニーには一人暮らしの母親(デニース・グレイヴス)がいたが、実はその母親には男性を殺した過去があった……。

作品データ

原題
NICO MUHLY - MARNIE
製作年
2018年
製作国
アメリカ
配給
松竹
上映時間
175分

[c]キネマ旬報社

まだレビューはありません。
レビューを投稿してみませんか?