ぼけますから、よろしくお願いします。:映画作品情報・あらすじ・評価|MOVIE WALKER PRESS
MENU
ぼけますから、よろしくお願いします。

ぼけますから、よろしくお願いします。

2018年11月3日公開,102分
  • 上映館を探す

動画配信

評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

数々のテレビドキュメンタリーを手がけてきた信友直子監督が、自らの両親の老老介護を娘である「私」の視点から丹念に見つめる劇場映画初監督作。2014年、80代後半の母がアルツハイマー型認知症と診断され、90歳を超えた父が母の介護をする日々が始まった……。プロデューサーは「園子温という生きもの」の大島新と「放送禁止 劇場版 密着68日 復讐執行人」の濱潤。撮影・ナレーションを信友直子監督が兼任する。

日曜21時はおうち映画館!名作とつながる「W座からの招待状」の魅力

衝撃作『新聞記者』テレビ初放送!「W座」とは? PR

WOWOWが映画ファンに必見作を毎週お届けする「W座からの招待状」。7月は映画賞総なめの『新聞記者』などをテレビ初放送!多彩なインタビューやコラムと共に、作品の裏側までじっくり堪能しよう。

予告編・関連動画

ぼけますから、よろしくお願いします。

予告編

2018/8/24(金)公開

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

広島県呉市で生まれ育った「私」(信友直子)は、ドキュメンタリー制作に携わるテレビディレクター。18歳で大学進学のために上京して以来、40年近く東京暮らしを続けている。一人っ子の娘が、故郷を離れ結婚もせず好きな仕事に没頭している姿を、両親は文句も言わずに遠くから見守っていた。だが45歳の時に「私」は乳がんを発症、母は上京して不安な「私」に寄り添いながら看病を続ける。めそめそしてばかりの娘を、母がユーモアたっぷりの愛情で支える姿は、セルフドキュメンタリー『おっぱいと東京タワー~私の乳がん日記』として放送され、大きな反響を呼ぶ。その頃から「私」は、故郷の両親との思い出作りのために“家族の記録”を撮り始めるが、2013年頃から、撮ったテープの中に少しずつ母のほころびが見え出してくる。2014年、母はアルツハイマー型認知症と診断され、90歳を超え耳の遠い父が80代後半の母の介護をするようになる。「私」は実家に帰ることも考えるが、「(介護は)わしがやる。あんたはあんたの仕事をせい」という父の言葉に思い留まる。そして「私」は、この両親の記録を撮ることが自分の使命だと思い始める……。

作品データ

映倫区分
G
製作年
2018年
製作国
日本
配給
ネツゲン(配給協力:ポレポレ東中野)
上映時間
102分
製作会社
ネツゲン=フジテレビ=関西テレビ

[c]2018「ぼけますから、よろしくお願いします。」製作・配給委員会 [c]キネマ旬報社

映画レビュー

5.0

まだレビューはありません。
レビューを投稿してみませんか?