楽園|MOVIE WALKER PRESS
MENU

楽園

2019年10月18日公開,129分
  • 上映館を探す

動画配信

評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

『悪人』『怒り』などの作品で知られるベストセラー作家・吉田修一の短編集「犯罪小説集」を、『64-ロクヨン-』『友罪』の瀬々敬久による監督・脚本で映画化したサスペンス。未解決の少女失踪事件から12年、再び惨劇に見舞われる地方都市で容疑者となる青年役に綾野剛、失踪した少女の親友として心に傷を負ったまま成長した女性に杉咲花、事件が起きたY字路に続く集落で孤立を深めていく男を佐藤浩市が演じる。

衝撃のサスペンス大作の深層に迫る『楽園』特集

衝撃のサスペンス大作の深層に迫る『楽園』特集 PR

ベストセラー作家・吉田修一の小説「犯罪小説集」を瀬々敬久が監督・脚本を手掛けて映画化し綾野剛、杉咲花、佐藤浩市らが顔をそろえた本作の魅力に迫る!

予告編・関連動画

楽園

予告編

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

ある地方都市のY字路で少女の失踪事件が発生。事件の直前まで被害者と一緒にいた親友の紡は、深い罪悪感を抱える。それから12年が経ったある日、彼女は事件の日に町にいた孤独な青年・豪士と出会う。距離を縮めていく2人だったが、再びY字路で少女が失踪し、疑いの目は豪士に向けられる。一方、事件が起きたY字路の先で暮らす養蜂家の善次郎は、ある事情から村八分にされ孤立していく。

作品データ

映倫区分
G
製作年
2019年
製作国
日本
配給
KADOKAWA
上映時間
129分

[c] 2019「楽園」製作委員会 [c]キネマ旬報社

関連記事

映画レビュー

3.3
  • rikoriko2255

    ヤス

    3.0
    2019/11/2

    「怒り」と同じ作者の作品ということで、両作品とも原作は読んでいませんでいたが、「怒り」が良かったので、この作品も期待して観に行きました。 しかし、原作を読んでいないので、原作と映画の違いも分からなかったのですが、何よりも、映画では何を伝えたかったのか、分かりませんでした。話は、最近ニュースにもなるような世の中の問題点にスポットを当てているのは分かるのですが、映像化することで、何を伝えたかったのかが、私には伝わりませんでした。 綾野剛さんは、この手のキャラクターをやらせたら、今、一番上手いのかなと感じたくらいです。

    続きを読む + 閉じる -
    違反報告
  • rikoriko2255

    杉ちゃん

    4.0
    2019/10/29

     「怒り」や「悪人」の吉田修一の短編小説2編を「64-ロクヨンー」最近では「菊とギロチン」の瀬々敬久監督がひとつにまとめて映画化!  話は、少女失踪事件、その事件に関わった人々、集落で村八分により孤立して、精神を病んでいく男を中心に徐々にそれらが繋がっていく様が描かれていました。  正直、つらい話ばかりなので、はじめは好奇心でストーリーの展開をワクワクして観ていましたが、最後の方は、辛くて辛くてしょうがありませんでした。  昔から「村八分」が何よりも残酷ないじめ・・・と言われています。特に集落などで受けたら想像を超えるつらさだと思います。  映画の中に描かれているいくつもの「事件」は、聞いたことがある事件でしたが、実際に新聞やニュースでは事件の状況と真相は一部の情報から報道していることが多いと思います。  この映画のように、実際は様々な事情があるのだと思うと、簡単に事件について語れなくなるような・・・そんな気持ちで劇場を後にしました。  最後に、綾野剛、佐藤浩市、柄本明、黒沢あすか、杉咲花・・・皆さんとても上手で、おかげで映画に入り込めました!

    続きを読む + 閉じる -
    違反報告
  • rikoriko2255

    コージィ

    4.0
    2019/10/22

    幼なじみが行方不明になり、「自分だけ幸せになっちゃいけない」と暗示にかかっている少女・紡を演じる、杉咲花が素晴らしい。 登場人物が全てトラウマもちの、半分犯罪者。 限界集落で余所者を排除し、疑心暗鬼で常に魔女狩り対象を探すクセのついた闇の住民と化した村人たち。 漫画原作『デビルマン』で、美樹ちゃんの首を突き刺して歩く市民を思い出しました。 そんなこんなで、困ったことに、殺人事件の犯人側に感情移入してしまいました。 津山30人殺しのように、村人を叩っ斬ったときには、「よし、よくやった!」と心の中で喝采しそうに。 あぶない、あぶない。 闇落ちするところだった。

    続きを読む + 閉じる -
    違反報告
  • rikoriko2255

    shiron56158431

    5.0
    2019/10/5

    ファーストシーンの、美しく揃いすぎている水田から引き込まれました。(俯瞰の空撮から始まる映画が好きなので嬉しい) てっきりY字路の物語だと思っていたので、途中から善次郎が出てきて、なんだかテーマが分散したイメージでしたが、 エンドロールを見たら、二つの短編の映画化だったのですね。失礼しました。σ^_^; それを踏まえて見たほうが良いかもしれません。 あえて二つの短編を絡めたことで浮かび上がるのは、閉ざされたコミュニティ。 人々の距離が近くて、皆んなが知り合い。 そんな中で起きた未解決の事件は、誰だか得体の知れない者が村に入り込んだという恐怖で、村人達を疑心暗鬼にしてゆく… 村の顔役達は、面倒見が良くて頼れる存在だが、誰も彼らには逆らえない… 暴走してゆく村人達には集団の狂気を感じますが、 自然豊かな農村に限らず、都会でも学校や職場という閉ざされた社会の中では同じ事が起きているのではないでしょうか? 息苦しさから、若者たちが外へ出て行ってしまうのも分かる気がするし、一度狂った歯車から逃れられずに自滅してしまうよりは、新たな世界で一歩を踏み出す方が良い時もある。 ただ、私も故郷から離れた人間なので、すごく久子のセリフに共感出来るのですが 若い頃は嫌っていた筈の街並みが、気づくと自分の大切な場所になっていたりする。 それだけ歳を取ったという事なのでしょうが、故郷とはまったく厄介な場所です。 綾野剛が難しい役どころを演じきっていて、見応えがありました。 柄本明の村の世話役っぷりがイイ。 揉め事の仲裁も慣れたもんで、普段は何でも任せて安心な親分肌だろうに… 大人気なく紡を責め立てる言葉には、やり場のない怒りと悲しみを感じました。 ご本人には不本意かもしれませんが、根岸季衣さんとの夫婦のシーンが角替和枝さんとダブって、小さな呟きに胸が締めつけられました。 実は今まで、佐藤浩市さんの熱い演技が苦手だったのですが、今回は枯れた感じが相まってとても良かったです(T_T) 体を張った熱い演技に釘付けでした。 『楽園』はどこかにあるものではなく、自分で作るもの。 辛いながらもこれから楽園を作っていく者と、楽園に囚われた者の対比となっていて、この二作の短編をまとめた意味がわかった気がしました。

    続きを読む + 閉じる -
    違反報告