何がジェーンに起ったか?|MOVIE WALKER PRESS
MENU

何がジェーンに起ったか?

1963年4月27日公開,134分
  • 上映館を探す

動画配信

  • amazon-prime

評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

ヘンリー・ファレルの原作をルーカス・ヘラーが脚色し「ガン・ファイター」のロバート・アルドリッチが監督したサスペンス・ドラマ。撮影は「風と共に去りぬ」のアーネスト・ホーラー、音楽はフランク・デヴォール。出演者は久しぶりのベティ・デイヴィスとジョーン・クローフォード、新人ヴィクター・ブオノなど。

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

ジェーン・ハドスン(ベティ・デイヴィス)は6歳の時から名子役として、その芸達者をうたわれ、ベビイ・ジェーンの芸名で稼ぎまくっていた。やがて年が経った。ジェーンは子役としての魅力を失い、代わりに姉のブランチ(ジョーン・クローフォード)が美しいスターになった。彼女が人気絶頂の時、突然の自動車事故で生涯不具の身となった。が、一緒に乗っていたはずのジェーンはかすり傷ひとつさえも負わなかった。年月が経った。2人は古屋敷に孤独の生活を続けていた。その孤独を破るのは、掃除婦だけだった。ジェーンの次第に度を越してくる異常な行動や飲酒癖は、ブランチを極度の不安に陥れた。ある日、ジェーンは、突然カムバックを夢見て少女時代そのままの舞台衣装を注文した。ブランチは、ジェーンの異常を察知し、助けを求めようと不自由な身体で電話をかけようとしたが、ジェーンに見つかり、部屋に監禁された。そしてジェーンは、ブランチを助けようとした掃除婦をハンマーで殴り殺してしまった。夜明け、ジェーンはブランチを連れて逃亡を図り、やがて海岸にたどり着いた。今やすっかり童心に帰ってしまったジェーンは、死にかけているブランチの横で砂遊びを始める。ブランチは最後になって初めて告白した。少女時代、妹ジェーンの影に育ったブランチは、自分が映画スターになってもその復讐を忘れず、彼女を不具にしようと自動車事故を起こしたのだ、と。2人の関係は完全に逆転した。アイスクリームを買うために売店に行ったジェーンはついに警察に見つかる。しかし彼女の狂った心は6歳のベビィ・ジェーンとなり、周囲の野次馬たちに向かって、最高の演技を披露するのだった。

作品データ

原題
What ever happened to Baby Jane
製作年
1962年
製作国
アメリカ
配給
ワーナー・ブラザース
上映時間
134分

[c]キネマ旬報社

まだレビューはありません。
レビューを投稿してみませんか?