永遠の門 ゴッホの見た未来|MOVIE WALKER PRESS
MENU

永遠の門 ゴッホの見た未来

2019年11月8日公開,111分
  • 上映館を探す

動画配信

評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

ウィレム・デフォーが孤高の画家ゴッホを演じ第75回ヴェネチア国際映画祭男優賞を受賞した伝記ドラマ。幼い頃から精神に病を抱え周囲と人間関係を築けず常に孤独の中にあったゴッホ。誰にも理解されずとも筆を握り続けた彼が人生を通じ見つめたものとは……。「潜水服は蝶の夢を見る」で第60回カンヌ国際映画祭監督賞、第65回ゴールデングローブ賞監督賞を受賞したほか、新表現主義の画家としても著名なジュリアン・シュナーベル監督が、ポスト印象派を代表するフィンセント・ファン・ゴッホの強烈な人生を描く。ウィレム・デフォーは本作により第91回アカデミー賞主演男優賞にノミネートされた。

MovieWalker 第91回アカデミー賞特集

日本時間2月25日(現地時間2月24日)に実施される第91回アカデミー賞の授賞式に向け、Movie Walkerがお届けする「アカデミー賞特集」。ノミネート作品リストはもちろん、今年の注目ポイントや映画ライターによる受賞予想、アカデミー賞関連のニュースやコラムをたっぷりお届け!

予告編・関連動画

永遠の門 ゴッホの見た未来

予告編

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

フィンセント・ファン・ゴッホ(ウィレム・デフォー)は幼少期から精神に病を抱え、まともな人間関係を築けずに常に孤独の中にあった。そんな彼が唯一才能を認め合い、心の内をさらけ出すことのできたポール・ゴーギャン(オスカー・アイザック)と共同生活をはじめるが、それもゴッホが起こした事件により幕を閉じる。誰からも理解されずとも、自分が見た美しい世界を永遠に残そうと筆を握り続け、不器用なまでに芸術と向き合った孤高の画家ゴッホ。彼が自らの人生を通し、見つめたものとは……。

作品データ

原題
AT ETERNITY'S GATE
映倫区分
G
製作年
2018年
製作国
アメリカ=イギリス=フランス
配給
ギャガ=松竹
上映時間
111分

[c] Walk Home Productions LLC 2018 [c]キネマ旬報社

  • rikoriko2255

    みるみる

    3.0
    2021/5/25

    切なくて美しい作品でした。ゴッホの短く苦悩に満ちた人生とその時々の作風、弟やゴーギャン等の周りの人との関わりも絵を描くことでしか生きる意味を探せなかった必死さが伝わります。素描が見つかったのがつい最近なのは驚きました。
    精神疾患の有無や死の真相は今も意見が分かれるそうですが、彼が存在して作品を残してくれた事に感謝。ウィレム・デフォーは素晴らしかったです。

    違反報告
  • rikoriko2255

    元電気メーカー社員

    4.0
    2019/12/1

    ゴッホの作品と生涯について、美術鑑賞が趣味と言える位の予備知識がある人向きの映画。

    予備知識が少ないと、単に、エキセントリックな人を主人公にした、画像造りもちょっと変わったドラマ、にしか見えないかも? ゴッホ本人についてはもちろん、例えば、本作に登場する、ゴーギャンの作品やゴッホとの関係、生前の言動を、どの位知っているかで、映画の見え方が、随分違って来るだろうと思います。

    60代の ウィレム・デフォーが、30代のゴッホを演じても違和感があまりないのは、私達の、ゴッホに対するビジュアルイメージが、ゴッホ自身の描いた自画像だからでしょう。本作でのゴッホの顔造り(メイクなど)は、自画像をかなり意識して作り込まれているように見えました。

    その上で、60代で、顔に多くの皺が刻まれたウィレム・デフォーが、30代のゴッホを演じると、苦悩に苛まれ鬼気迫る、強烈な存在感が生まれるわけです。もちろん、役者の並外れた演技力があっての存在感ですが。

    ゴッホの晩年は確かに、今の医学の目から見れば、精神疾患だったのかも知れません。けれど、その医学の基準で、正常な人にしか、居場所が与えられない社会から、世界各国の民族衣装や、装飾品に刻まれた絵柄や造形は、生まれたでしょうか?

    (本作中で、ゴーギャンが、ゴッホの制作について、批判的に語っている内容が、そのまま、現代の目かラ見た、ゴッホの表現の斬新さの解説になっている脚本は見事)

    ゴッホの絵画は結果的に、近代西欧芸術の流れを変えた発火点の一つになりました。けれどその精神は、古今東西文化を創ってきた先人達の中で、異常と言えるのか? ひょっとしたら王道なのかも?

    そんなことをあれこれ考えさせる映画でしたが、終盤で「えー!!!」な展開。確かに映画を見た後ネットで調べたら、ゴッホの生涯については近年、通説をひっくり返しかねない研究成果も出ているようです。

    ゴッホは確かに、近代社会の枠組みの中では「病んだ」人だったけれど、記録に残る言動や、作品に、自死を示唆する兆候は見られなかったという研究報告を、私も聞いたことがあります。

    違反報告
  • rikoriko2255

    Sibyl

    3.0
    2019/11/15

    まるでドキュメンタリーを観ているような説得力のある映像で、きっとこれが事実に近いのだろうなと感じました。
    天才と狂人は紙一重。まさにゴッホはそういう人だったのだろうなと。

    それにしても、弟テオがいなかったらとっくに野垂れ死んでるよね。

    違反報告
  • rikoriko2255

    tom

    3.0
    2019/11/14

    ゴッホのことを知っているようで
    よく知らなかったことも多く。
    有名な作品もよく知っているようで
    描き方、画風、筆のタッチまでは
    よく知らなかった。
    どうしても孤高の芸術家として
    生きざるを得なかったゴッホ。
    ゴッホの生き様を肌で感じることが出来たのは、
    ウィレム・デフォーがゴッホを落ち着いて静かに
    演じ切ってくれたからでしょう。

    違反報告
  • rikoriko2255

    コージィ

    3.0
    2019/11/9

    ウィレム・デフォーが、自画像や、ゴーギャンの残した人物画にあるゴッホとイメージそっくりすぎ。
    熱演しすぎて、本当に狂ったんじゃないかと思わせてくれました。

    丁寧な作りではあるものの、引きつける演出すら抑えてしまっていて。

    時々「ゴッホ自身の目でどう見えているか」のカメラワークが入るのですが、ソフトフォーカスや下半分すりガラス状エフェクトが入り、さらに手ブレ。
    こんなん、酔うわ。

    そして、自問自答の多さ…しかも普段は無口で、突然ぶつぶつ意味不明なことを独り言で呟くので、会話が成立するゴーギャンが登場するまで眠くて眠くて。
    少し寝落ちたりもしましたわ。

    違反報告
  • rikoriko2255

    3.9
    2019/11/8

    眩しくて美しいゴッホの見る世界が見れる。

    違反報告
  • rikoriko2255

    toyono2010

    4.0
    2019/11/1

    ゴッホの自画像まんまのウィレムデフォーに驚き!
    芸術家らしい何かに取り憑かれたようなオーラとその演技に鳥肌が立ちました。真摯に芸術に向き合う姿が良く描かれていて感動的。
    他、ゴッホが見たであろう美しい風景とピアノ曲が印象的な、野外スケッチのシーンがとても良かったです。

    違反報告
  • rikoriko2255

    4.0
    2019/9/26

    この監督は、多方面で活躍する芸術家だそうで、映像が凄く独創的。
    横に倒して居たり、人物のアップが見切れていたり、映像の下の方が潤んでいる。
    それは、フィンセントの目で見ている世界そのものだからなんだな。
    走れば揺れるし、ちょっと酔いそうになる。
    その映像は彼らしい。
    対照的に、木々や、空の映像はとても美しい。

    Dafoeはカメレオンっぷりを発揮し、あそれはもう、壊れそうに不器用で繊細なフィンセント・ファン・ゴッホを演じている。
    弟に抱きしめられて眠ったり、友を何とか引き留めようと画策したり。
    人から言われたことに真剣に動揺したり。

    それでも、何より、絵を描かずにはいられない。ただそれだけが望みで。絵に描きたい風景や人物を見つけた時の一直線な行動や、幸せそうな笑顔は、たまらない。

    彼の人生は色々表現されてきていて、それらとすり合わされながら脳に入ってきた。
    そのフィンセント・ファン・ゴッホも、愛おしい感じ。

    彼のラストの解釈は監督の信じたラストなのかな・・
    以前見た映画では、不確かながら、逆の説を支持している感じだった。

    彼の未来である現在。画家として、不動のトップ陣の中に居るフィンセント・ファン・ゴッホ。
    芸術家は生きている間は不遇が多いけど、彼は正しくそう言う人生で、それでも彼は不幸では無かった・・と言う事を描いて居ると監督は言っていた。

    続きを読む + 閉じる -
    ネタバレあり
    違反報告