永遠の門 ゴッホの見た未来:映画作品情報・あらすじ・評価|MOVIE WALKER PRESS 映画
MENU
永遠の門 ゴッホの見た未来

永遠の門 ゴッホの見た未来

2019年11月8日公開,111分
  • 上映館を探す

動画配信

評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

ウィレム・デフォーが孤高の画家ゴッホを演じ第75回ヴェネチア国際映画祭男優賞を受賞した伝記ドラマ。幼い頃から精神に病を抱え周囲と人間関係を築けず常に孤独の中にあったゴッホ。誰にも理解されずとも筆を握り続けた彼が人生を通じ見つめたものとは……。「潜水服は蝶の夢を見る」で第60回カンヌ国際映画祭監督賞、第65回ゴールデングローブ賞監督賞を受賞したほか、新表現主義の画家としても著名なジュリアン・シュナーベル監督が、ポスト印象派を代表するフィンセント・ファン・ゴッホの強烈な人生を描く。ウィレム・デフォーは本作により第91回アカデミー賞主演男優賞にノミネートされた。

MovieWalker 第91回アカデミー賞特集

MovieWalker 第91回アカデミー賞特集

日本時間2月25日(現地時間2月24日)に実施される第91回アカデミー賞の授賞式に向け、Movie Walkerがお届けする「アカデミー賞特集」。ノミネート作品リストはもちろん、今年の注目ポイントや映画ライターによる受賞予想、アカデミー賞関連のニュースやコラムをたっぷりお届け!

予告編・関連動画

永遠の門 ゴッホの見た未来

予告編

2019/5/14(火)更新

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

フィンセント・ファン・ゴッホ(ウィレム・デフォー)は幼少期から精神に病を抱え、まともな人間関係を築けずに常に孤独の中にあった。そんな彼が唯一才能を認め合い、心の内をさらけ出すことのできたポール・ゴーギャン(オスカー・アイザック)と共同生活をはじめるが、それもゴッホが起こした事件により幕を閉じる。誰からも理解されずとも、自分が見た美しい世界を永遠に残そうと筆を握り続け、不器用なまでに芸術と向き合った孤高の画家ゴッホ。彼が自らの人生を通し、見つめたものとは……。

作品データ

原題
AT ETERNITY'S GATE
映倫区分
G
製作年
2018年
製作国
アメリカ=イギリス=フランス
配給
ギャガ=松竹
上映時間
111分

[c] Walk Home Productions LLC 2018 [c]キネマ旬報社

映画レビュー

3.4 /23件

まだレビューはありません。
レビューを投稿してみませんか?