コンフィデンスマンJPのレビュー・感想・ネタバレ・評価|MOVIE WALKER PRESS
MENU

コンフィデンスマンJPのレビュー・感想・ネタバレ・評価

2019年5月17日公開,116分

ユーザーレビュー

3.8
  • フジ三太郎

    3
    2020/7/23

    地上波初放映で初鑑賞。それが三浦君の訃報の日で。
    前半は彼のためにあるとしか思えない。脚本古沢氏も、三浦扮するジェシーを「超魅力的」と表現する、完璧な演技。冒頭のNY回想場面からして目に焼き付けてしまう。
    コンフィデンスマンシリーズはドラマ含め初めて見るが、古沢氏お得意の大量の登場人物が絡んで二転三転。欲を言えば、2つの陣営が争う形にして欲しかったが、誰が裏切って別なグループを作るか分からない展開で、作り手側もそれを意図しているらしい。個人的には前半終わりの「スティング」的な場面で終わってくれた方が良かった。
    批判する人もいるが、コンゲーム映画なんて、「スティング」もそうだったが、ご都合主義ですよ。見て面白い、意表を突かれたと楽しんだもの勝ち。くれぐれもネタばれ注意。
    つくづく三浦春馬は惜しいことをした。日本のジュード・ロウ的なポジションだったが、夭逝により、カンフーのない、ブルース・リーとなった。世界にはばたく直前の死。この作品と次回作で彼は永遠に生きている。 合掌。

    続きを読む + 閉じる -
    違反報告
  • お水汲み当番

    2
    2020/7/19

    これはひどい映画。
    予告編だけ観てれば良かった、そんな作品でした。

    ストーリーは糸がもつれてこんがらがり、最後には「大量の偶然+後講釈」のお蔭をもって、なんとかまとめてはいるけれど、だから何っていう感じ。
    まったく爽快感がなく、ニセモノ感が半端ない映画でした。

    ターゲットに据えた「世界でも指折りのダイヤモンド」って小道具にしても、夜店のパチ物にしか見えません。
    第一、詐欺師のお話のはずなのに、これじゃ、泥棒じゃん。

    生活圏の狭いテレビマンたちが、自分の手の届く範囲内だけでお手軽にキャスティングし、チャチャチャと作った矮小作で、こんなの恥ずかしくて、特に海外の人には見せられないシロモノだと思いました。

    とりわけ東出昌大のセリフ棒読み感が半端なく、他の芸達者な、たとえば長澤まさみや小日向文世などレベルの高い演技者の横にいて、違和感がすざまじかったです。

    ※告知※ 今後、私のレビューは「映画コム」のほうに順次移行し、ムービーウォーカーに書いていたものは、移行終了後に削除することにしております。ご了承ください。

    続きを読む + 閉じる -
    違反報告
  • 矢口渡

    4
    2020/1/10

    面白い映画。そもそもテレビシリーズで勿体無いと思っていたが、映画でやってくれました。理由は、ストーリーと演技陣。ストーリーは古沢良太の脚本に尽きるかも。それを小出しにしながら、前半にヒントを撒いて、騙す。小気味がいい。また、演技陣もダー子、ぼくちゃん、リチャードとキャラを立てた3人。また、ゲストの竹内結子、三浦春馬、江口洋介らが好演技。楽しさ倍増。ジャパニーズ お洒落コメディ。笑わせ、泣かせ、ハラハラさせ、騙され、いい映画でした。

    続きを読む + 閉じる -
    違反報告
  • 6inc

    5
    2019/7/20

    公開ギリでなんとか時間をつけて行った甲斐がありました!とにかく期待通りの面白さ!!ドラマ版を集約した傑作です。降板もしかして・・・と若干トリックが分かってしまう感じでしたがダー子が可愛いのでチャラですwww

    続きを読む + 閉じる -
    違反報告
  • Movie Walkerユーザー

    1
    2019/7/8

    評価もいいし、観たいけど、
    他に気に入っている上映作品を、何回か見ていて、、
    ちょうど、主人と時間が会うので、観ました。
    何故か、感動せず、最悪の評価になります。
    でも、子供が見るには、大丈夫だと
    思います。その点だけは、評価します。

    続きを読む + 閉じる -
    違反報告
  • Movie Walkerユーザー

    4
    2019/6/19

    期待通りでした。
    ドラマから大好きだったので、スケールが大きくなり、見応えがありました。
    見終わったあとはスカッとします。

    続きを読む + 閉じる -
    違反報告
  • 秋楡

    4
    2019/6/13

    安定の面白さ。
    2時間あるので後半までが長く感じ
    連ドラを見ていない人が突然映画だけ見たら
    なにこのつまらなさ…と飽きてしまう恐れもありそうな。でも後半部分に突入したらたちまちジェットコースタームービー!見終わった時はスカッとすると思います。

    続きを読む + 閉じる -
    違反報告
  • Movie Walkerユーザー

    5
    2019/6/6

    見事に騙されました。でも面白い。
    ダー子最高です。映画館の大画面で、大勢で見るのも楽しいです。
    映画第2段も期待したいと思います。

    続きを読む + 閉じる -
    違反報告
  • コージィ

    3
    2019/6/5

    『オーシャンズ』シリーズのように、「実はこうでした」という種明かしが肝だと思う。
    その辺の仕込みは、実に楽しい。
    逆転につぐ逆転は、脚本的に面白かった。

    ただ、演出的にわざとやっているのは理解してるんだけど、誇張したキャラの演技が、個人的に苦手系。
    決して役者が下手なわけではない。

    ここがテレビ版にはまれなかった理由だったことを思い出しました。
    そう、フジテレビの昔の栄光を追ったような、バブリーで鼻につく演出が、どうにも引っかかっちゃって、

    続きを読む + 閉じる -
    違反報告
  • 門倉カド

    5
    2019/6/1

    【賛否両論チェック】
    賛:ヒロイン達の計画の下、先の読めない騙し騙され合いに、どう頑張っても痛快に騙されてしまう。主題歌や挿入歌も世界観に合っていてステキ。
    否:テレビ版の知識は、あった方がより楽しめそう。ストーリーもよくよく考えてしまうと、ツッコみどころが多々あるか。

     本作単体でも充分楽しめますが、テレビ版の登場人物達も多数登場しますので、やはり予備知識はあった方がイイかも知れません。
     香港マフィアの女帝ラン・リウを騙すため、あの手この手で信用詐欺を仕掛けていくダー子と仲間達。そしてそんなダー子の過去を知り、同じ獲物を狙い暗躍する恋愛詐欺師・ジェシー。果たして最後に笑うのは誰なのか。二転三転する予想外のストーリーには、分かっていても痛快に騙されてしまうこと請け合いです。
     また、Official髭男dismの「Pretender」や「ノーダウト」も、作品の世界観に見事にマッチしていて、とってもステキです。
     ツッコみどころは勿論ありますが、沢山笑って楽しめるコンフィデンスマン・ムービーです。どうかエンドロールの最後までお見逃しのないように(笑)。

    続きを読む + 閉じる -
    違反報告
1/2

関連記事