僕たちは希望という名の列車に乗った|MOVIE WALKER PRESS
MENU

僕たちは希望という名の列車に乗った

2019年5月17日公開,111分
PG12
  • 上映館を探す

動画配信

評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

「アイヒマンを追え! ナチスがもっとも畏れた男」のラース・クラウメ監督による、史実に基づく人間ドラマ。1956年、冷戦下の東ドイツ。ハンガリー動乱を知った高校生たちが行った黙祷が反逆行為として国家機関の目に留まり、政治的弾圧へと発展していく。事件の当事者となった19人の生徒のひとり、ディートリッヒ・ガルスカが自身の体験を記したノンフィクションを下地にしている。

予告編・関連動画

僕たちは希望という名の列車に乗った

予告編

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

冷戦が続く1956年。東ドイツのスターリンシュタット(現在のアイゼンヒュッテンシュタット)にある高校に通うテオとクルトは、西ベルリンの映画館でハンガリーの民衆蜂起を伝えるニュース映像を目にする。ソ連の支配に反発したハンガリー市民数千人が死亡したといわれ、テオとクルトは級友たちに呼びかけ、授業中に2分間の黙祷を行う。自由を求めるハンガリー市民に共感した彼らのこの行為は純粋な哀悼であったが、ソ連の影響下にある東ドイツにおいて社会主義国家への反逆行為とみなされ、当局の調査が入り、人民教育相自ら生徒たちに一週間以内に首謀者を明かすよう宣告。大切な仲間を密告してエリート街道を進むか、信念を貫き進学を諦めて労働者として生きるか、生徒たちは人生を左右する大きな決断を迫られる。

作品データ

原題
DAS SCHWEIGENDE KLASSENZIMMER
映倫区分
PG12
製作年
2018年
製作国
ドイツ
配給
アルバトロス・フィルム=クロックワークス
上映時間
111分

[c]2018 ZDF/ Logos: akzente, zero one, Studiocanal und Wunderwerk [c]キネマ旬報社

映画レビュー

3.4
  • rikoriko2255

    紙虫

    4.0
    2019/10/8

    【映画館】最終上映日、このままのがすとDVDになるまで見られなくなるところをなんとか鑑賞。1956年東ドイツ、ファシズムの幽霊と共産主義の狭間で青年たちは苦悩する。保身、密告、正義、信念、彼らの親たちも悩んだであろう弾圧の恐怖の中、自分たちの未来を選択しなければならない。ストーリーだけを追うなら感動的な映画、となるが、もし自分ならと思った時、観客は崖っぷちに追い詰められる。

    続きを読む + 閉じる -
    違反報告
  • rikoriko2255

    seapoint

    3.0
    2019/5/25

    なんだかドイツの日本に劣らぬ気真面目さはなち、ゲシュタポ、東西ドイツ、監視、制圧、密告に関係していなくもない気がする。 権力による制圧なんて理不尽極まりない行為であり、そこから何も生まれない。黙祷2分。たかが2分、されど2分、この2分がなんとも長いしまさか自分たちの人生を左右するとは露ほども思わなかっただろう。 上に立つ者の固執した考え。器の小ささとうかこちら側も引くに引けなくなったのだろう。事態があそこまで悪化するなんて。仲間を裏切るとか将来を棒に振るとか、若き者たちは大いに戸惑い、苦しむ。将来の光、希望というものを信じる若者は権力に反発するのである。彼らのエネルギーは満ち溢れ、大きな力になる。 中盤まで中だるみがあったが、終盤から個々の葛藤と決断、そして親子の関係深さに感動すら覚える。 時代、社会情勢、国民性も異なるけれど我が日本は言われるがまま、成すがまま、何一つ躍起になることがない。当然、扱いやすい国民となり、海外からは世界のATMとしか思われなくなっているだろう。

    続きを読む + 閉じる -
    違反報告
  • rikoriko2255

    杉ちゃん

    4.0
    2019/5/25

     ベルリンの壁ができる前、1956年の東ドイツが舞台で、実際に起きた事件が基になっています。  高校生テオとクルトは、西ドイツの映画館でソ連の支配に反発するハンガリーの民衆蜂起のニュース映像を偶然目にして、自由を求めて犠牲となった多くの人に感銘を受けたクルトは、級友たちに呼びかけ、授業開始と同時に2分間の黙祷を行います。そのことが、やがて国家を揺るがす大事件に発展して・・・といったストーリー。  高校生ならではの「好奇心」と「熱さ」が起こした行動(黙祷)に何の疑問も持ちませんでしたが、そのことが、こんな大げさな事件になって、傷つけ合う人間たちにただただ残念で、そして、悲しくてしょうがありません。  それでも、境地から「希望という名の列車」に乗るまでの高校生たちの友情と絆、そして何より行動力の凄さに感動しました。  ラストの黙祷の首謀者を明確させられるシーンが、ピーター・ウェラー監督、ロビン・ウイリアムス主演の名作「いまを生きる」のラストシーンにそっくりだったのですが、「想い」の伝わりが薄く、感動の涙が流れることありませんでした。  ラストの後、皆がどうなったのか、説明が少なく、せめて、テオとクルトは会うことができたのかは知りたかったです!

    続きを読む + 閉じる -
    違反報告
  • rikoriko2255

    3.0
    2019/5/24

    ドイツだけじゃ無く、世界中にとって大きな悲劇だった第二次世界大戦後。 西ドイツと東ドイツの二分は、住人にとっては大きな悲劇だったでしょうね。沢山の悲劇を生んだ。 ナチス物の映画はも、以前は、ヒトラーが破れ、米国やソ連の兵が行軍し、助かった・・と言う感じで終わっていたけれど、最近では、その後の裁判やナチの残党の行く末、起きた出来事の解明・・を題材としたものが多くて。 そしてそれらもまた悲劇なのだけれど。 ナチスドイツは親の世代の負の歴史で。彼らは不自由を感じながらも、平和に生きている。そして親たちには負い目が有り、もしかしたら、その負い目が悲劇の始まりなのかもしれない。 政治が分かる訳じゃないので、何が正解かは解らない。 だけど、親や大人を尊敬したい子供たちを踏みにじる。それはとても悲しい。一人、正しくあろうとして居た彼が悲しい。戦後の悲劇。 日本は占領もされず、米国の恩恵を受けて高度成長した訳だけれど、もし違ったら、私たちの今は、全く違う風だったんだろうね。

    続きを読む + 閉じる -
    ネタバレあり
    違反報告