キングダム|MOVIE WALKER PRESS
MENU

キングダム

2019年4月19日公開,134分
  • 上映館を探す

週刊ヤングジャンプに連載中の原泰久の人気コミックを壮大なスケールで実写映画化した戦記ドラマ。春秋戦国時代の中国を舞台に、大将軍を目指す少年と中華統一を目指す王という2人の男が織りなす運命の物語が描かれる。山﨑賢人が大将軍を目指す青年・信を、吉沢亮が信の親友と弟への復讐を誓う元王の2役を演じる。

予告編・関連動画

キングダム

予告編

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

戦災孤児の信と漂は天下の大将軍になることを夢見て剣術の鍛錬を積んでいた。しかし、漂は王都の大臣に召し上げられて、別々の道を歩むことに。そんなある日、王宮でクーデターが勃発。傷を負った漂はなんとか信のいる納屋へ辿り着くが、地図と剣を信に託し、命を落とす。地図に記されていた小屋へ向かった信は、そこで漂そっくりの男と出会う。

スタッフ

佐藤信介

監督、脚本

黒岩勉

脚本

原泰久

脚本、原作

ONE OK ROCK

主題歌

北畠輝幸

製作

今村司

製作

市川南

製作

谷和男

製作

森田圭

製作

田中祐介

製作

小泉貴裕

製作

弓矢政法

製作

林誠

製作

山本浩

製作

本間道幸

製作

木下暢起

エグゼクティブプロデューサー

伊藤響

エグゼクティブプロデューサー

稗田晋

企画

村田千恵子

企画

松橋真三

プロデューサー

北島直明

プロデューサー

江森亮介

プロデューサー

平野宏治

プロデューサー

シャーリー・カオ

アソシエイトプロデューサー

小沢禎二

ラインプロデューサー

角田道明

中国ユニットラインプロデューサー

やまだ豊

音楽

千田耕平

音楽プロデューサー

河津太郎

撮影監督

斎藤岩男

美術監督

横野一氏工

録音

下村勇二

アクション監督

神谷誠

VFXスーパーバイザー

小坂一順

VFXスーパーバイザー

今井剛

編集

田口良子

スクリプター

宮本まさ江

衣裳デザイン

本田真理子

ヘアメイク

李相國

助監督

吉田信一郎

制作担当

濱崎林太郎

中国ユニット制作担当

島秀樹

撮影

小林仁

GAFFER

瀬下幸治

美術

秋田谷宣博

装飾

大屋哲男

テクニカルプロデューサー

齋藤精二

DIプロデューサー

藤原カクセイ

キャラクター特殊メイクデザイン、特殊造形統括

濱中尋吉

かつら

田島光二

コンセプチュアルデザイン

鶴間和幸

中国史監修

作品データ

映倫区分
G
製作年
2019年
製作国
日本
配給
東宝=ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント
上映時間
134分

[c]原泰久/集英社 [c]2019 映画「キングダム」製作委員会 [c]キネマ旬報社

動画配信

関連記事

映画レビュー

4.4
  • rikoriko2255

    May

    5.0
    2020/9/2

    漫画を見たことなかったので見に行こうと思いました。 それは予想を超える面白さでした。キングダムはこんなにも面白かったのかと驚かされました。主題歌とも世界観が合っており、ストーリー性もアクションシーンも素晴らしいの一言でした。 何より俳優陣や女優陣が豪華すぎる。「貴族が見る映画か、これは」と思いました。笑 余韻がすごかったです。 また、この頃学校で春秋戦国時代を世界史でやっていたでテストはよく覚えられた記憶があります笑

    続きを読む + 閉じる -
    違反報告
  • rikoriko2255

    お水汲み当番

    3.0
    2020/7/19

    舞台は古代中国ということで、それらしい風景のなかで撮影されているのですが、登場人物(特に主人公二人)のリアクションが実に現代人的で、興醒めします。 また、戦闘シーンで、敵は何千人も死ぬというのに、味方はぜんぜん死なないというのはいかがなものでしょうか。 なによりも興醒めなのが、劇画と同じテンポで独白が混じる戦闘シーンです。 時間軸がメチャクチャになり、間延びすることおびただしく、シラケてしまいました。 劇画なら、いいんですよ、この独白は。 読者は瞬時に読み進めるだけだから。 しかしこの山盛りの独白群をひとつひとつ映像にして見せてしまうと、どうしようもない間抜けな作品になってしまいます。 ってわけで、劇画と映画は時間軸がまったく違うのだから、もっといろんなシーンを放り込んで味を濃厚にしないと、観客をあくびさせてオシマイになるのにな、と残念でした。 ※告知※ 今後、私のレビューは「映画コム」のほうに順次移行し、ムービーウォーカーに書いていたものは、移行終了後に削除することにしております。ご了承ください。

    続きを読む + 閉じる -
    違反報告
  • rikoriko2255

    5.0
    2019/8/27

    中国春秋戦国時代を舞台にした原泰久のベストセラー漫画を山崎賢人主演で実写映画化。紀元前245年、春秋戦国時代の中華西方の秦の国。戦災孤児の少年・信と漂は天下の大将軍になることを目標に掲げ、日々の剣術の鍛錬に励んでいた。王都の大臣・昌文に召し上げられた漂が王宮へ入り、信と漂はそれぞれ別の道を歩むこととなる。

    続きを読む + 閉じる -
    ネタバレあり
    違反報告
  • rikoriko2255

    4.0
    2019/8/1

    アクションが凄かった

    続きを読む + 閉じる -
    違反報告
  • rikoriko2255

    3.0
    2019/6/30

    漫画に忠実で違和感なし。 最後まで楽しめました

    続きを読む + 閉じる -
    違反報告
  • rikoriko2255

    5.0
    2019/6/6

    スケールがすごい! 邦画も最近はすごい!

    続きを読む + 閉じる -
    違反報告
  • rikoriko2255

    5.0
    2019/5/28

    配役一人ひとりがとても原作のイメージにマッチし、そして、そして熱い!!! 多分上映して一ヶ月程度経過した今、既に5回観に行ってる理由はこの「熱量」なんだと思う。 アニメも「うん、まあ面白いよね」程度に好きでした。でも原作を読もうとまで思えなくて、そのまま映画を観に行ったんですが、もう大ハマリ(笑)。 結果現在原作本を揃えています^^ さて映画。 終わったあと、ワンオクの主題歌が流れる中、続いてサントラが流れる中、ひたすら余韻に浸ります。だって終わって欲しくないから! 映画のワンシーンワンシーンをエンドロールで思い起こすなんて、本当に久しぶり。 そんな思いにさせる映画、是非とも続編を! 次回の期待は恐らく「羌瘣」。 こじるりは好きだけど、彼女の演技をあまり知らなくて…プロの目で見て納得出来る配役をお願いしたいな。

    続きを読む + 閉じる -
    違反報告
  • rikoriko2255

    はんべ

    2.0
    2019/5/25

    原作では主人公の信は少年兵だからイタイ言動も年相応と思えましたが、24歳の山﨑賢人がそれをやるとただのチンピラです。 他の主人公と同年代の役もそうです。 脚本やセリフは役者の年相応に書き換えたら良かったのに。 予告を観たときから思っていた「これ中華資本でやったら良いのに」という意識が最後まで残りました。 予算の都合なのかどうしてもスケールが小さい。 ワイヤーアクションも広い外ではなく、狭い舞台でやるような内容で残念な感じでした。 王騎に大沢たかおを当てたのは面白かったですが、役に合う肉体改造をちゃんとやって欲しいです。 王騎が持つ迫力が全く無い。

    続きを読む + 閉じる -
    違反報告
  • rikoriko2255

    馬ザップん

    4.0
    2019/5/23

    日本映画では、スケールがデカイ。メリハリが出来ている。やさしさも消しているがいいな。とても良い出来です。

    続きを読む + 閉じる -
    違反報告
  • rikoriko2255

    門倉カド(映画コーディネーター)

    5.0
    2019/5/22

    【賛否両論チェック】 賛:予備知識は特段不要。信と嬴政の、死闘の果てに築かれていく絆や、そんな信の成長に、観ていて胸が熱くなる。壮大なスケールのアクションの数々も、観ていて圧巻の一言。主題歌もステキ。 否:敵を前にした緊迫したシーンで、長々と会話している辺りは、やや違和感が否めない。展開もかなりのご都合主義で、冷静に考えるとツッコみどころも多々あるか。  原作や歴史的な知識は、取り立てて不要です。むしろこの映画をきっかけに、中国史を改めて勉強してみたくなるかも知れません(笑)。  片や無鉄砲で向こう見ずだけれど、「天下の大将軍になる」という殺された友との夢を果たすために、己の運命を真正面から切り開いていこうとする信。そして片や志は違えど、人々の安寧のために中華統一をなさんと、リーダーとしての覚悟を新たにする嬴政。始めこそ違うものを見ていた2人が、共に死線をかいくぐっていくうちに、次第に固い絆で結ばれていく様は、観ていて非常にカッコイイです。 「剣が折れても!腕を失くしても!血を流し尽くしても耐えしのげ!!耐えしのげば俺達の勝ちだ!!!」 の演説には、心震えました。  アクションのスケールもまさに桁違い。圧倒的な兵力を擁し、君臨する敵を前に、信や嬴政達が繰り広げる死闘の数々には、思わずハラハラドキドキさせられっぱなしです。また、長澤まさみさん演じる楊端和率いる山の民や、大沢たかおさん演じる謎めいた王騎軍の存在等、ご都合主義な展開とはいえ、最後まで目が離せません。  主題歌であるONE OK ROCKの「Wasted Nights」も、壮大な世界観にピッタリです。アクション映画好きは言うに及ばず、主人公達の熱い熱い戦いを、皆さん是非お見逃しなく。

    続きを読む + 閉じる -
    違反報告
  • rikoriko2255

    5.0
    2019/5/13

    楊端和の長澤まさみが最高だった。

    続きを読む + 閉じる -
    違反報告
  • rikoriko2255

    4.0
    2019/5/5

    原作を知ってても面白かった。 キャストがはまってるものと、そうじゃないものはあるが、漫画とは別物としてみたらイイのかも。

    続きを読む + 閉じる -
    違反報告
  • rikoriko2255

    5.0
    2019/5/5

    原作を知らなくても楽しめます。ハリウッド映画さながらの迫力あるシーンが盛りだくさんで映画館の大画面のスクリーンで見るとさらに圧巻!出演者の方々の殺陣も最高に素晴らしく努力されたのだと思います。主演の山崎賢人さんがこんなに力強い演伎をされるとは知らなかったので良い俳優さんだと新発見でした。そして長澤まさみさんが美しすぎました笑 他にも坂口拓さん、本郷奏多さんが特に素晴らしく印象に残りました。 続編を期待せずにいられない作品なので楽しみにしてます。

    続きを読む + 閉じる -
    違反報告
  • rikoriko2255

    こすた

    5.0
    2019/5/5

    アニメから漫画に渡った原作ファンですが、十分満足できる出来で観終わってすぐに続編を観たいと思いました。冒頭の信と漂のシーンから引き込まれて最後まで楽しめました。 見所はやっぱりアクションシーンで、信と左慈やムタの対決シーンは何度も観たいと思わせます。そして中国ロケ地の咸陽のセットの大きさは、春秋戦国時代にタイムスリップしたようでした。山の民の根城のCGも思わず息をのむくらいよく描かれています。 時間の関係でやむを得ずと思いますが、個人的には、漂が嬴政の影武者として王騎軍に終われるシーンで隊を奮い立たせたところはもっと詳しく観たかったし、そのことを壁が信に語るシーンは原作のようにもっと英雄を語る感情が前面に出た感じで見せて欲しかったなと思います。それと山の民のバジオウの強さをランカイ戦でもっと観たかった。でも、こうした点も映画の出来の上では些細なことです。 そして何よりキャストが素晴らしい。山崎君もかなり体を絞って下僕の身である信を演じましたし、亮君は政そのものと思うほどに役になりきってました。環奈ちゃんの貂も原作どおり可愛いし、もっと生い立ちの時間があっても良かった。環奈ちゃんは女優の才能もあってすごく期待できる俳優になりそうです。大沢たかおさんもムキムキに鍛えた太い腕がまさに王騎そのものです。長澤さんの楊端和も美と武を備え持つこの役を出来るのは長澤さんしかいないと思いました。本当にスタイルいいと思います。本郷君の成蟜も憎たらしさ満点ですし、左慈の坂口さんの剣技は本当に早過ぎて見えません。ランカイより強いと思うので、順番変えたのは良かったと思います。 とにかく続編を観たい。何部作になってもいいのでずっと続いてほしいが、廉頗との戦までは映画化してほしい。羌瘣の役と剣舞の映像化に期待してその時を待ちたいと思います。

    続きを読む + 閉じる -
    ネタバレあり
    違反報告
  • rikoriko2255

    5.0
    2019/5/3

    最高に良かったです!吉沢さんの政がカッコ良すぎました!

    続きを読む + 閉じる -
    違反報告