キングダム|MOVIE WALKER PRESS
MENU

キングダム

2019年4月19日公開,134分
  • 上映館を探す

週刊ヤングジャンプに連載中の原泰久の人気コミックを壮大なスケールで実写映画化した戦記ドラマ。春秋戦国時代の中国を舞台に、大将軍を目指す少年と中華統一を目指す王という2人の男が織りなす運命の物語が描かれる。山﨑賢人が大将軍を目指す青年・信を、吉沢亮が信の親友と弟への復讐を誓う元王の2役を演じる。

予告編・関連動画

キングダム

予告編

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

戦災孤児の信と漂は天下の大将軍になることを夢見て剣術の鍛錬を積んでいた。しかし、漂は王都の大臣に召し上げられて、別々の道を歩むことに。そんなある日、王宮でクーデターが勃発。傷を負った漂はなんとか信のいる納屋へ辿り着くが、地図と剣を信に託し、命を落とす。地図に記されていた小屋へ向かった信は、そこで漂そっくりの男と出会う。

スタッフ

佐藤信介

監督、脚本

黒岩勉

脚本

原泰久

脚本、原作

ONE OK ROCK

主題歌

北畠輝幸

製作

今村司

製作

市川南

製作

谷和男

製作

森田圭

製作

田中祐介

製作

小泉貴裕

製作

弓矢政法

製作

林誠

製作

山本浩

製作

本間道幸

製作

木下暢起

エグゼクティブプロデューサー

伊藤響

エグゼクティブプロデューサー

稗田晋

企画

村田千恵子

企画

松橋真三

プロデューサー

北島直明

プロデューサー

江森亮介

プロデューサー

平野宏治

プロデューサー

シャーリー・カオ

アソシエイトプロデューサー

小沢禎二

ラインプロデューサー

角田道明

中国ユニットラインプロデューサー

やまだ豊

音楽

千田耕平

音楽プロデューサー

河津太郎

撮影監督

斎藤岩男

美術監督

横野一氏工

録音

下村勇二

アクション監督

神谷誠

VFXスーパーバイザー

小坂一順

VFXスーパーバイザー

今井剛

編集

田口良子

スクリプター

宮本まさ江

衣裳デザイン

本田真理子

ヘアメイク

李相國

助監督

吉田信一郎

制作担当

濱崎林太郎

中国ユニット制作担当

島秀樹

撮影

小林仁

GAFFER

瀬下幸治

美術

秋田谷宣博

装飾

大屋哲男

テクニカルプロデューサー

齋藤精二

DIプロデューサー

藤原カクセイ

キャラクター特殊メイクデザイン、特殊造形統括

濱中尋吉

かつら

田島光二

コンセプチュアルデザイン

鶴間和幸

中国史監修

作品データ

映倫区分
G
製作年
2019年
製作国
日本
配給
東宝=ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント
上映時間
134分

[c]原泰久/集英社 [c]2019 映画「キングダム」製作委員会 [c]キネマ旬報社

動画配信

関連記事

映画レビュー

4.0
  • お水汲み当番

    3
    2020/7/19

    舞台は古代中国ということで、それらしい風景のなかで撮影されているのですが、登場人物(特に主人公二人)のリアクションが実に現代人的で、興醒めします。

    また、戦闘シーンで、敵は何千人も死ぬというのに、味方はぜんぜん死なないというのはいかがなものでしょうか。

    なによりも興醒めなのが、劇画と同じテンポで独白が混じる戦闘シーンです。
    時間軸がメチャクチャになり、間延びすることおびただしく、シラケてしまいました。

    劇画なら、いいんですよ、この独白は。
    読者は瞬時に読み進めるだけだから。

    しかしこの山盛りの独白群をひとつひとつ映像にして見せてしまうと、どうしようもない間抜けな作品になってしまいます。

    ってわけで、劇画と映画は時間軸がまったく違うのだから、もっといろんなシーンを放り込んで味を濃厚にしないと、観客をあくびさせてオシマイになるのにな、と残念でした。

    ※告知※ 今後、私のレビューは「映画コム」のほうに順次移行し、ムービーウォーカーに書いていたものは、移行終了後に削除することにしております。ご了承ください。

    続きを読む + 閉じる -
    違反報告
  • 6inc

    5
    2019/6/8

    マンガ原作を知らないので、あまり期待しないで行ったのですが、これはこれは!スケール・スピード感・ストーリー展開ともに、非常に見応えがあって満足◎!家族・カップル・友人などどの世代にも好評価であると思います。吉沢亮さんが美しすぎます♪

    続きを読む + 閉じる -
    違反報告
  • ひろ

    2
    2019/6/2

    原作好きで、評価も高かったので。。少し期待しすぎました。
    おもしろかったけど、期待したほどではなかったです。

    なんといってもはしょりすぎていて;せっかくの物語の持つ深み、人間関係の複雑なつながりが見えなくなってしまっていたのには残念。
    役者さんの役作りの中には設定があったのでしょうが、描かないと見えてこないものも多いのでもったいなかったです。
    まあ、限られた尺の中では限界なのでしょう。

    でもよくこの映像を撮ったなぁ。。と制作の意気込みと執念のようなものが感じられたのはよかったです。
    もし続編があるなら次回作に期待、ですね。

    続きを読む + 閉じる -
    違反報告