スモーキング・エイリアンズ|MOVIE WALKER PRESS
MENU

スモーキング・エイリアンズ

2018年12月15日公開,82分
  • 上映館を探す

ゆうばり国際ファンタスティック映画祭2018ゆうばりチョイス部門選出のSFパニック映画。ビル清掃の仕事で一人娘を育てる愛煙家の香。ある日、宇宙生物が飛来し、人間に寄生する。香は職場のビルに閉じ込められるが、彼らが煙草の煙に弱いことに気づく。出演は、「蠱毒 ミートボールマシン」の倖田李梨。監督は、「101回目のベッド・イン」の中村公彦。

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

花沢香(倖田李梨)は夫の淳哉を病気で失って以来、ビル清掃の仕事をしながら一人娘の桐子(藍田あかね)を育てている。代わり映えのしない日々のなかで、煙草だけが香の癒しだった。しかし職場である東光株式会社に新しく来た副社長・東野栄進(那波隆史)により、喫煙室が縮小されてしまう。煙草の値上げや歩き煙草禁止条例など、喫煙者の肩身はどんどん狭くなっていく。そんなある日、宇宙から飛来した多数の球体から未知の生物が飛び出し、人間に寄生して操り始める。人間の口から入り体内で繁殖した彼らは、凄まじい勢いで増殖していく。東光株式会社の屋上にも球体が落下し、数時間で社員の大半が宇宙生物に寄生される。彼らは奇怪な動きをして、並外れた身体能力を発揮する者もいる。香と同僚たちはビルに閉じ込められるが、逃げる最中に宇宙生物が煙草の煙に弱いことに気づき、彼らと戦うことを決意するが……。

作品データ

製作年
2018年
製作国
日本
配給
リアリーライクフィルムズ=INNERVISIONS
上映時間
82分

[c]『スモーキング・エイリアンズ』パートナーズ [c]キネマ旬報社

映画レビュー

4.0
  • Q8Y5YqUasUcGm4c

    4
    2018/12/18

    期待以上の出来でした。予告編を見る限りでは期待できていませんでしたが、
    実際は見た良かったと満足のいく映画でした。初見でしたが主演の倖田李梨さんがかっこいいです。
    和製サラコナーばりにかっこいいアクションを繰り広げてくれます。
    ヒロインのしじみさんはかわいいです。その他俳優陣もそれぞれ個性あふれるメンバーばかり。
    ぜひもう一度見てみたいな思うそんな映画でした。

    続きを読む + 閉じる -
    違反報告