ドント・ウォーリー|MOVIE WALKER PRESS
MENU

ドント・ウォーリー

2019年5月3日公開,113分
PG12
  • 上映館を探す

動画配信

評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

2010年に59歳で亡くなった風刺漫画家ジョン・キャラハンの実話をホアキン・フェニックス主演で映画化した人間ドラマ。自動車事故で車いす生活を余儀なくされるも、周囲の支えもあり、風刺漫画家として再生していく男の姿を描く。ロビン・ウィリアムズも映画化を熱望していたという本作の監督を務めるのは『ミルク』のガス・ヴァン・サント。

予告編・関連動画

ドント・ウォーリー

予告編

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

アルコールに溺れる毎日を過ごすキャラハンは自動車事故に遭い、一命を取り留めるが、胸から下が麻痺し、車いす生活を余儀なくされる。絶望と苛立ちから、ますます酒に溺れていくが、いくつかのきっかけから、自分を憐れむことを止めるように。そして、持ち前の辛辣なユーモアを発揮し、不自由な手で風刺漫画を描き始める。

作品データ

原題
DON'T WORRY, HE WON'T GET FAR ON FOOT
映倫区分
PG12
製作年
2018年
製作国
アメリカ
配給
東京テアトル
上映時間
113分

[c]2018 AMAZON CONTENT SERVICES LLC [c]キネマ旬報社

  • rikoriko2255

    3.0
    2019/5/24

    時系列がバラバラなので、そこまで立ち直るんだけど、どうやって?・・と思いながら痛々しい気持ちで見ていました。

    ああ言う○○の会って米国では良く見るけど、はた目で見るより効果が有るみたいね。
    やっぱり自己憐憫から抜け出すのが幸せの第一歩みたいなんだけど、事故から目が覚めた当初の絶望から抜け出す手段が分からないわ‥

    身障者となったジョンの赤裸々な生活。そこにあったのは、確かに絶望だけでは無いんですけどね。
    そう言う状況だからこそ、誰かの気持ちに添える。そして返して貰える。と言うのは確かな収穫。
    私はそんな成長が出来る自信ないけどね。

    Rooney Maraが天使だったな。

    続きを読む + 閉じる -
    ネタバレあり
    違反報告
  • rikoriko2255

    コージィ

    3.0
    2019/5/12

    交通事故による脊髄損傷で胸から下が麻痺したが、新聞や雑誌に掲載されたブラックな1コマ風刺漫画家として活躍した、ジョン・キャラハンの人生を描く作品。

    予告編では、生きることを支え助けてくれた人々との心の交流が……という雰囲気でしたが、観てみるとさにあらず。

    事故の原因となった【アルコール依存症】からの脱却映画の要素が大きかった。
    しかも、薬などの医療にはあまりスポットライトは当たらず、家族や他人を恨み自分を憎んできた考え方を変えようと取り組んだ、懺悔を軸にした自己啓発プログラムに近いキリスト教の宗教洗脳的治療が主軸でした。

    普通なら感動するんでしょうが、中島らも『今夜、すべてのバーで』、吾妻ひでお『失踪日記』を読んだ私には、内容的には普通に感じてしまいました。

    おまけに、作中の時間軸がいったりきたり。
    何かトラブルがあるごとに、その原因と解決を導くのに、回想シーンなどを挟み込みすぎ。
    しかもワイプを多用して、インサートやプレイバックばかり。

    こちらの理解力や記憶力が低いせいなのかもしれないですが、終わったと思ったらまた昔に戻るの繰り返しで、全体の流れを理解しにくく、編集処理が下手に感じてしまいました。

    違反報告