ゴジラ キング・オブ・モンスターズ|MOVIE WALKER PRESS
MENU

ゴジラ キング・オブ・モンスターズ

2019年5月31日公開,132分
  • 上映館を探す

日本が世界に誇る怪獣映画シリーズ『ゴジラ』。そのハリウッド版となる『GODZILLA ゴジラ』から5年後の世界を描くSFアクション。復活した神話時代の怪獣モスラ、ラドン、キングギドラとゴジラが激突。世界の破滅を阻止せんとする未確認生物特務機関モナークの活躍を描く。前作に引き続き、渡辺謙がモナークの生物学者役で出演する。

予告編・関連動画

ゴジラ キング・オブ・モンスターズ

予告編

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

巨大生物MUTOと怪獣ゴジラが激しいバトルを繰り広げた事件から5年。神話時代の怪獣モスラ、ラドン、キングギドラが復活する。伝説にすぎないと思われていた古来の圧倒的な力をもつ生物たちが再び目覚め、世界の覇権をかけて争い始めたとき、全人類の存在は危ぶまれていき、世界の破滅を阻止すべく、未確認生物特務機関モナークも動き出す。

作品データ

原題
GODZILLA: KING OF MONSTERS
映倫区分
G
製作年
2019年
製作国
アメリカ
配給
東宝
上映時間
132分

[c]2019 Legendary and Warner Bros. Pictures. All Rights Reserved. [c]キネマ旬報社

動画配信

関連記事

映画レビュー

3.9
  • rikoriko2255

    やるやん

    3.0
    2ヶ月前

    ゴジラのイメージって外人が見るとこーなるんですかね ゴジラにあやまる渡辺謙のシーンは正直涙しました それなのに・・・・ 「臨界点ぎりぎりだ」とまるでドリフさながらに逃げまわる 主人一行、一番の見せ場が生かし切れてません。 残念な映画です。

    続きを読む + 閉じる -
    違反報告
  • rikoriko2255

    お水汲み当番

    1.0
    2020/7/19

    とにかく説明説明が延々と続く導入部分に飽き飽きし、怪獣の予感がするのに現れないというサスペンスを味わせるための前半部分、あざとさ に辟易とし、中盤以降は何百万人の人たちが犠牲になっているだろう大戦闘なのに、たった一人の女の子の命がそんなに大切かよと鼻白むことおびただしく、こんな映画をいったい外国の人たちは喜ぶのだろうかと、まったく謎が深まるばかりでした。 あいかわらずハリウッド流の金管楽器大音量ブカブカBGMの垂れ流しにもかかわらず、なんといいますか勝手にやってろ感が半端でなく、登場する人間たちが登場する意味がほぼほぼ見当たらない映画でした(と言い切るとコアなファンからは怒られるかもですか)。 ハリウッドって、渡辺謙しか日本人俳優を知らないのだろうか。やたらシカメッ面ばかりを繰り返すだけで、まったく役柄に合っていませんでした。 ※告知※ 今後、私のレビューは「映画コム」のほうに順次移行し、ムービーウォーカーに書いていたものは、移行終了後に削除することにしております。ご了承ください。

    続きを読む + 閉じる -
    違反報告
  • rikoriko2255

    ぺこす

    4.0
    2019/7/17

    ずっと楽しい、「ゴジラ映画」でしたね!

    続きを読む + 閉じる -
    違反報告
  • rikoriko2255

    矢口渡

    4.0
    2019/6/20

    ゴジラを満喫。強くズルイライバルにも、正面から戦う姿を見て、頑張らないと、と思う。音楽も、ゴジラ、モスラのテーマを効果的に使い、昔を知っているだけに、前作より感情移入できる。60代以上のゴジラエイジは楽しめる。 だが、一方賢い博士同士かどうかは別として、夫婦の痴話喧嘩に世界が翻弄されるのはどう?脚本的には無理じゃないだろうか。 でも、それに勝るゴジラ愛があればいいのでは。次も見たくなるかな。

    続きを読む + 閉じる -
    違反報告
  • rikoriko2255

    5.0
    2019/6/15

    凄い迫力でとても良かったです ゴジラかっこ良かった~

    続きを読む + 閉じる -
    違反報告
  • rikoriko2255

    4.0
    2019/6/10

    シンゴジラよりはるかに面白い。 もう日本でゴジラを作ってはいけない。 ハリウッドが日本版をリスペクトしつつ昇華してくれるからハリウッドへ引き継ごう。

    続きを読む + 閉じる -
    違反報告
  • rikoriko2255

    コージィ

    3.0
    2019/6/5

    とりあえず「画(え)」と「音楽」は満足。 豪華な怪獣スペクタクルショーが展開し、楽しめます。 しかし、「映画としてどうよ」度が、前作2014版より強くなった印象を抱きました。 端的に言えば「怪獣オタクが怪獣オタクのために作った二次創作」。 ある意味では正しい「東宝特撮の遺伝子」がここに。 薄っぺらで何度も「おいおい」と突っ込みたい場面ばかりな冗長で雑な脚本なドラマ部分に、盛大な怪獣バトル。 誰にも感情移入できず、監督の怪獣への敬愛をかわるがわる説明するだけの、頭のおかしな登場人物たち。 放射能や核兵器の描写もいい加減。 中途半端な、初代無印へのリスペクトシーンがかえってイラつき。 科学や軍事、政治などの一般常識が失われた世界になり。 光線技も、せめてもうちょい、タメとミエ切りがあればなぁ…… と残念のオンパレード。 『三大怪獣 地球最大の決戦』『ゴジラ対メカゴジラ』あたりをリスペクト。 平成の川北監督作の数々もリスペクトしちゃっててね。 昭和後期と平成の香りが満載でしたわ。 怪獣映画ファンとか、いま20~30代の「平成VSシリーズ」世代とか、といった限られたニッチな客層には最高の作品だとは思いますが。 そこら辺を狙った、怪獣バトルだけ盛り上がるのを目的とした、応援上映は有りだと思います。

    続きを読む + 閉じる -
    違反報告
  • rikoriko2255

    5.0
    2019/6/3

    とても面白かった。 ストーリーもなかなかのものでした。

    続きを読む + 閉じる -
    違反報告
  • rikoriko2255

    門倉カド(映画コーディネーター)

    5.0
    2019/6/3

    【賛否両論チェック】 賛:予備知識は特段不要。次々と蘇る怪獣達を前に、人類やゴジラがどう立ち向かっていくのか、観ていてハラハラすること必至。アクションも言わずもがなド迫力で、圧倒される。 否:展開はかなりのご都合主義で、ツッコみどころもかなりあり。急に驚かせるシーンも少しある。  冒頭で説明はしてくれませんが、前作の知識は特別無くても大丈夫そうです。  ゴジラによって最愛の家族を失い、バラバラになってしまったマークとエマ、そしてマディソン。そんな悲しい過去がある種の【引き金】となり、世界中を襲う怪獣達の脅威を前に、マーク達人類が生き残りを賭けて戦い続ける姿に、思わずハラハラさせられます。  そしてそんな天変地異の中心に位置し、全てを凌駕する絶対的な存在・ゴジラ。人類にとって敵でも味方でもない彼が、最強の敵・ギドラを前にどう立ち向かっていくのか、その戦いぶりも観ていて手に汗握ります。  主人公達が都合よく生き残っていくのは、勿論ご愛嬌ではありますが(笑)、アクションシーンは超ド級のド迫力です。往年のファンは勿論のこと、初見の方にも是非オススメです。

    続きを読む + 閉じる -
    違反報告
  • rikoriko2255

    tom

    4.0
    2019/6/2

    ハリウッド版ゴジラの続編。 ゴジラに加え、キングギドラ、モスラ、ラドンといった 往年の懐かしい怪獣が登場してくれました。 それぞれハリウッドバージョンに スタイル変更されていますが やはりこの4大怪獣の闘いは懐かしさにあふれています。 かなり日本ゴジラへのオマージュもあって 音楽は何と「ゴジラのテーマ」や 「モスラのテーマ」が使用されていて、 いい感じでハリウッドと日本がコラボされています。 迫力ある映像に加え、大迫力の音響が カラダ全体に衝撃を与えていました。

    続きを読む + 閉じる -
    違反報告
  • rikoriko2255

    杉ちゃん

    2.0
    2019/6/2

     ハリウッド版ゴジラも何作か作られ・・・  その都度、色々と言われ(散々に)・・・  懲りずに今度は、ゴジラ以外の怪獣たちに頼ることにして・・・  観てみたらやっぱりひどかった!!!  まず、何よりストーリーが全く面白くありません。  こんな話だったら、まだ、怪獣たちのバトルのダイジェストシーンだけの方が眠くならない分、良かったのではないでしょうか。  また、怪獣たちの戦いのシーンもハリウッドCG映画得意の「暗いシーン」ばかりで、音響のおかげで一見、迫力満点に感じてしまいますが、よくわからないのが現状でした。  もっと言うと、ゴジラは顔が変だし・・・キングギドラはあの鳴き声ではなかったし・・・モスラとラドンの影の薄いこと・・・正直、切りがありません!  ハリウッド版ゴジラなので、日本版ゴジラと比較してはいけないと頭では分かっているのですが、気持ちがダメです!  ただ一つ、伊福部昭の音楽をほんの少しではありますが、取り入れたことには、よかったし鳥肌が立ちました。  そこだけに、★★です。  そして、今度は「髑髏島の巨神」のキングコングとバトル(2020年)するそうですが、日本版ゴジラシリーズの中でも「キングコング対ゴジラ」は屈指の名作といわれているだけに、今から心配でなりません・・・  

    続きを読む + 閉じる -
    違反報告
  • rikoriko2255

    モットー

    2.0
    2019/6/1

    5年後にやっとお目にかかるハリウッド版CGゴジラの続編は、着ぐるみで手作りする日本オリジナルの特撮からの変貌にはやはり違和感が否めない。 怪獣島が髑髏島になって、モスラの幼虫と成虫、キングギドラ、ラドン、人気キャラが総進撃なのは怪獣ファンにとっては嬉しいけれど、前作に比べると人間ドラマの部分は希薄、怪獣バトルがメインの展開になりすぎ、犠牲者続出のディザスター・アクションなのも、いけにえのように人の命が奪われていくのがゲーム感覚だったり、自己犠牲ばかりが強調されていると思われる表現が多いのも気になる。 マーベルヒーローやトランスフォーマーのようなこれでもかと目まぐるしく激しい映像の迫力には圧倒されてしまうが、延々と繰り広げられるバトルシーンと怪獣の咆哮と爆発音の連続には却って眠気を誘われて映画そのものの醍醐味が足りない。 原水爆脅威の産物として誕生したゴジラが、攻撃本能からなのか意思をもってなのか、主人公の危機一髪シーンになると助けるともなく現れるのはいいとしても、怪獣は人類の敵ではなくて「地球を救う存在だ」とする真逆のメッセージにいつの間にかすり替わっているのは不思議だ。 人類を増殖する細菌のように見做して人口増加や自然災害や戦争から地球を救うために怪獣を呼び寄せて犠牲者が出ても仕方がないと言って暴走するエマ博士が、前作で怪獣によって息子の命を奪われた母親であるにも拘らず、息子を救えなかった後悔から大きな勘違いをするマッドサイエンティストになってしまうのは理解できない。 その後、自分の間違いに気づいたのか、出来ることを悟ったのか、最後に思い直す行動を取るまでの心の変化がはっきりと描き切れているようには見えなかった。 キングギドラが日本同様に悪役扱いになっているが、ゴジラが怪獣の王だからってことなのか、“キング”が外されて“ギドラ”とされている。しかし、キングギドラって地球ではなく、宇宙人が関係している宇宙怪獣じゃなかったっけ?(本作に宇宙人は出てこない) ラドンは海外ではロダンって呼ばれているらしいが、その呼び名は馴染めないなぁ。(このロダンはガメラ映画のギャオスの顔つきに似ている) 一番の見所と思えるのは、人類と怪獣の共存を願う芹沢博士が、「ゴジラ、後は頼んだぞ」と希望を託すシーンかもしれない。(これ以上詳しい説明をするとネタバレになるので言えません) 博士の言葉を理解したのかは不明ながらも、見返すゴジラの左眼の瞳の奥には狂暴な戦い振りとは違った落ち着いた意思を宿しているように見えた。

    続きを読む + 閉じる -
    違反報告
  • rikoriko2255

    regency

    4.0
    2019/6/1

    ドヤ顔した俳優たちによる仰々しいセリフ劇とか、電車を突撃させるだとか、そんなせせこましい描写はいらない。 どんどんクマ化していくゴジラに、小間使い根性丸出しなラドン。 マイティ・ソーばりな雷使いのキングギドラに、女王的存在のモスラと、分かりやすくキャラ立ちさせた怪獣たちのバトル! ゴジラ映画はそれでいいんだよ。 行動がことごとく意味不明な人間たちの中でも、唯一芯が通っているケン・ワタナベ扮する芹沢博士の、原点となる1954年版を意識した見せ場に、伊福部リスペクトな音楽に、極めつけはエンドクレジット。 ファンサービスとしてはお約束かもしれないが、やっぱり胸熱くなる。

    続きを読む + 閉じる -
    違反報告
  • rikoriko2255

    ひでぷー

    5.0
    2019/5/31

    東宝の特撮映画へのリスペクトに溢れた作品だった。 オキシジェンデストロイヤーも出てきたし、伊福部の音楽も使ってたし、エンドロールでブルー・オイスター・カルトの曲が聞こえたり、モスラの曲が聞こえたりしたときには、「おーっ」と感激してしまった。 次回作にも期待したくなってきた。

    続きを読む + 閉じる -
    ネタバレあり
    違反報告
  • rikoriko2255

    とりころーる

    4.0
    2019/5/31

    怪獣がたくさん出てきて、うち5体ほどのバトルはなかなか凄まじいものがある。ストーリーは比較的単純だが、なにしろ、怪獣といい、俳優陣といい、豪華。

    続きを読む + 閉じる -
    違反報告