ふたりの女王 メアリーとエリザベス|MOVIE WALKER PRESS
MENU

ふたりの女王 メアリーとエリザベス

2019年3月15日公開,124分
  • 上映館を探す

動画配信

  • amazon-prime

評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

スコットランドとイングランド。激動の16世紀に生きた2人の女王の運命が交錯していくさまを描く歴史ドラマ。スコットランド女王のメアリーを『レディ・バード』のシアーシャ・ローナン、エリザベスを『アイ、トーニャ 史上最大のスキャンダル』のマーゴット・ロビーという若手演技派2人の共演によって、ドラマティックな物語がつづられる。

MovieWalker 第91回アカデミー賞特集

日本時間2月25日(現地時間2月24日)に実施される第91回アカデミー賞の授賞式に向け、Movie Walkerがお届けする「アカデミー賞特集」。ノミネート作品リストはもちろん、今年の注目ポイントや映画ライターによる受賞予想、アカデミー賞関連のニュースやコラムをたっぷりお届け!

フォトギャラリー

ふたりの女王 メアリーとエリザベス 画像1
ふたりの女王 メアリーとエリザベス 画像2

予告編・関連動画

ふたりの女王 メアリーとエリザベス

予告編

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

生後6日で父の跡を継ぎ、スコットランド女王となったメアリーはやがて、フランス王妃となるが、未亡人となり、母国スコットランドへ戻ってくる。彼女が不在の間、スコットランドではプロテスタント教徒たちが勢力を拡大していた。一方、25歳でイングランドの女王に即位したエリザベスI世は早く世継ぎを産むよう、プレッシャーをかけられていた。

作品データ

原題
MARY, QUEEN OF SCOTS
映倫区分
G
製作年
2018年
製作国
イギリス
配給
ビターズ・エンド=パルコ
上映時間
124分

[c]2018 FOCUS FEATURES LLC. ALL RIGHTS RESERVED. [c]キネマ旬報社

  • rikoriko2255

    Sibyl

    4.0
    2019/5/1

    ふたりの女王っていうより、メアリーの物語って感じだったなあ。
    若さと美しさと権力、そして天性の明晰さを持って女王の座に君臨したメアリー。本当に強くて魅力的な女性。でもだからこそ周りは敵だらけ。陰謀に次ぐ陰謀。
    そんな激動の人生を生きたメアリーの姿をもう一人の女王、エリザベスの視点も交えながら丁寧に描いた作品でした。

    違反報告
  • rikoriko2255

    コージィ

    3.0
    2019/3/19

    16世紀、スコットランドの女王メアリー・スチュアートとイングランド女王のエリザベスⅠ世の物語。
    主にメアリー視点で進み、メアリーが19歳でスコットランドに戻り、女王の座についたところから、イングランドで処刑されるまでを描いていました。

    メアリー役のシアーシャ・ローナンも、エリザベス役のマーゴット・ロビーも、すさまじい演技力。
    あと、残っている肖像画からすると、シアーシャがそっくりすぎて不気味レベル。

    史実をベースにエンタメに振り、ふたりとも悲劇の女王扱いする作劇は、なんだかNHK大河ドラマっぽかったです。
    いつの世も、権勢欲に振り回されて、政治家や王族というのは破滅していくのだなぁ、と思わせてくれます。
    出てくる男が、どいつもこいつもクズなのに苦笑いしつつ。
    王室って長年スキャンダルしかないんだなぁ…と思わせてくれて。
    ダイアナ妃を思い出したりして。
    実にイギリスらしい、皮肉まみれな映画でしたよ。

    この時代の歴史が好きor少し知識があるなら、観ても損はないと思います。
    全然詳しくないなら、人間関係や血筋、宗教対立が複雑すぎて分かりにくく、避けた方が賢明かも。

    違反報告
  • rikoriko2255

    3.0
    2019/3/16

    ブーリン家の姉妹The Other Boleyn Girlのアン・ブーリンの娘エリザベス。
    あの野心家のアンの娘のエリザベス。覚悟を持って女王となったとても健気で、魅力的な女性に描かれていますね。

    一方メアリーは自信満々で怖いもの知らずで、奔放で。ちょっとはた迷惑に描かれている。

    勿論、歴史物語は真実を語っていないことが多い。誰かが思い描いた1つの説でしかないので、真に受けるほど歴史に対してお人好しでは無いのですが。

    女王は常に男たちに利用され、決して安全では無い。一方的に断罪されてしまう、とても不安定な位置にいる。

    ひたすらエリザベスが魅力的だった。

    続きを読む + 閉じる -
    ネタバレあり
    違反報告