ニューヨーカーの青い鳥|MOVIE WALKER PRESS
MENU

ニューヨーカーの青い鳥

1988年8月13日公開,0分
  • 上映館を探す

評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

恋がもつれた1人のヤッピーにからむセラピストたちの、ちょっと風変わりな行動を描くコメデイ映画。エグゼクティヴ・ブロデューサーはロジャー・バーリンド、製作はスティーヴン・ハフト、監督は「アリア」のロバート・アルトマン、クリストファー・デュラングの戯曲を基にデュラングとアルトマンが脚本、撮影はピエール・ミニョー、音楽は「ベティ・ブルー 愛と激情の日々」のガブリエル・ヤーレが担当。出演はジュリー・ハガティ、ジェフ・ゴールドブラムほか。

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

ニューヨークのフランス料理店レ・ブーション。ブルース(ジェフ・ゴールドブラム)は、ニューヨーク・マガジンの恋人募集で出会ったプルーダンス(ジュリー・ハガティ)にプロポーズするが、彼の、実はバイセクシャルで現在もボブ(クリストファー・ゲスト)という男の恋人と同棲しているとの告白に仰天した。保守的で少々ノイローゼ気味のプルーダンスは、彼の頭はどうかしている、と思いこみ、果てはお互いの顔に水をかけあって別れるといった散々な有様。ところがブルースとプルーダンスが治療をうけているセラピストの診療所はたまたま隣同士だった。プルーダンスはセラピストのスチュアート(トム・コンティ)と2度の情事をもつが、恋人としても医師としても彼に幻滅を感じていた。しかしスチュアートの方は彼女とよりを戻すために躍起になっている。ブルースのセラピスト、シャーロット(グレンダ・ジャクソン)はいつも単語パズルの混乱に陥っているおかしな医師で、2人は互いに合図をして診療所の間の部屋でつかの間のセックスを楽しんでいた。が、その暗闇の中で2人は1度も相手の顔を確かめたことがない。さて、再び違う名前と人相書きでニューヨーク・マガジンに広告を出したブルースがレ・ブーションで出会ったのはまたしてもプルーダンスで彼女も違う名前で広告に応じていたのだった。今度はこのデートでベッドまでこぎつけた2人だが、それを知り嫉妬にかられるのはボブ。プルーダンスを招いた夕食時に、派手で芝居じみた超過保護なボブの母ジジ(ジュヌヴィエーヴ・パージュ)まで割り込んできて、一転ヒステリックな騒動の場と化す。ボブをうまくシャーロットの診療所に置きざりにしたブルースとプルーダンスはレ・ブーションに戻るが、2人をスパイしているスチュアー卜を見つけ、またしても痴話喧嘩が始まった。そこヘシャーロットに勇気づけられたボブがやって来て、スターター用ピストルを2人にめがけて発射し、レストランは修羅場に…。やがて一応の平生が戻り騒ぎの収まった頃、それぞれの新しい関係が成立していた。互いの情事の相手であることを確認するスチュアートとシャーロット、彼女の息子でウエイターのアンドリュー(クリス・カンピオン)にルームメイトの申し込みをするボブ。そしてブルースとプルーダンスは早くもパリヘのハネムーンを夢に描くのだった。

作品データ

原題
Beyond Therapy
製作年
1986年
製作国
アメリカ
配給
東北新社/俳優座シネマテン
上映時間
0分

[c]キネマ旬報社

まだレビューはありません。
レビューを投稿してみませんか?