ディリリとパリの時間旅行|MOVIE WALKER PRESS
MENU

ディリリとパリの時間旅行

2019年8月24日公開,94分
  • 上映館を探す

動画配信

評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

「キリクと魔女」のミッシェル・オスロ監督による長編アニメ。パリが華やいだ19世紀末~20世紀初頭のベル・エポックの時代。ニューカレドニアからやってきたディリリはパリで出会ったオレルとともに、天才たちの協力を受けながら誘拐事件に立ち向かっていく。音楽を「イングリッシュ・ペイシェント」でオスカーを獲得したガブリエル・ヤレドが手がけ、ソプラノ歌手ナタリー・デセイが実在したオペラ歌手エマ・カルヴェの声を担当。日本語吹替版では、「3月のライオン」の新津ちせ、「麻雀放浪記2020」の斎藤工らが参加した。第44回セザール賞にて最優秀アニメ作品賞を受賞。劇場公開に先駆けフランス映画祭2019にて上映、エールフランス観客賞に輝く。

予告編・関連動画

ディリリとパリの時間旅行

予告編

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

新たな芸術や科学技術が花開きパリが栄えた、ベル・エポックと呼ばれる時代。どうしても外国に行ってみたいディリリは、密かに船に乗ってニューカレドニアからパリにやってくる。そして配達人のオレルと出会い、初めてのバカンスを楽しむ約束をする。一方、その頃少女の誘拐事件が街を騒がせており、男性支配団と名乗る謎の集団による犯行といわれていた。オレルはたくさんの人々と知り合いであり、パリの有名人たちをディリリに紹介。ディリリは有名人たちに男性支配団について次々に質問していく。洗濯船でピカソから“悪魔の風車”に男性支配団のアジトがあると聞き向かう二人。そこでオレルが狂犬病の犬に噛まれてしまうが、すぐさまパスツール研究所で治療を受け、事なきを得る。オペラ座では稀代のオペラ歌手エマ・カルヴェに紹介され、失礼な運転手ルブフと出会った。そんな中、二人は男性支配団がロワイヤル通りの宝石店を狙っていることを知り、待ち伏せをして強盗を阻止。その顛末が新聞で大きく報じられ、ディリリは一躍有名に。しかしそのことでディリリは男性支配団の標的となり、ルブフの裏切りにより誘拐されてしまう……。

作品データ

原題
DILILI À PARIS
映倫区分
G
製作年
2018年
製作国
フランス=ベルギー=ドイツ
配給
チャイルド・フィルム
上映時間
94分

[c]2018 NORD-OUEST FILMS -STUDIO O- ARTE FRANCE CINEMA - MARS FILMS - WILD BUNCH - MAC GUFF LIGNE - ARTEMIS PRODUCTIONS - SENATOR FILM PRODUKTION [c]キネマ旬報社

映画レビュー

3.9
  • rikoriko2255

    杉ちゃん

    4.0
    2019/8/25

     1998年の長編デビュー作「キリクと魔女」(日本公開は2003年)は知る人ぞ知る大傑作あることは有名ですが、その後の「プリンス&プリンセス」「アズールとアスマール」「夜のとばりの物語」「夜のとばりの物語 醒めない夢」と傑作を作ってきたミッシェル・オスロ監督の6年ぶりの新作は、パリへの想いにあふれたまるで宝石箱のような映画でした。  まずは、その画の美しさに驚かされ、次にベル・エポック時代の「古き良きパリ」への至福のタイムスリップに驚かせれ、おまけに、ストーリーに係る著名人の多さに驚かせれ、まさに「ワクワク、ドキドキ」で楽しかったです。  ミッシェル・オスロ監督作お約束の主人公像も健在で、主人公のディリリがかわいくてしょうがありませんでした。  アニメ最先端の日本でも、この監督作のようなアニメーションはいまだにないと思います。

    続きを読む + 閉じる -
    違反報告