映画版 ふたりエッチ ~ダブル・ラブ~:映画作品情報・あらすじ・評価|MOVIE WALKER PRESS
MENU
映画版 ふたりエッチ ~ダブル・ラブ~

映画版 ふたりエッチ ~ダブル・ラブ~

2019年5月10日公開,60分
  • 上映館を探す

動画配信

評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

克・亜樹原作の人気コミックを2部作で実写映画化した2作目。お互いに性体験がないままお見合い結婚をした由良と真は結婚3年目を迎える。真の職場に、学生時代に家庭教師として受け持っていたみゆきが入社する。実はみゆきは当時から真に想いを寄せていた。出演は、「聖なるもの」の青山ひかる、「ダブルミンツ」の佐々木道成、「走れ!T校バスケット部」の吉田早紀。監督・脚本は、ドラマ『相棒』シリーズの演出を手掛ける近藤俊明。

予告編・関連動画

映画版 ふたりエッチ ~ダブル・ラブ~

予告編

2019/5/22(水)公開

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

お互いに性体験がまったくない童貞・処女で、そのことを知らずにお見合い結婚をした小野田優良(青山ひかる)と真(佐々木道成)。結婚3年目を迎えたある日、優良が見ていた雑誌の占いに、2人の相性が最悪で、真には突然異性が大接近すると書いてあった。優良は大騒ぎするが、真はくだらないと一蹴する。だが、バリバリと仕事をこなし、既婚者の落ち着きを見せる真は、社内の多くの後輩女子社員から言い寄られていた。そんな社内に、真が大学生時代に家庭教師として受け持っていた菊地みゆきが新卒で入社してくる。実は当時から真に想いを寄せていたみゆきは……。

作品データ

製作年
2019年
製作国
日本
配給
AMG エンタテインメント
上映時間
60分
製作会社
製作:AMG エンタテインメント

[c]2019 克・亜樹/白泉社・AMG エンタテインメント [c]キネマ旬報社

まだレビューはありません。
レビューを投稿してみませんか?