カーライル ニューヨークが恋したホテル|MOVIE WALKER PRESS
MENU

カーライル ニューヨークが恋したホテル

2019年8月9日公開,92分
  • 上映館を探す

動画配信

  • amazon-prime

評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

数々のセレブたちから愛されてきたニューヨークの五つ星ホテル“ザ・カーライル ア ローズウッド ホテル”の魅力に迫るドキュメンタリー。ジョージ・クルーニー、ソフィア・コッポラなど、総勢38名のセレブが“秘密の宮殿”カーライルの魅力を語る。監督は「ティファニー ニューヨーク五番街の秘密」など、ニューヨークの老舗を対象にドキュメンタリーを手掛けるマシュー・ミーレー。

フォトギャラリー

カーライル ニューヨークが恋したホテル 画像1
カーライル ニューヨークが恋したホテル 画像2
カーライル ニューヨークが恋したホテル 画像3
カーライル ニューヨークが恋したホテル 画像4
カーライル ニューヨークが恋したホテル 画像5
カーライル ニューヨークが恋したホテル 画像6

予告編・関連動画

カーライル ニューヨークが恋したホテル

予告編

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

1930年創業、伝説の5つ星クラシックホテル“ザ・カーライル ア ローズウッド ホテル”。英国王室や歴米大統領、世界中のセレブたちが愛し、名だたるスターたちが幾多の逸話を残してきたことから、ニューヨーク・タイムズはここを“秘密の宮殿”と呼んだ。このカーライルに眠る歴史的な秘話やその魅力を語るのは、ジョージ・クルーニーやソフィア・コッポラ、ウェス・アンダーソンをはじめとする総勢38名のスターたち。そしてセレブたちがこよなく愛するホテルスタッフたちから紐解く、究極のおもてなしとは……。

作品データ

原題
ALWAYS AT THE CARLYLE
映倫区分
G
製作年
2018年
製作国
アメリカ
配給
アンプラグド
上映時間
92分

[c]2018 DOCFILM4THECARLYLE LLC. ALL RIGHTS RESERVED. [c]キネマ旬報社

  • rikoriko2255

    3.0
    2019/8/27

    とんでもなく愛されているホテル。
    誇りを持って働いている。理想と現実が一致した理想の職場と言う感じ。個々の意識は高いし、決して楽な仕事じゃない。
    勿論、高級なんだけど、堅苦しくは無いんだよね。そこがまた、魅力的なんだろうなぁ。

    そしてやっぱりセレブは凄いなぁ‥って思いました。
    カフェの壁紙のイラストが、素敵。あれ見て居るだけで飽きないなぁ‥


    続きを読む + 閉じる -
    ネタバレあり
    違反報告
  • rikoriko2255

    seapoint

    3.0
    2019/8/17

    派手さはないがこのホテルの売りはシークレットは絶対ってこと…らしい。
    ん?とはいえ宿泊客のインタビューで彼らがあれこれ言うのはともかくスタッフも言う人は言ってる?もう時効?もう公になっている?
    セレブは部屋や食事もさることながら1番気になるのはプライベートの漏出。

    スタッフが一流を気取っていなくアットホームのような笑顔。セレブだけかと思うができる限り客の要望に対応。客がcossyになるホテルこそ本物。
    G.クルーニーは長年使用しているエレベーターは変えた方が良いというジョーまがいなことを発していたがおそらく超一流といっても一泊百万単であってもウォシュレットはないと思う(笑)。シャワーの勢いも怪しい。日本人ならそういった所を見てしまうが、考えの違い、物の見方の違いなんでしょう。N.Y.ですから…

    アメリカは若い国なのでロイヤリティや伝統に非常に弱いなぁと随所に感じる。万一シャワーの勢いが弱くとも「超一流」と「セレブ」にひっかかって泊まってみたいのはまた夢の話。

    違反報告
  • rikoriko2255

    regency

    2.0
    2019/8/8

    セレブたちに愛されるニューヨークのホテル・カーライルの魅力に迫るドキュメンタリー…というより、ホテルの施設案内カタログ映像に近い。
    このホテルの大きな魅力は、施設そのものより務めている従業員の人柄がウエートを占めている。
    気配りが行き届いたおもてなしが、客を吸い寄せる。
    それを象徴するのが、引退することとなったベテランのコンシェルジュ。
    彼は吃音症ながらも、雇う側であるオーナーはそれを治すよう命じなかった。実はそこには、ホテル側にも“客を選ぶプライド”がある事を暗に意味している。

    インタビューに答える著名人の顔ぶれが豪華だが、特筆すべきはビル・マーレイの名前もある点。
    気難し屋で、めったに公の場に出ない彼がインタビューに応じてるだけでも、実はスゴイ事なのだ(彼だけ正規の依頼を受けたインタビューではない点にも注目)。

    自分を含めて、おそらく多くの人がこのホテルの世話になる事は一生なさそうだけど、本作を観て客気分になるのもまた一興。

    違反報告