ニューヨーク 最高の訳あり物件|MOVIE WALKER PRESS
MENU

ニューヨーク 最高の訳あり物件

2019年6月29日公開,110分
  • 上映館を探す

『鉛の時代』で第38回ヴェネチア国際映画祭金獅子賞を受賞するなど、ドイツを代表する社会派映像作家として知られるマルガレーテ・フォン・トロッタ監督が、70歳を超えて初めて挑んだコメディ。同じ夫に捨てられた元妻2人の風変わりな同居生活の行方を、爽快なユーモアを交え、軽快な音楽に乗せて描き出す。

予告編・関連動画

ニューヨーク 最高の訳あり物件

予告編

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

マンハッタンの超高級アパートメントで暮らすモデルのジェイドはデザイナーとしてのデビューを進めていたが、スポンサーでもある夫から一方的に離婚を告げられる。さらに夫の前妻マリアが転がり込み、部屋の所有権の半分は自分のものだと主張する。ブランド経営が暗礁に乗り上げ、ジェイドは部屋を売りたいが、マリアが反対し、2人の仲はさらに険悪になっていく。

作品データ

原題
FORGET ABOUT NICK
映倫区分
G
製作年
2017年
製作国
ドイツ
配給
ギャガ
上映時間
110分

[c]2017 Heimatfilm GmbH + Co KG [c]キネマ旬報社

動画配信

映画レビュー

2.3
  • rikoriko2255

    seapoint

    2.0
    2019/7/15

    元妻からいきなり同居されてはお冠になるのは当然。共通点は夫に浮気され捨てられたこと。考え方が違うから歩み寄りもままならない。 ジェイドはバリバリのキャリアウーマン。本業のモデルを生かしキャリアを開拓しようと躍起になっている中に予期せぬ事態。マリアは我が道行く派。権利は合法。あの手この手を互いに攻防しても結局、全てまるーく収まる。…特に言うことなし。 ジェイド、体型気にしているが、うむ。肉感的体型。もっと言えばデザインした服がそんなにぐっとくる物に見えななかった。ファッションがメインでないから仕方ない? 香水の過程も随分安易だなぁ。 ペントハウスの広々とした部屋はルンバが大活躍しそう。掃除機だったけど。これを譲れる旦那こそ一体、何者。ちょっとしか出てこなかったけれどダメ男のわりに女性をおとす魅力があるのは間違いない感じ。くわばら、くわばら。

    続きを読む + 閉じる -
    違反報告
  • rikoriko2255

    3.0
    2019/7/2

    本当に、恋ってやつは。 冷静に見たら最低のクズ男に最低の事をされているのに、帰って来るのを待つなんて。何それ。って思う。 でも、ラストのあの顔を見たら、彼女は、本当にあの男が良いんだなぁ‥と思うわ。要らないって言われても縋りつくのが本物の愛なのかなぁ‥ 女の賞味期限は40歳。とばかりに妻を取り換える男。いつまでも若いと思うなよ? 子供を産んで育て、職歴も無くて、今、何も出来ない自分に呆然としている50歳の前妻と、デザイナーとしてのブランド確立に向けての難題に傷付きながら心血注ぐ格好良い40歳の女。 どっちにも感情移入しちゃうんだけど。そして自由恋愛の二十歳そこそこの女。 ダメ男だけど、女の趣味は悪くないんだよね。 ジェイドの、仕事をしている時の格好良さは惚れるね。 ラストの一言は、笑った。そう来たか!って、マリアと一緒にね。

    続きを読む + 閉じる -
    ネタバレあり
    違反報告