「機動戦士ガンダムNT(ナラティブ)」パッケージ版特別上映|MOVIE WALKER PRESS
MENU

「機動戦士ガンダムNT(ナラティブ)」パッケージ版特別上映

2019年5月24日公開,89分
  • 上映館を探す

評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

「機動戦士ガンダム」シリーズの一作「機動戦士ガンダムUC」のその後を描出した2018年11月30日公開のアニメ「機動戦士ガンダムNT」のBlu-ray&DVD発売を記念し、作画や撮影処理などをグレードアップさせた同作パッケージ版を、2019年5月17日よりミッドランドスクエアシネマ(愛知)を皮切りに劇場上映。宇宙世紀0097年。ラプラス事変で人知を超える力を示した2機のモビルスーツは封印されていた。だがある日、消息不明だったユニコーンガンダム3号機が姿を現す。声の出演は「デジモンアドベンチャー tri.」シリーズの榎木淳弥、「コープスパーティー」の松浦愛弓、「シンドバッド」シリーズの村中知。脚本は「機動戦士ガンダムUC」のストーリーを担当した福井晴敏。監督は『機動戦士ガンダム サンダーボルト』第2話の演出を手がけた吉沢俊一。

フォトギャラリー

「機動戦士ガンダムNT(ナラティブ)」パッケージ版特別上映 画像1
「機動戦士ガンダムNT(ナラティブ)」パッケージ版特別上映 画像2
「機動戦士ガンダムNT(ナラティブ)」パッケージ版特別上映 画像3
「機動戦士ガンダムNT(ナラティブ)」パッケージ版特別上映 画像4
「機動戦士ガンダムNT(ナラティブ)」パッケージ版特別上映 画像5
「機動戦士ガンダムNT(ナラティブ)」パッケージ版特別上映 画像6

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

『ラプラスの箱』が開かれて一年後のU.C.0097。ニュータイプの存在とその権利に言及した『宇宙世紀憲章』の存在が明かされるも、世界の枠組みは大きく変化することはなかった。のちに『ラプラス事変』と呼ばれる争乱は、ネオ・ジオン残党軍『袖付き』の瓦解で終結したかに見えた。その最後の戦闘で、2機のフル・サイコフレーム仕様のモビルスーツが人知を超えた力を示す。白き一角獣と黒き獅子、2機の脅威は封印されることで人々の意識から忘れ去られるはずだった……。そんななか、2年前に暴走事故を起こし行方不明となっていたRX-0 ユニコーンガンダム3号機が、地球圏に再びその姿を現す。それは、試験用に先行納入されたフル・サイコフレームの素体をもとに、白い1号機と黒い2号機の建造データを反映して組み上げた金色のユニコーンガンダム、フェネクスであった……。

作品データ

製作年
2018年
製作国
日本
上映時間
89分

[c]キネマ旬報社

まだレビューはありません。
レビューを投稿してみませんか?