盗まれたカラヴァッジョ|MOVIE WALKER PRESS
MENU

盗まれたカラヴァッジョ

2020年1月17日公開,110分
PG12
  • 上映館を探す

動画配信

評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

1969年に起きたカラヴァッジョの名画『キリスト降誕』盗難事件の謎に迫ったサスペンス。事件の映画化を進めていた人気脚本家が、何者かに誘拐され、昏睡状態で発見される。彼のゴーストライターのヴァレリアは、正体を隠して脚本を書き進めるが……。出演は「歓びのトスカーナ」のミカエラ・ラマッツォッティ、「ナポリの隣人」のレナート・カルペンティエリ。監督は「修道士は沈黙する」のロベルト・アンドー。

予告編・関連動画

盗まれたカラヴァッジョ

予告編

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

映画製作会社の秘書ヴァレリアは、人気脚本家アレッサンドロのゴーストライターを務めていた。ある時、“引退した捜査官”を名乗る謎の男ラックが、1969年に世界を震撼させたマフィアによるカラヴァッジョの名画『キリスト降誕』盗難事件を映画化するよう、ヴァレリアに助言する。ヴァレリアがプロットにまとめると、映画会社は“傑作だ”と興奮し、瞬く間に映画化が決定。ところが、アレッサンドロが何者かに誘拐され、昏睡状態で発見される事件が発生。映画の内容を嗅ぎつけたマフィアが動き出したのだ。ラックの情報を元に、“ミスターX”としてシナリオを書き進めるヴァレリア。マフィアがミスターXの正体を探る中、映画の制作は着々と進んでいく。果たしてラックの正体は?そして、半世紀に渡る盗難事件は解決するのか……?

作品データ

原題
Una Storia Senza Nome
映倫区分
PG12
製作年
2018年
製作国
イタリア=フランス
配給
サンリス
上映時間
110分

[c]2018 Bibi Film - Agat Film & Cie [c]キネマ旬報社

まだレビューはありません。
レビューを投稿してみませんか?