アダムズ・アップル|MOVIE WALKER PRESS
MENU

アダムズ・アップル

2019年10月19日公開,94分
PG12
  • 上映館を探す

「真夜中のゆりかご」脚本のアナス・トマス・イェンセンが「偽りなき者」のマッツ・ミケルセンとタッグを組んだ人間ドラマ。仮釈放されたアダムは更生のために田舎の教会へ送られる。ところが指導役の聖職者イヴァンをはじめ、この教会はどこかおかしかった。出演は、「チャーリー・モルデカイ 華麗なる名画の秘密」のウルリッヒ・トムセン、「愛さえあれば」のパプリカ・スティーン。

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

仮釈放されたスキンヘッド男のアダム(ウルリッヒ・トムセン)は、更生プログラムの一環で田舎の教会へ送られ、指導役の聖職者イヴァン(マッツ・ミケルセン)に快く迎え入れられる。しかし、ガチガチのネオナチ思想に染まったアダムは、神も人の情けも信じていない。イヴァンがアダムにここで取り組むべき目標を問うと、教会の庭のリンゴでアップルケーキを作るとその場しのぎで返答する。ここに住みついた2人の前科者、パキスタン移民のカリドとメタボ男のグナー、そして実は悲惨な人生を歩んできたイヴァンもどこかおかしい。アダムはイヴァンの自己欺瞞を暴こうとするが、アダムのアップルケーキ作りを妨害するかのように災いが次々と教会に降りかかる……。

作品データ

原題
ADAMS ÆBLER
映倫区分
PG12
製作年
2005年
製作国
デンマーク=ドイツ
配給
アダムズ・アップル LLP
上映時間
94分

[c]2005 M&M Adams Apples APS. [c]キネマ旬報社

映画レビュー

3.5
  • Ken

    5
    2019/11/13

    映画「アダムズ・アップル」のオープニングシーンが好きです。のどかな田舎のローリングヒルズ、借出所のアダムがバスから降りナイフを取り出し、走り去るバスに車体に傷をつける。そこに聖職者のマッツが迎えに現れる。この数カットでストーリーの背景を決めてくれるこの快感。
    この作品は、誰にも共通した普遍的なテーマ、永遠の不条理を笑い飛ばす珍妙なセリフと会話がおりなす特異な作品なのですが、少々残酷描写もあるので、誰にでもお勧めはできませんが、映画好きの人には是非この北欧のダークテイストを楽しんでみてほしいです。なぜなら、すべてのシーンの見せ方が旨いし、全員が難しい役をほんとリアルに演じ切っている。これは、監督アナス・トマス・イェンセンと役者たちがうまく噛み合っていて、特にマッツ・ミケルセンの“怪演”は彼の出演してる作品の中でも最高だと思います。何が起きても不思議はない予測を裏切るクライマックスも見ものです。この作品は2005年の作品でありながら、今に通じる力強い皮肉がこもった傑作だと思います。いまのところ私の生涯トップ10入り作品になりました。

    続きを読む + 閉じる -
    違反報告
  • seapoint

    2
    2019/11/11

    北欧のシュールさは時に解せない。観客の中にいたおじさんは声を上げて笑っていたが…どうやらツボにはまる人ははまるらしい。

    シュールの根源は彼らの心の闇にありけり。問題を抱えている彼らだがそれなりに波長が揃っているというか。タカが外れたら危険人物極まりない!
    アダムズアップルってのどぼどけのことだが、それに掛ける何かかと怪しんだが、ありゃ、本当にアダムのアップル(ケーキ)だった。
    彼が心の平和が訪れたとしてネオナチのつるつるスキンヘッドからふんわりとした髪型になったが、うーむ、似合わん。
    M.マケルセンもなんだか怖いよ。これが狙いなんでしょうが。感想は正直何も残らない…

    続きを読む + 閉じる -
    違反報告
  • 4
    2019/10/23

    「教会の庭のリンゴでアップルケーキを作る」と言う単純な目標なんだけど、降りかかる厄災が中々デンジャラス。
    最初は獣害だけど、見せ方が不気味だし、繰り返す事で不気味さが加速する。
    生い立ちや犯罪歴も子どもの扱いも中々ブラックなんだけど、そう見せない。凄いブラックユーモア。

    もう、聖職者イヴァンの存在が異端だし。
    大体において、尖って人に他者に突っかかる虚栄でしか自己表現できない小者は、自分の杓子で測れない他者を受け入れられないし、全否定して自分の杓子に合わせようとする。笑止。
    彼らが一番苦手なのがイヴァンのように、自分とは相容れない価値観を持った人間なんじゃないだろうか。
    ぶつける非難が通用しないんだから。
    悪魔か神かは知らないけれど、そもそもそこは紙一重だし。打たれても打たれても、死にかけでもケロッとしている。不気味さは、ゾンビのそれだよね。
    同情なのか、恐れなのか、愛着なのか、巻かれたのか。それとも、超常の力を信じるしかなかったのか。随分常識派に変わったもんだ。
    まぁ、弱いから吠えるんだろうし。他の前科者たちの方が静かによっぽどヤバいしね。
    大人しくしている藪をつついて起こしちゃいけないんだよね。

    続きを読む + 閉じる -
    違反報告