人形の家(1918):映画作品情報・あらすじ・評価|MOVIE WALKER PRESS 映画
MENU
人形の家(1918)
人形の家(1918)

人形の家(1918)

1918年公開,0分
  • 上映館を探す
評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

北欧の近代劇大家ヘンリック・イプセン氏の原作なる本劇は甞てドロシー・フィリップス嬢がノラに扮したジウエル映画が紹介された事がある。これはモーリス・トゥールヌール氏が監督し、エルシー・ファーガスン嬢を主役として作られたもので、ユ社とラスキー社との代表的文芸映画として比較対照して見るのも面白かろう。

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

ソルヴァルド・ヘルマーの妻ノラは夫の地位が進めばそれに伴って世間の信用も加わる事故月給の前借りをしても良いくらいの考えを持った女であった。それがため家計を取ることは巧みでなく、夫の病気を治すための転地費用を夫に秘密で借り受けたことが後日発覚した。その上ならずノラの友人を奉職させようとて諸悪のある男をヘルマーが支配人を勤めている銀行から首にしたため一波瀾起こし、夫は妻を信用せず、妻はこれを自覚しなかった今日までの生活状態に心づき、子供を夫の家に残したまま己も一個の人間となろうとて夫の家を去った。

作品データ

原題
A Doll's House
製作年
1918年
製作国
アメリカ
配給
日活
上映時間
0分
製作会社
アートクラフト映画

[c]キネマ旬報社

映画レビュー

- /0件

まだレビューはありません。
レビューを投稿してみませんか?