縁側ラヴァーズ|MOVIE WALKER PRESS
MENU

縁側ラヴァーズ

2020年7月17日公開,77分
  • 上映館を探す

評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

古き良き日本家屋にある縁側に集う男たちが繰り広げる人情コメディ。塾講師の佐々木は、古い友人で元システムエンジニアの多井と同居中。2人は隣人の藤原たちと昼間から酒を飲み、それなりに楽しく過ごしていたが、ある日、多井が東京に戻って再就職をするという。出演は「天使のいる図書館」の松田岳、名バイプレイヤーとして活躍する温水洋一。監督は「心魔師」の今野恭成。

フォトギャラリー

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

海の近く、縁側のある古い日本家屋の一軒家。塾講師の佐々木諒(松田岳)は、過労で倒れた元システムエンジニアの旧友・多井幸雄(三山凌輝)と同居中。離れには、いい加減な性格の大家・岡野(岡野陽一)と、しっかり者の小学生の娘・美衣子(咲希)が暮らしている。美衣子から冷ややかに見られながらも佐々木と多井は、隣人の藤原道夫(温水洋一)とその恋人・島田と共に昼間から酒を飲んだりして、それなりに楽しく過ごしていた。そんななか、新たなスマートデバイスの開発に胸を躍らせる多井だったが、製品化もされず2年が経ち、多井は東京に戻って再就職することを決めるのだった。生き急ぐ多井と、静かに暮らしたい佐々木。2人の仲は次第に険悪となり、縁側と台所で別々に食事をとり始め、やがてお互いに引っ越すことを決意する……。多井が採用試験を控えたある日、東京から友人の白鳥祐一(笹翼)が、アパレル会社から逃げ出してきたと言って転がり込んでくる。その後、白鳥を追って上司の滝沢太郎(秋葉友佑)もやって来る。それを見た美衣子は、引っ越しを辞めさせるため、多井の就職を阻止するように白鳥と滝沢に依頼するが……。

作品データ

製作年
2020年
製作国
日本
配給
ユナイテッドエンタテインメント
上映時間
77分

[c]2019「縁側ラヴァーズ」製作委員会 [c]キネマ旬報社

まだレビューはありません。
レビューを投稿してみませんか?