LORO(ローロ) 欲望のイタリア|MOVIE WALKER PRESS
MENU

LORO(ローロ) 欲望のイタリア

2019年11月15日公開,157分
R15+
  • 上映館を探す

動画配信

評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

スキャンダルにまみれたイタリアの元首相シルヴィオ・ベルルスコーニをモデルに、「グランドフィナーレ」のパオロ・ソレンティーノ監督がメガホンを取った人間ドラマ。政敵に敗れ失脚したベルルスコーニは、怪物的な手腕で政権への返り咲きを虎視眈々と狙う。欲望を満たすためなら手段を選ばないベルルスコーニを「イル・ディーヴォ -魔王と呼ばれた男-」「グレート・ビューティー/追憶のローマ」などでソレンティーノ監督と組んできたトニ・セルヴィッロが演じる。また、ベルルスコーニの妻ヴェロニカに扮したエレナ・ソフィア・リッチは2019年ダヴィッド・ディ・ドナテッロ賞、2018年ナストロ・ダルジェント賞の最優秀女優賞に輝いた。第31回東京国際映画祭ワールド・フォーカス部門上映作品(映画祭タイトル「彼ら」)。

予告編・関連動画

LORO(ローロ) 欲望のイタリア

予告編

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

政治と金、マフィアとの癒着や職権乱用、女性問題に失言など、数々のスキャンダルで世間を騒がせたイタリアの元首相シルヴィオ・ベルルスコーニ(トニ・セルヴィッロ)は、政敵に敗れ失脚したものの、怪物的な手腕で政権への返り咲きを狙っている。そんな彼を政界進出の足掛かりにしようと、青年実業家のセルジョ(リッカルド・スカマルチョ)はベルルスコーニへの接近を画策。セクシーな美女を招いて贅の限りを尽くしたパーティで英気を養い、持ち前のセールストークで足場を固めていくベルルスコーニ。しかし政治家生命を揺るがす大スキャンダルが巻き起こる。

作品データ

原題
LORO
映倫区分
R15+
製作年
2018年
製作国
イタリア
配給
トランスフォーマー
上映時間
157分

[c]2018 INDIGO FILM PATHE FILMS FRANCE 2 CINEMA [c]キネマ旬報社

  • rikoriko2255

    seapoint

    3.0
    2019/12/7

    モデルや美女に囲まれると権力と金のある高齢者は時として自分もイケイケの若い男性であるかのような魅力を持っていると錯覚を犯す。

    無理もない。いくらこれがメルヘンの延長上の話でも男は甘い夢を見たいもの。女はそれを踏み合いにして人生を華やかにしたいもの。

    国をどうにかしたいというより起業家よろしく自分の立場やらしか考えていない。映像で出てくる被災者にだって表面的にアピールし、目の前に彼らがいたから対処の行動をしたに過ぎない。
    スキャンダラスまみれでなくてもどっかの国でも民の声より自身の立場、忖度、わかりませんの一点張りの首相もいるよな。

    何でも手に入ると思っているベルルスコーニ。彼にすばり本音を言う女学生に拍手。そりゃそうだべ。

    しかし彼をあまり存じ上げない場合公式サイトを閲覧しておいた方がbetter。トランプやボリスと違って意外やイガイ。勤労学生だったんだなぁ。学はあるがスノッブとは遠い。レールに沿って歩くんではなく、成金と言われるが、これもそれも自身の賜物、これはピッカピカの事実。

    そしてon timeで話題のドラッグが天から降り注ぐ。あはは、ブラボー!

    違反報告
  • rikoriko2255

    3.0
    2019/11/29

    Silvioの顔に張り付いた笑顔が怖い。V for Vendetta の仮面を思い出した。

    どんな人だったのかは、知らないんですけど、典型的な口の上手いイタリア人男性。
    その最たる人。
    群がって来る人もそれは沢山居ただろうな。それに上手く乗って渡って行ったんだろうけど。
    そんな相手に恋をして、その上っ面だけな部分に失望した奥様の恋心が切ない。

    美女が沢山出てきます。それはもうsexyです。男性なら誰もが憧れそう。
    そんな中で目を付けられた純朴な彼女。可愛いです。

    映画女優とTV女優の区別もつかないけど、女優志望・・と言う。
    でも、絶対じゃない・・って言う。
    夢を掴む為に自分を磨き、貪欲に必死に身を捧げる覚悟で居る、グラドルの彼女たちの方がよっぽど健気で純粋だと思う。汚れちゃっていても。
    純朴な彼女の方が、そんな彼女たちを見下し、自分は彼女たちとは違う・・と言うスタンスで、一番毒を持っている物です。

    それをやんわりと見せる手腕と、時々ハッとする美しい映像は見どころでした。
    男たちのみっともなさも目立つけどね。

    続きを読む + 閉じる -
    ネタバレあり
    違反報告
  • rikoriko2255

    コージィ

    2.0
    2019/11/28

    個人的にはつまらなくて眠かった。

    スキャンダル政治家として知られるイタリアの元首相シルビオ・ベルルスコーニをモデルに描いたドラマなんだけど。
    彼が、一度失墜して、再び政権を取り戻す『バイス』的な政治の裏側にある悪事を描いた映画かと思って観に行ったのが間違い。

    シルビオに取り入りたい、周りの連中の描写が延々と。
    特に、前半は青年実業家で、賄賂とドラッグと女で成り上がるセルジョの話だったため、ずっと合成麻薬MDMA漬けの男女混合集団乱交パーティシーンがほとんど。
    ずっと女の裸、おっぱいだらけ。
    これだけ金や女に人脈と、手を尽くしても、「シルビオには近づけない」という表現なのだろうけれども。

    後半は、シルビオのマフィアとの繋がりや、上院議員を寝返らせるための賄賂など、期待した内容の表現も少しあったものの、浮気して若い女を囲ったのがばれて怒る奥さんへ、愛の歌を叫ぶシーンばかり。
    政治家らしい動きは、地震被災した地域を視察して、国が住宅を補償する約束を実行したところくらいか。

    こういう作りがイタリアでは受けるのかな?

    違反報告