ホームステイ ボクと僕の100日間|MOVIE WALKER PRESS
MENU

ホームステイ ボクと僕の100日間

2019年10月5日公開,136分
  • 上映館を探す

評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

森絵都の小説『カラフル』をバンコクに舞台に映画化。死んだはずの“ボク”の魂が自殺した高校生ミンの肉体に宿ることに。100日間でミンの自殺の原因を見つけないと、“ボク”の魂は永遠に消えると告げられ、“ボク”は新生“ミン”として再び生き始める。出演は、「バッド・ジーニアス」のティーラドン・スパパンピンヨー、BNK48のチャープラン・アーリークン。監督・脚本は、「心霊写真」のパークプム・ウォンプム。

予告編・関連動画

ホームステイ ボクと僕の100日間

予告編

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

「当選しました」という声で、死んだはずの“ボク”の魂は、自殺した高校生ミン(ティーラドン・スパパンピンヨー)の肉体に“ホームステイ”することになる。だが、100日間でミンが自殺した原因を見つけ出さないと、“ボク”の魂は永遠に消えると告げられ、手にタイムリミットを告げる砂時計が残される。新生“ミン”としてもう一度人生をスタートさせた“ボク”は、初めて訪れた街で見知らぬ家族や同級生に囲まれ、違和感だらけの学校生活を送り始める。誰にも気づかれないように謎解きを始めるうちに、秀才の美少女パイ(チャープラン・アーリークン)と出会い、瞬く間に恋に落ちる。しかし、楽しい日々も束の間、1台のパソコンの存在を知り、ミンを苦しめた残酷な現実と対峙することに……。

作品データ

原題
HOMESTAY
映倫区分
G
製作年
2018年
製作国
タイ
配給
ツイン
上映時間
136分

[c]2018 GDH 559 CO.,LTD.ALL RIGHTS RESERVED [c]キネマ旬報社

動画配信

映画レビュー

3.0
  • rikoriko2255

    seapoint

    3.0
    2019/10/12

    「バッド・ジーニアス」の余波である。これを観ていなかったらこの作品を劇場で観なかったであろう、改めて映画はいろんな枝分かれになっていく。しかもタイ映画なんて大穴である。 日本の小説をベースかぁ。他人の体を使って第2の人生という割には随分生活に馴染むのが速く、絵もさらさらと描いていたと思ったがはーん、そういうことが。最後に納得。 野暮ったいミンがヘアスタイルを変えるだけであら、軟派になったね。本来の目的は終盤に追い込まれるが、そこまでは全面、青春である。皆、スレていない。欲を言えば、castに男友達が欲しかったな。女友達しか映っていないので、ガーリー的というか、彼自身も優男だからね。 タイの一般的家庭や住まいも日本とさほど差異がないと発見。しかしファンタジーとはいえ、学園ものではるが、現在上映されている邦画のそれとは格段に丁寧に作られ、この手のジャンルは日本は下位と強く思う。 ここで使われている「ホームステイ」の意味、好きだ。人の一生とはいえ、体にホームステイしているだけなのだから、くよくよ生きずにgo my wayで生きられたらどんなに良いか!

    続きを読む + 閉じる -
    違反報告