ドクター・スリープ|MOVIE WALKER PRESS
MENU

ドクター・スリープ

2019年11月29日公開,152分
PG12
  • 上映館を探す

”モダンホラーの帝王”と称されるスティーブン・キングの小説を映画化した傑作ホラー『シャイニング』の、40年後を描く続編。雪山の呪われたホテルで起きた惨劇を生き延び、大人へと成長した主人公が直面する新たな恐怖を描く。主演を『プーと大人になった僕』などのユアン・マクレガーが、監督・脚本を『オキュラス 怨霊鏡』のマイク・フラナガンが務める。

“呪われたホテル”の謎に迫る『ドクター・スリープ』特集【PR】

『IT/イット』のスティーヴン・キングが次に仕掛ける“最大の謎”。『シャイニング』を超える衝撃の結末が待つ本作の謎を、多彩な記事で読み解け!

予告編・関連動画

ドクター・スリープ

予告編

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

未来を予知したり、頭の中で会話したりすることができる特別な力“シャイニング”を持つダニーは、40年前、狂気に駆られた父親に殺されかけたことで、大人になったいまもトラウマを抱えて生きていた。そんなある日、ダニーの周囲で不可解な連続児童失踪事件が発生し、彼の前に不思議な力によって事件を目撃したという謎の少女が現れる。ダニーは事件の真相に迫るべく、少女と共にかつて惨劇が起きたホテルへと向かう。

作品データ

原題
DOCTOR SLEEP
映倫区分
PG12
製作年
2019年
製作国
アメリカ
配給
ワーナー・ブラザース映画
上映時間
152分

[c]2019 Warner Bros. Ent. All Right Reserved [c]キネマ旬報社

動画配信

関連記事

映画レビュー

3.7
  • rikoriko2255

    門倉カド(映画コーディネーター)

    3.0
    2020/4/10

    【賛否両論チェック】 賛:惨劇の記憶と自身の能力を背負ってきた主人公が、同じ境遇の少女を助けるため、再び恐怖に挑んでいく姿が、雄々しくも切ない。 否:グロシーンや急に驚かせる演出が多いので、苦手な人には向かない。前作の知識も必須なほか、上映時間も長め。  特段前作の説明はしてくれないので、やはり予備知識は必要不可欠です。  幼い頃の惨劇を生き延び、その記憶と能力を持つが故に今も苦しんでいた主人公・ダニー。そんな彼が同じ力を持つ少女・アブラと出逢い、彼女を狙う邪悪な亡者達の存在を知って、今一度勇気を振り絞って立ち上がろうとする姿は、どこか切なくもあり勇ましくも感じられるようです。  ただ老婆の全裸のシーンがあったり、幼い子供が亡者に惨殺される描写があったり、急に驚かせる演出が多かったりと、苦手な人にはとことん向かない映画であることも間違いなさそうです。上映時間も結構長めではありますが、「シャイニング」のファンは言うに及ばず、ホラー映画が好きな方にはオススメの作品です。

    続きを読む + 閉じる -
    違反報告
  • rikoriko2255

    tom

    4.0
    2019/12/8

    「シャイニング」の40年後を描く続編です。 大人になったダニーがある事件を解決していくことで 自らのトラウマからも解放されようとします。 同じ力「シャイニング」を持つ少女アブラの力強さと 気持ちの強さは感心します。 ダニーの気持ちをも奮い立たせるアブラ。 少女ながらに頼もしいじゃないですか。 あのホテルはいつ登場するのかとワクワク、ドキドキ。 あのシーンのオマージュもあって懐かしさも満点。 ただ、ユアン・マクレガーがシャイニングを使うと オビ=ワンがフォースを使ってるように見えちゃうよな。。。

    続きを読む + 閉じる -
    違反報告
  • rikoriko2255

    3.9
    2019/12/5

    面白かった。ツッコミどころはあるけど、難解ではなく、まとまっていた。

    続きを読む + 閉じる -
    違反報告
  • rikoriko2255

    杉ちゃん

    3.0
    2019/12/1

     知る人ぞ知るスタンリー・キューブリック監督作の傑作「シャイニング」の続編的作品。  どうして「的」を付けたかというと、原作者のスティーヴン・キングは、キューブリック監督の映画は、原作と大きく違う(キューブリックの脚色)が気に入らないと公開当時大騒ぎしたのは有名な話で、その後、どうしても納得いかないと自分が監督してテレビドラマを作っています。それでも今作は、原作もちゃんとキングが書いていますが、映像的にキューブリックの映画をかなり意識していたからです。  見方でかなり感想は分かれると思いますが、キューブリックの「シャイニング」ファンには、残念な作品と感じる方が多いのでは・・・  2時間32分の上映時間中、2時間は在り来たりなB級映画調で盛り上がらず、ホテルが舞台となるラスト30分が何とか見れますが、前作の雰囲気は正直ぶち壊されます。  主演のユアン・マクレガーも頑張ってはいましたが、「スター・ウォーズ」や「プーと大人になった僕」など最近のイメージが強いため、今回の閉ざした心の持つダニー役はミスキャストだったのでは・・・  まあ、鑑賞後にこのように色々と不満が出てきますが、鑑賞中はそれなりに飽きずに観られたので良しとします・・・  

    続きを読む + 閉じる -
    違反報告