熱血漢ウルフ:映画作品情報・あらすじ・評価|MOVIE WALKER PRESS 映画
MENU
熱血漢ウルフ
熱血漢ウルフ

熱血漢ウルフ

1924年公開,0分
  • 上映館を探す
評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

かつて公開されて「ローンウルフ」「仮面の人(1919)」「ローンウルフの娘」等と同じくルイス・ジョセフ・ヴァンス氏作のローンウルフ譚の一篇を映画化したもので「モヒカン族の娘」を監督したS・E・V・テイラー氏が脚色監督したもの、ローンウルフには「北緯36度」「曠原に立ちて」等出演のジャック・ホルト氏が扮し「濃霧を衝いて」等主演のドロシー・ダルトン嬢が久々に顔を見せ、タイロン・パワー氏、ルシー・フォックス嬢、シャーロット・ウォーカー嬢、ウィルトン・ラッケイ氏等が助演している。

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

米国で発明された飛行器破壊線放射器は軍機の秘密中の秘密として特に設計図を撮影しその種版のみを保管していたが何者にか窃取されて色を失う。欧州の悪漢団「狼団」は早くもエクストロムという男の仕業と嗅ぎ付け忽略奪する。ところが米国の怪賊ローンウルフは更に「狼団」の手から奪取する。改心の途にある彼は「狼団」の女賊ルーシーと想思の仲となり相共に種板を守護して駐仏米国大使の手に渡し飛行器で英国に逃れた。好美人ルーシーは米国秘密探偵なることが判明しローンウルフは改心を誓って彼女と幸福な生涯を共にする。

作品データ

原題
The Lone Wolf
製作年
1924年
製作国
アメリカ
配給
日活
上映時間
0分
製作会社
アソシエィテッド・エキジビタース映画

[c]キネマ旬報社

映画レビュー

- /0件

まだレビューはありません。
レビューを投稿してみませんか?